Sewell問題

d0000025_1583995.jpgとくにシリーズ化したつもりもないまま、いままでに何度かニュージャージー州のSewellという町の名前の発音について突発的に触れてきていますが(ここここここ)、もういい加減いいかな、とすら思いもせずにすっかり忘れていたにっくきこのつづりに、また出会ってしまいました。

それが何かというと、カサンドラ・ウィルソンの新譜『シルヴァー・ポニー』が届いていま聴いてたら、ギタリストがMarvin Sewellというひとだった! 以前から一緒にやっていたのかもしれませんが、とくに気にしたことがなかったので気付かなかった。ちょっと調べてみると、日本語だとスーウェル、スウェル、セウェル、シーウェルの表記あり。英語だと、ほかのSewellさんについてですが、SooWillと発音する、と書いてあるところがある。

ふと、来日公演に行けばメンバー紹介するだろうから直接耳で確認できるな、と思ったけど、今年の6月に来日してしまっていたから次はまたしばらくしないとないだろう。と思ったら、『シルヴァー・ポニー』はライヴ・アルバムのようでもあるのですが、ある曲の最後でカサンドラが「マーヴィン・スーウェル」って言ってた! 解決した。よかった。

---

早くも今週末の13日(土)、今年最後のPPFNPです。ゲストは森山弟の高校の同級生の五十嵐くんと、年に1回くらい出てもらっているうないさん。

毎月の「黒の試走車」が、10月は不測の事態で中止、11月はわたしが欠席、となったため、DJするの前回のPPFNP以来になります。とにかくちょこちょこ買ってしまうCDがたまってしまって仕方ないので、そのへんから厳選していい曲をお届けします。どうぞお楽しみに。こぞってお越しください。

詳細はこちらにあります。
[PR]
by soundofmusic | 2010-11-10 02:00 | 日記 | Comments(0)


<< リスト Volume 81 2... 存在のありかた >>