『Kamaal the Abstract』が中古で安くなるのが待ちきれずに『Abstract Innovations』を買ってみた

土曜日はPPFNPでした。みなさんありがとうございました。ゲストDJのひとりが宇内さんであるため、セットリストが完全版になることは期待薄なのですが、ある程度出揃った時点で公開します。お待ちください。

次回開催は11月28日(土)です。こちらについても、ゲストなど決まったら告知します。

今週末はこちらです。今月はお客様が少なくてうらぶれた感じになっちゃってました。次は多少なりともにぎやかになるといいなあと思っています。いい曲いっぱい取り揃えて、お待ちしております。

*黒の試走車<テストカー> Vol.32*
日時:2009年10月03日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート
地図
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:az/SZ/チバ/マジック(欠席かも)/森山兄
ゲストDJ:有馬ゆえ
mixiのコミュニティ(今までかかった曲などもわかる)

---

さて、近況といえば、引き続きユニオンのオンラインの在庫検索で欲しいものがないか検索して回る地味な日々なんですが、ちょうど下北沢に行く用事があったので、Qティップの『アブストラクト・イノヴェイションズ』を取り置きしてもらって、買いました。

Qちゃん(←テイ・トウワ風の呼び方)は、オクラ入りしていた『カマール・ジ・アブストラクト』が最近正規リリースされまして、それを試聴したりしながら早く安くなんないかなーと念を送っているところなのですが、そうこうしているうちに、そういやこれもあったな、と思い出して買ってみた次第。この『アブストラクト~』、ジャケなどもしょぼいし、半オフィシャルみたいな扱いなんでしょうか、よく分かりません。ぱっと聴いた感じだと、かなりぶっ飛んでて、去年出た正規アルバム『ザ・ルネッサンス』はやっぱり物足りなかったなあとあらためて思いました。

下北沢は駅のそばのジャズ喫茶、マサコも閉店しちゃったし(1回しか行ったことなかったけど)、ユニオンの前ではセイヴ・ザ・下北沢Tシャツの缶詰が自販機で売られているし、まあこれからどうなっちゃうのか、という感じではあるのですが、とくに思い入れがある街というわけでもなく、そもそも、どこそこが好きな街であるとかそういうことを考えたり口にしたりしないことに思い入れがあるので、だから下北についてもとくになにも言わないつもりでいるのだけど、ひとつだけ言わせてほしい。そのセイヴ・ザ・下北沢Tシャツというのは、下北沢が好きなミュージシャンなんかがデザインしたものでいろんな種類がありまして、そのなかには、あのヴィム・ヴェンダースのものもある。ヴェンダース、下北なんて絶対来たことないだろ! いや、池袋の新文芸坐には来たことあるし、断定するのはマズいか。もしかしたら下北にも行ったことがあって、「いや~、ミュンヒェンのシュヴァービンクを思い出すね~」かなんか、言ったりしてたのかもしれない(適当)。

---

「江分利満氏大いに怒る」を読み終えて、引き続き山口瞳祭り続行中。「月曜日の朝・金曜日の夜」に移った。これを読み終わったら次はたぶん、早めに読んでおく必要がある映画の本に取り掛かることになる。それが済んだときのために、ブックオフにでも行って山口瞳をいくつか仕入れておこう。
[PR]
by soundofmusic | 2009-09-30 01:14 | 日記 | Comments(0)


<< 省エネスパイ リスト Volume 74 2... >>