吝嗇男子

このあいだ、口の中が口内炎だったとき、あまりかたいものじゃない、やわらかいものがほしいなとおもい、ファミリーマートで、まえもってどこかで評判を聞いていた、とろける口どけクリーミーたまごプリンを買ってみたところ、これが120円とは思えないおいしさで、こんなに安くておいしいものが存在しているコンヴィニのスイーツ棚をなんでいままでスルーしていたのだろうか、と自分の愚かさをかみしめながら棚を眺めなおしてみると、やはりほかの高級(っぽい)スイーツは198円~、という感じでした。

そういえば、と紅茶をマドレーヌにひたしたみたいに思い出したのが、吉祥寺駅で電車を待っていると、目の前にケーキ食べ放題、みたいな看板が見えたときのこと。食べ放題なんて、値段ほどには満足できないものだろうからあまり興味もないけれど、甘いものをおなかいっぱい食べることを一度くらいしてみてもいい。

それで、たぶん近所にも1か所くらいあるはず、と「池袋 ケーキ 食べ放題」で検索してみたら、東口すぐの高村ビルというビルにあることが分かった。なんか聞いたことのある名前だ、もしや、と場所を確認してみると、わたしの行きつけのディスクユニオン池袋店の入っているビルだった。物欲と食欲が同時に満たせるのだから、ビルとしてはかなり出来がいい。

とはいえ、すぐに行くわけもなく、ホームページなど見ていると、飲み物や軽食もあるとはいえ、1480円に相当する分を1時間かそこらの制限時間内に食べるのは難しそうだ。それならば新宿駅西口でJRから丸の内線に乗り換えるときの通り道にある100円だか200円だかのケーキを4つか5つ買って食べればそれでおなかいっぱいになるし、そっちのほうが安上がりだ、と思ってしまうわたしは、スイーツ男子というよりはやはり吝嗇男子なんだろうな。そいでもって、吝嗇っていう字って、ちょっと薔薇に似てる。
[PR]
by soundofmusic | 2009-10-20 07:00 | 日記 | Comments(0)


<< 世界一の映画 参詣 >>