休日

台湾はうちの母が昔行ったことがあって、どうだった? って聞いたら「汚かった、もう行きたくない」と言うようなことを申しておりましたし、また、ひとからガイドブックをもらったはいいもののそれは1997年ごろのもので、そこに載っている台北は台北101はおろか、MRTもまだごく一部が開業しているだけというありさまで、なんだかんだで不安はあったものの、いざ行ってみるととくに困って困って仕方ないということもなく、ニイハオとシェイシェイだけ連呼しつつ、数日、台北で遊んできました。

d0000025_445312.jpgホテルは台北駅と西門地区の中間あたり。どこらへんがいいのか分からぬまま適当に決めましたが、結果的には便利な場所。オーディオ店がかたまって存在している一角でした。古い建物の中の中古オーディオ店。「二手」はセカンド・ハンドのこと。クロネコヤマトの営業所もあった。


d0000025_451621.jpg泊まったホテルには4階が存在していなかった。


d0000025_454467.jpg地震の義援金を募っているところも目立ちました。セヴン・イレヴンに貼ってあったポスター。


d0000025_4653.jpg下町の寺、龍山寺にも。ここは、寺もその周辺の繁華街も、浅草をケバくしたような感じで楽しかったです。


d0000025_463155.jpgかと思うと、ダンキン・ドーナッツには「日本産の原料は使用してないので安心してね」の張り紙。


d0000025_465414.jpgなんとなく気になる路地が多かった。入ったら戻ってこられなそうな。


d0000025_471497.jpg植物の様子は完全に南国です。緑が多い街。ほうっておくと植物におおいつくされそう。


d0000025_47343.jpgシネコンにあった、リー・ピンビンの業績を顕彰する展示。「光影詩人」。


d0000025_475324.jpg同じシネコンの、「ノルウェイの森」の宣伝ディスプレイ。いい雰囲気出してるけど、ちょっとおかしい。


d0000025_48893.jpgクーリンチェ。とくに行く予定はなかったけど、たまたまガイドブックの地図を見たら発見したので。


d0000025_483094.jpgホウ・シェオシエンが運営に関わっている?映画館。


d0000025_484642.jpg「トゥルー・グリット」と「ブラック・スワン」を上映していました。入れ替え制。「ブラック・スワン」だけ見た。バレエ好きのおばさんたちみたいのが来てたけど、どう思ったんだろうか。


---

d0000025_49754.jpgちょっと遠出もしてみたかったので、半日だけ、各駅停車で40分ほどの港町、基隆まで行きました。行きは疲れていて爆睡し、車窓の景色がまったく見られず。帰りは起きてたけど、夜だった。オールド・スクールな切符の券売機。


d0000025_492440.jpgプラットフォームにあった、駅弁の広告。食べなかったけど。


d0000025_494016.jpg基隆に着いて、とりあえず街を見下ろす山の上まで登ってみる。バカでかくてキッチュな観音様。港をはさんだ対岸の山腹には、例の「HOLLYWOOD」のアレみたいに、「KEELUNG」ってモニュメントがあって、笑ってしまう。


d0000025_495989.jpg恋人たち(たぶん)の落書き。意味はなんとなく分かるような、分からないような。調べればすぐだろうけど、調べてない。


d0000025_4101675.jpg民家の間を縫う狭い階段を下りて、市街地に戻る。振り返るとこんな具合。


d0000025_4103681.jpg道に迷っている途中で出くわした、おっかない路地。


d0000025_4105147.jpg基隆の夜市。台北の士林の夜市よりは小さいけど、活気は同じくらい。ちょこちょこ買い食いする。美味しい。


d0000025_411911.jpgいろんなところで見かけた掲示。最初は、なるほどユーモラスな奴だ、と思ったけど、至るところにあるので、決まり文句みたい。

やっぱり写真って撮り忘れるな。食べたものとか。物価は安いし、4月の上旬ですでに暑かったけど歩いていて楽しいし、また行ってみたい。
[PR]
by soundofmusic | 2011-04-25 04:14 | 日記 | Comments(0)


<< イエス(笑) Pure Pop For No... >>