大恐慌時代

d0000025_17535573.jpgふたつ前の日記で、英国の超新星シンガー・ソングライター、ルーマー(Rumer)のことを書きましたが、あそこに書き漏れたことが2点あって、ひとつは彼女のディクションのすっきりとした美しさ。もうひとつはある曲の曲中で、ステューディオの椅子のきしむ音(たぶん)が、おそらくは意図的に収められていること。それにしてもいいアルバムです。

しかしまあ最近はあまりディスクユニオンに行く時間もなく、数日前にはタワレコで、EMIの999円シリーズを10枚くらいまとめ買いしたはいいものの、いまだに開封すらできていない。

時間がないと言いつつも昨日の夜、下北のユニオンに行ったら、こんな日でも(といったことはわたしはとくに思わないのだけど)、粛々とレコ堀りをしている若者たちがやはりある一定数いて、そのほとんどは単独行動の男子たち。ひとり、単独行動の女子もいて、どうでもいいけど心配。ちなみに徒歩数分のヴィレッジ・ヴァンガードの店内は、いつもどおり若くにぎわっていました。

昨日届いた、中村まりの『シーズ・トゥ・グロウ』が、たぶん今年最後の大衝撃になるはず。1977年生まれのこのひとは、英語の歌詞のオリジナル曲を中心としたシンガー・ソングライターで、わかりやすくあえて言うならば、ギリアン・ウェルチとカレン・ダルトンを足して2で割ったようなひと。英語の発音のよさやディクションの美しさもさることながら、端的にのどが震えている感じと形容すればいいか。大恐慌時代のアメリカの一軒家のクローゼットの奥の隠し扉を開けたらそこが現代日本に続いていた、とでもいうような、浮世離れしていて、それでいて趣味的だったりマニアックだったりはしない、ちょっと存在すること自体が考えられないような音楽です。

1曲を除いては簡素な編成ですが、楽器の鳴りも素晴らしく、音響芸術としても一級品だと思いました。マイスペースなどで、ぜひ試聴してみてください。公式サイトはこちら

いま思い出しけど、中村まり、どうも早川くん(1月8日のPPFNPにご出場)が、どっかでかけていて聴かせてくれたことがあるような気がするわ。
[PR]
by soundofmusic | 2010-12-25 17:56 | 日記 | Comments(2)
Commented by せんだいーね(はやかわ) at 2010-12-30 00:27 x
あ、中村まり、いいっすよね。黒の試走車でかけましたよ。チバさんに評判よかった記憶があります。8日よろしくお願いします
Commented by soundofmusic at 2010-12-30 14:24
やっぱり早川くんだったか。いやー、これはちょっと衝撃でした。すばらしかった。
8日、楽しみにしています。


<< 巨大ウサギの逆襲 クライテリオン >>