カヴァー×2

d0000025_17162879.jpg以前にも書きましたとおり、アメリカのロック・バンド、ウィルコがニック・ロウの「アイ・ラヴ・マイ・レーベル」をカヴァーしています。彼らはノンサッチを離れ、自分たちのレーベルを立ち上げていて、そこからの第1弾シングルのB面がこの曲。こちらで、プロモーション・ヴィデオを見ることができます。9月に出るアルバムの、デラックス・エディションにも含まれるとのこと。

なんかさ、もう数十年にわたっての疑問なんですが、こうした、「演奏しているフリ」のヴィデオって、いったいなんか意味とか需要とかあるんかいなと。あるんかいなの地所。などと思わずダジャレのひとつふたつ、口から飛び出しそうな勢いです。バンドでせーの、で一発録りとかしないだろ、ウィルコ。などと言いつつ、ロック・バンド(に限らず)のレコーディングがどんな風におこなわれているのかとか、実はまったく知らない。

---

ニック・ロウのカヴァーといえば、書き漏らしていたけど、今月の初め(というか1日の映画の日)に見た映画、「ハングオーバー!! 史上最大の二日酔い、国境を越える」で、「ザ・ビースト・イン・ミー」が使われていた。事前に知らなかったのでちょっと驚いた。これはかつての義父であるジョニー・キャッシュによるもので、1994年のアルバム『アメリカン・レコーディングス』に入っている。オフィシァルだかなんだか分からないヴィデオはこちら。シブい弾き語り。ニック・ロウの東京公演、わたしが見たセットの最後(2度目のアンコール)がこの曲だった。

「ハングオーバー」シリーズというと、酔っぱらって目が覚めたら記憶が飛んでてさあたいへん、な映画なわけですけど、二日酔いでまったく身に覚えのない場所で朝を迎えるシーンで、切々と「オレの中のケモノが……」と歌われるのはなかなか身に迫るものがありました。などと言えるほど酒で失敗したことは、わたしはないですけど。

---

詳細がまだ告知できておりませんが、来週の土曜日のお知らせです。よろしくお願いします!

○『黒の試走車(テストカー)』Vol.54

日時:2011年09月03日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(地図
料金:500円+1オーダー(500円)

DJ:チバ/あずまきょういち/森山兄
ゲスト:あり(予定)
[PR]
by soundofmusic | 2011-08-27 17:17 | 日記 | Comments(0)


<< 黒の試走車<テストカー&... 世界はそれを手抜きと呼ぶんだぜ >>