ボーナス

金曜日、下北沢440で轟渚さんのライヴを見てきました。なんだかんだで機会を逃して、たぶんちょうど1年ぶりくらい。3組出たうちの最後だったもんで、前のふたつが目当てだった客が若干(だいぶ?)帰り、割合すかすかとした中で見ることになりましたが、いやあ、こんなことが平然と、たいして誰にも注目されずにおこなわれてていいのか、と思ってしまうような、いつもの轟さんのライヴでした。

アルバムの曲、前からあるけどアルバムには入っていない曲、とやって、新曲(いつごろからやっているのかはわからない)が3曲ありました。なかでも、「少年」という曲の、タイトなリズムと自在に駆け回るフルートにはしびれてしまった。全盛期のキャラメルママ(そんなもん、もちろん見たことないけど)とかあのへんの、日本語のポップスの完成形のひとつに近い域に達してしまっているんではないか、とドキドキしました。この曲についてはうたそっちのけで音ばかり聴いていたけど、轟渚のことは単にシンガー・ソングライターというよりも、バンドのディレクション含めて聴くもんだと思っているから、それでも別にいいですよね。

見る前は、もう驚かせてくれることはあまりないのではないか、とちらっと思ってもいたのですが、それは思い違いでした。次回ライヴは、寺尾紗穂、NEWDAYとの対バンで、8月28日(土)、渋谷7th FLOORだそうです。みなさまチェックよろしく。

---

ライヴの前にひさしぶりに下北のユニオンに行ったら、中古品10000円以上買うと20%引き、というのをやっていて、以前ならいざ知らず、さすがにそれだけ買う気にはならないだろう、と思いながら、値札の価格ではちょっと買わないけど20%引きだったら、ま、買ってもいいかな、と思えるような、(自分にとっての)高価格帯の品々をつまんでいったら、なんのことはない、あっけなく突破してしまった。

わたしは現在、ボーナスというもののない賃金体系で働いているのですが(というか、いわゆるボーナスって一度ももらったことない!)、数か月前にやったバイトのお金が入ってきたからというのもある。で、その金で、パソコン用の27インチのモニターも買ってやったぜ。これでDVD視聴も少しは楽しくなる予定だし、来年、TVが映らなくなったら、テューナーだけ買ってそのモニターにつないで見られるようにしてもいい予定(ただし、そういうことができるのかどうか、いまだによくわかっていない)。
[PR]
by soundofmusic | 2010-07-11 01:48 | 日記 | Comments(0)


<< けいもう! サーヴィス >>