系図

d0000025_21465332.jpgルーシー・ウェインライト・ローチの『ルーシー』を買って、「アメリカ」を10回くらい立て続けに聴いていました。もともとこの曲はポール・サイモンがS&G時代に作ったもので(YouTube)、神がかり的なストーリーテリングにはいつも感服してしまう。なんなら天才と呼んでもいいし、ポール・サイモンがいれば村上春樹はいらないかなとも思う。高校生でも分かる英語であるところがまたすばらしい。

ルーシーさんは名前が示すとおり、ラウドン・ウェインライト3世と、3姉妹のグループ、ローチェスのいちばん下であるサジィ・ローチとの間に生まれた娘です。ラウドンの子供としては、彼とケイト・マッギャリグルとのあいだに生まれたルーファス・ウェインライトとマーサ・ウェインライトがいて、このふたりのほうがルーシーより年上。ケイト・マッギャリグルは姉のアンナとデュオで活動していたし、さらに、ラウドンにはスローン・ウェインライトという妹がいて、このひとも歌手。アンナの娘も歌手だそうです。

『ルーシー』は、LWRの初めてのフル・アルバム。その前に少なくとも2枚のEPを出している。この2枚はたしか薄っぺらな紙ケース入りで、インディーズ・レーベルとかですらない完全な自主制作だった気がする。アマゾンでも取り扱いない。とりあえず異母兄姉と比べるとだいぶクセのないうたい方。母のサジィはじめ、ローチ姉妹とステュアート・レーマンが全面的に参加しているので、そのへんの好きな方はチェックする価値ありです。というか、ローチ=ウェインライト=マッギャリグル家のひとたちだけでちょっとしたフェスが開催できそうで、すごい系図。

ルーシーとローチェス(3人のはずだけどふたりしか映ってない。カメラ位置の関係なのかな?)が「アメリカ」をうたっているライヴ映像(YouTube)。うたい始まったところでお客さんが何の曲か気づいて拍手するのがいね。


ところで、何度か書いているけれど、サジィが何枚か出しているソロのうち、『Songs from an Unmarried Housewife and Mother, Greenwich Village, USA』は、タイトルだけで泣けちゃう名盤です。なんというか、存在として、90年代前半の白水社が出してたような、アメリカ文学の短篇集の香りがするのです。

---

来年1月14日のPPFNPの情報をアップしました。こぞってお越しください。
[PR]
by soundofmusic | 2011-12-29 21:49 | 日記 | Comments(0)


<< ごあいさつ Pure Pop For No... >>