ストリートの思想

d0000025_15332937.jpg青山一丁目から、閑散とした外苑東通りを歩いてミッドタウンに赴き、ビルボード・ライヴでダーティ・ダズン・ブラス・バンドを見ました。当イヴェントの旧ホームページ(現在は消滅)から、現在のこのブログに移行しての初めての記事もやはりDDBBのライヴの感想だったわけで、感慨深いですね(と、一応言ってみる)。ずいぶん経った気がするけど、まだ6年半かあ。その間、DDBBは何度か来日していたみたいだけどなぜかスルーしていて、見るのは今回が2度目。

1曲目はギター、ドラムス、そしてスーザフォンのトリオでの演奏。このバンドにはベースはいないので、スーザフォンが低音部分を受け持つことになるんだけど、エフェクターを踏み踏み、ズブズブと輪郭のぼやけた、沼のような響きを送り出してくる。ここですでにただものではない感じなところに、ホーンが加わってくると、彼ら本来の(?)セカンド・ラインよりも、スライやJBのカヴァー、ラテン・リズムで奏でられる「キャラヴァン」、客席との掛け合いで進むカリプソ、バイヨー風の(?)深いエコーのかかったバリトン・サックスによるムード歌謡、とドス黒いのにカラフルなごった煮サウンドが次々に繰り出されて、とにかく楽しい。

以前見たときも思ったことだけど、なぜか全体的にはダラダラとしたヒップホップ・アクトのように見えるところが興味深くて、それは彼らが若い連中を意識してみたとかではなくて、自分たちならではのやり方でストリート・ミュージックをやってたら、結果的に似てきてしまったってことなんだろう。ジョン・レジェンドとザ・ルーツが四つに組んだみたいに、誰かアトランタあたりのヒップホップ・アクトが、DDBBと組んで完全生音のヒップホップ・アルバムを作ったらおもしろいとおもう。具体的に誰が起用されるべきなのかはわたしにはわからないけど。そしてもしかしたら、そんなアイディアは現地のアメリカ人にとってはあまりにも凡庸すぎて採用するに値しないのかもしれないけど。

最後の曲はまるで葬式みたいな、「セント・ジェームズ病院」。ほとんどまったく聞き取れないMCも含めて、南部文化の幅/奥行き/深み、つまり立体的な広がりを否応なく突きつけられた。今度はスタンディングで見てみたい、いや、できうることならニューオリンズあたりで。

写真はたぶん1982年ごろの彼ら。

---

今週末のお知らせです。どんな感じの選曲にするかはまだ考え中です。今月はオカムラくんをゲストにお迎えします。どうぞお気軽に遊びに来てください~。

*黒の試走車<テストカー> Vol.56*
日時:2011年11月05日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(地図
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:あずまきょういち/森山兄/チバ
ゲスト:オカムラ

---

そして、あまりおおっぴらにしないでほしいとの本人の意向により、若干薄い文字で記しますが、9月のPPFNPでの太田さんのライヴが、こちらに全篇アップされています。録音は早川くんのiPhone。驚くほどきれいに録れています。アップロードも早川くんがやってくれました。どうもありがとうございます。

当日をしのぶよすがに、ぜひともお聴きくださいませ。

[PR]
by soundofmusic | 2011-10-31 15:35 | 日記 | Comments(0)


<< 渦巻く愛憎 黒の試走車<テストカー&... >>