スタンダード・ナンバー

d0000025_12412614.jpgお知らせいくつか。

いま、「DJ眠り猫」で検索すると、先日書いた記事がトップに出てくるようです。と、とある人から教えていただきました。というか、そんなワードで検索するやつがいるのか、という驚きが。

今度の土曜日、5/5の黒の試走車、その次の週末、5/12のPPFNP、それぞれの告知を開始しました。「黒の試走車」はゲストにkoyoくんと森山弟くんをお迎えします。エッジエンド以外での兄弟共演は極めて稀です。お見逃しなきよう。

---

昨日はビルボード・ライヴでロン・セクスミスを見ました。何年ぶりだか思い出せないけど、見るのは4回目くらいかなあ。初めて見たのは初来日の際、とはいっても単独公演ではなくて、エルヴィス・コステロの前座のとき。クラブ・クアトロでの自身のライヴを告知して、よかったら来てください、ぼくも行くから、みたいに言ってたことをまだ覚えている。

それは、メジャー・デビュー・アルバムが、発表から1年経って日本盤でも出た頃の話だから、たぶん1996年か(例によって確認せずに書いてます)。個人的な90年代の謎として、なんでそんなにミッチェル・フルーム=チャド・ブレイクのテイームによるプロダクションが評価が高かったかということがあるんだけど(一度もいいと思ったことない)、ロンセクの初期のアルバムも、やっぱりこのティームの作為的な音作りで損をしていると思う(しばらく聴き返してないので、いまどう感じるかはわからない)。

ビルボードで最後の最後に歌われた「シークレット・ハート」を聴いて、ああ自分はこの曲をまったく理解していなかったな、としみじみおもった。これは音と言葉ががっちりと一体化した、いわばスタンダード・ナンバーみたいなもので、だからそういった曲の初出は、できるだけ平易で明快な状態であるのが望ましく、プロデューサーたちがごてごて余計なものをつけてないほうがいいに決まってるのです。

スタンダード・ナンバーの歌詞についてはまたあらためて考えたい。ただの歌詩じゃねえか、こんなもん、と言って済まされないことがときおりある、と思うからです。
[PR]
by soundofmusic | 2012-04-29 12:42 | 日記 | Comments(0)


<< 炎上 Pure Pop For No... >>