クスタード・パイ

d0000025_2204081.jpg

さて、なにから書いていいかちょっとまとまらないので、こういうときは思いついた順番に書いていくことにしよう。

このあいだ、「MUSIC MAGAZINE & レコード・コレクターズ present 定盤1000」という本が出た。タイトルのとおり、MMとレココレが初コラボして(といっても、これにありがたみを感じるひともそんなにいないと思うけど)、ジャンルを問わず、ポピュラー音楽の定盤を1000枚紹介するというもの。オールジャンル網羅なのは魅力的だし、自分の弱いジャンルの名盤をまとめて1冊で勉強できるのはありがたい。

と思って喜び勇んで立ち読みしてみたものの、どうも興が乗らなくて、結局買わずに帰ってきた。理由はよくわからない。和久井光司が、ホリーズの『バタフライ』(だったかな)について、「ウサイン・ボルトと一緒に走ることになったランナーが、淡々と自己最高記録を狙うような態度」みたいに書いてたのはうまい言い方だなと思ったんだけどね。

そんなことを考えていたら、それとは(たぶん直接的には)関係なく、ツイッターでこんな発言を見かけた。この、「触れる機会が多い方がそっちになっただけ」という表現はかなり正確な気がする。わたしなんかからすると、ヴァシュティ・バニヤン、ジュディ・シル、カレン・ダルトン(この3人が同じくくりに入るとは必ずしも思わないんだけど)あたりは、キャロル・キングとかローラ・ニーロが得たような商業的成功も知名度も得られなかったけどこんなに素晴らしい音楽を作っていた、というニュアンスも込みで聴いてて、それはいまさら変えられない。

というか、商業的な評価に目をつむって「音楽そのもの」だけを純粋な対象物としてとらえるのは、とくにポピュラー音楽に関しては、正しくない態度なのではないだろうか? もちろん、売れた/売れないと、良い/悪いとは関係ないことは言うまでもない。「正しくない態度」というと語弊があるなら、そのやり方だと音楽の総体を見失うような気がする、理由はよくわからないけど。もちろん、そうした音楽の総体なんてものに興味がないひとが大半なのも、一応、知ってる。

ここからは関係ない話で、家のTVを廃止してから、BBCのレディオ2をよく聴いているって話は前にもしたかもしれません。最近はロビー・ウィリアムスの「キャンディ」がよくかかっていて、これは単純ながら耳に残って覚えてしまう曲。あるときかかって、おっ、と思ったのが、ケイト・ラズビーによる、キンクス「ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ」のカヴァー。このひとのことは名前しか知らなくて、こうして実際に音を聞いてみると、donald duckが「ドナルド・ドック」に、custard pieが「クスタード・パイ」に聞こえるアクセントとか、メロディの処理の仕方だとかがいかにも英国的と感じられます。このカヴァーが入っている『オークワード・アニー』と、ポール・ウェラーからニック・ジヨーンズまで幅広いゲストが参加した最新アルバム『20』を買ってみたとこなんですが、もともと英国ロック→英国フォークと聴き進め、その後しばらくアメリカ音楽の宝の山の表面をひっかいたりしていた身からすると、アメリカ人からは絶対に聞けないような英語の響きが心地よく思えますね。

とか言ってて、いや別にそれは英国訛りではないよ、と指摘されるとアレなので、いくつか聴き比べてみた。それにしても自分はこの曲が好き過ぎるな。

キンクスのオリジナル・ヴァージョン
 →「ドナルド・ダック」「カスタード・パイ」とうたってる。

米・オレゴン州ポートランドのララ・レミングによるカヴァー
 →「ドナルド・ダック」「カスタード・パイ」とうたってる。

どこの出だかわからぬ女の子による弾き語り
 →「ドナルド・ドック」「クスタード・パイ」に聞こえる。

ケイト・ラズビーの出身はイングランド中部、シェフィールドあたりらしいので、ロンドン生まれのレイ・デイヴィスとはアクセントも違うのでしょうね。となると、最後の馬の骨女子もそっちのほうなのかな、と軽く調べてみると、この子、いろいろ自分の弾き語りの動画をアップしていて、見ているうちになんだかだんだん好きになってきそうだ。どっかの曲のコメントによると、Northern lassだそうです。

---

今週末のお知らせです! 今回はレギュラーのチバさんがご欠席。そのかわりと言ってはなんですが、豪華ゲスト3名様をお迎えいたします。身長と体重的には少女時代とほぼ同じ、なフェミニン系男子はやかわくん、富士そばを退職したらしい黒坂くん、婿大好きクラスタのsteinさん、です。

*黒の試走車<テストカー> Vol.68*
日時:2012年11月03日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート
 →地図
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:あずまきょういち/森山兄
ゲスト:はやかわ/黒坂(ex.富士そば)/stein
欠席:チバ

お気軽にお越しください。お待ちしております!
[PR]
by soundofmusic | 2012-10-31 02:25 | 日記 | Comments(0)


<< 東京のプリンスたち Pure Pop For No... >>