ビックカメラにイヤフォンを買いに来ていた中学生ども

d0000025_0423668.jpgPPFNP、今週の土曜日に迫ってまいりました。みなさまこぞって遊びに来てください。詳細はこちら。ゲストの宇内さん、胡麻さん、チバさん、みんなすばらしい選曲をしてくれそうですよ。

オマケのCDをいま焼き増し中なんですが、うまく焼けているのか焼けていないのかどうもよく分からない。以前間違ってデータCDとして焼いてしまったことがあって、だもんでなるべく、CDラジカセに入れて読めるかどうか確認しているんだけど、今回は焼いたものを何枚か試してみると、どうも読み込めないものの方が多い。同じように焼き増ししていてなんでうまくいったりいかなかったりするのか、謎。たまーに焼きこみエラーが出ることは、前からあったんだけど。もし土曜日にもらったものがオーディオ装置で聴けない場合は、PCで聴いてください。

って、いよいよ物体として配る意味がなくなってきたってことかなあ。2か月に1回、期間を決めて新作のコンピをダウンロードできるようにするとかのほうが手間が省けるのかも、お互い。

---

外出先で音楽を聴くときは携帯電話に取り込んだデータで聴いていまして、そのイヤフォンが壊れて買いに行ったというのが本日の話。いままで使っていた、携帯にもともとついていたイヤフォンがたぶん断線して片方からしか音が出なくなったので、とりあえず100円ショップで売っているやつで急場をしのごうとしたら、いかに音質気にしないとはいえいくらなんでもそりゃないだろ、というくらいのしょぼ音だったので、連休中の池袋のビックカメラに買いに行ったらさすがの大混雑。

まーほんとにピンからキリまで、という感じで各種並んでて、選びようがないので値段で選びました。1380円。もうちょっと出すべきかとも思ったけど、もともと携帯に取り込むときレートを下げているし、こんなもんで充分でしょう。しかしY字型とかいう、首の後ろに回さないタイプのを買ってしまったので、いっしゅん外したりするときに首に引っかけられず、ちょっとだけやり場に困る。みなさんどうしてんのかな、あれ。

で、中学生が3人くらいで買いに来てて、いろいろなイヤフォンを試着(?)していたのだが、そのうちのひとりが、「イヤフォンによって全然音質が変わるんだよ!」と力説していた。言ってることはまったく正しいので、笑っちゃ失礼だとは思いながらも、思わず笑いそうになってしまった。

「で、ボウズ、そのたいそうなイヤフォンで、いったいどんな音楽を聴こうっていうんだい?」などと話しかけたりは、もちろんしないわけだけど。歳くってきて、だんだん図々しくなってきている自覚はあるものの、さすがに知らないひとに気軽に話しかける域には達していない。それができたなら、また自分の知らないおもしろいことといろいろ出会えるんだろうけども。

---

山口瞳「江分利満氏大いに怒る」(集英社文庫)を読み始めた。夏に泊りがけで出かけた際、古本屋で買ったもの。ひさしぶりに山口瞳読んだけど、やっぱおもしろいな。読むものなくなったら山口瞳だけ読んでりゃいいんじゃないかと、そんな気すらしてきた。

---

写真はシネパトスのトイレ。用を足すと、目の前にこれが貼ってある。ただしその足でポップコーンを買いに行くと「いかにも」だから、宣伝効果は案外薄いんではないか。シネパトスは3スクリーンのうちひとつが名画座宣言したけど、そう長く続くはずもないので、せいぜいマメに通いたいと思う。
[PR]
by soundofmusic | 2009-09-24 00:42 | 日記 | Comments(0)


<< リスト Volume 74 2... ディスクユニオンのサイトで中古... >>