休日

それまで飛行機に乗ってもマイルをためようなんて発想はまったくなかったのに、昨年ニューヨークに行ったのをきっかけにふと思い立って、JALカードを作ってみた。それで先月だかにそのサイトを見ていたらとある応募がされていて、その日は休みだしもし当選したら行けるな、と気がついて何の気なしに応募してみたら当ったので、おととい、それに行ってきました。

d0000025_17193355.jpg10月から導入されるという、成田エクスプレスの新型車両の試乗会でした。品川に集合して新型車両に乗って40分、大船まで連れて行かれて下ろされて、係員に誘導されて改札の外まで連れ出される。帰りの電車賃を払ってもらう必要があるからだろう。しかし携帯ストラップ(使わないけど)とか1000円分の商品券とかがもらえたので得した。シートピッチは広くてゆったりしている。車内でWiMAXの無線LANも使えるらしいです。

大船駅では、誘導されていかれる我々を、一般の乗客が何事かという目で見ていた。おばちゃんたちの、驚いていることを隠そうともしない様子が心地よかった。改札を出る際、JRのひとに「実際の運行が始まったらまた乗ってくださいね」と声をかけられたが、申し訳ない、成田空港まではいつも京成線の特急(スカイライナーでない、普通運賃で乗れるやつ)を使うもんで。あいすません。

d0000025_1720397.jpg大船といえば、ほかになにがあるのか知らないが、なにはともあれこれを見てみたかった。小学校の修学旅行のバスの車窓からちらっと頭だけが見えた、大船観音。あれから四半世紀たって、ようやく実物を訪れた。階段を上っていくとなつかしや、頭のほうからだんだんと見えてくる。ただし去年だか今年だかに森崎東の「街の灯」で御姿を拝見していたせいか、驚きはなかった。驚いたのは、階段をのぼりきったとき。観音様は胸から下が存在しなかった。


d0000025_17202130.jpg駅に戻り、湘南モノレールに乗る。中学生のころから、時刻表についているデフォルメされた路線図でだけ知っていた線。懸垂式のモノレールにはどこかで乗ったことがあったかな。プラットフォームに立って、ふだん線路がある場所を見ると、そこにはなにもない。走り出すと、高架の鉄道とはまた違った開放感がある。パンツをはかないで眠ったらこんな感じかも。西鎌倉で途中下車して、去っていくのを見送る。ヴェンダースの「都会のアリス」を否が応でも思い出してしまう。


d0000025_17204046.jpg駅のすぐ脇の道をずんずんと南へ下る。道端の竹林がゆっくりと揺れている。そうだ、竹が揺れるのはこういう感じだった。医者の前のガラス・ケースに飾ってあったフェルメールの模写。


d0000025_17211017.jpgさらに行くと、「からだととのへ處 安心院」。うなされそうな字体……。 


d0000025_1721276.jpgコンヴィニでパンとおにぎりを買い、腰越の海岸、解体中の海の家で食べる。江ノ島が見えた。雨が降ってきたのですばやく引き上げ、江ノ電で鎌倉に出て、湘南新宿ラインで爆睡しているうちに新宿に着いた。ラピュタ阿佐ヶ谷で加藤泰「真田風雲録」を見て休日の〆。昔、中野武蔵野ホールで見たとき、まったく面白さが分からなかった。そんな自分をどついてやりたいが、なんか気持ちが分かるようでもある。そんな映画。
[PR]
by soundofmusic | 2009-09-10 17:25 | 日記 | Comments(0)


<< 2009年のあなたの生活その他... 突然文学 >>