CD供養

d0000025_1565380.jpgまああれだ、実際ふだん考えていることといえば、どれだけ安く(そして新譜だったら早く)CDを買うか、で、それはそれとして、無限に下がっていくかのようなディスクユニオンの中古CDの値段にも危機感を覚えてもいて、このふたつはとくに矛盾しているとは思ってないのですが、最近はそこに加えて、CDの顔を見るのも嫌だ、という状態が発生しつつあります。いや、正確には、聴ける時間がないのについつい買うだけは買ってしまい、半ば無意識のその行動によって自宅の居住スペースが著しく、かつ猛烈な勢いで縮小しつつあるのがいよいよ見過ごせない段階に入ってきたということであって、CDとか音楽とかが嫌いになったわけではないです。たぶん。

もっとも、コタツの上や床に放置されておらず、おとなしく棚に収まっててくれてればCDもそんなに邪魔ではないので、つまり解決策としては、①まずは買わない。②うっかり買ったらさっさと聴いて棚にしまう。③聴く時間がなくても放置せずにまず棚にしまう→半永久的に封印。で無問題なはず。自宅で聴く時間がなくてもひとまず取り込んで、出先でiPodで聴いてたりもしてたんですけど、あるときから、なんらかの理由でiPodの同期ができなくなって、いま入ってる曲だけをえんえんと聴き続けなくてはいけない道具に成り下がっちゃってるので、CDは自宅でがんばって処理しないとならない。

とりあえず購入枚数を月10枚くらいにおさえてみる、ということを考えて、でも今月は、現時点で注文しちゃってる到着待ちのやつとか、あと、出た瞬間に買うであろう細野晴臣の新譜もあるから、CDのことを考えたりアマゾンを見たりとかを一切しなければ、15枚くらいに収めることが、もしかしたら、できるかもしれない。こうして想像している時点で10枚オーヴァーしてるわけだけど。そんなこんなでおとつい、3か月ぶりくらいにアメリカのアマゾン・マーケットプレイスでCDを買おうとしてオーダーをプロッセスしてたら、いままでは$6.89だった日本への送料が、$14だか$15だかになってる。えーっ! CD1枚にそれだけ出すのはバカバカしいから、もうおそらく利用することはないだろう。でもそれと引き換え?に、マーケットプレイスじゃない、アマゾン自体から送ってもらうときの送料は値下げされてたから、今後そっちは使うことがあるかもしれない。

めったなことじゃケースが開けられもせず、ましてやディスクが取り出されたりすることなんてないかもしれないCDを、なにかの拍子で引っ張り出して、渋谷まで持っていって、あまつさえ再生装置に差し込んで人前でプレイしようとする、CDに対してもお客さんに対しても失礼なのかもしれない(いや、そんなことはないはず)試みが、今度の土曜日に開催されます。

以下概要。

☆Pure Pop For Now People Volume 96

2013年05月11日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(渋谷区道玄坂1-17-12 野々ビル2F Tel:03-5458-6385)

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
noirse
甲斐真資 (./irori)
森山弟(弟)
森山兄(兄、サウンド・オヴ・ミュージック)

いらしてくださったこともある方はご存知のとおり、おみやげというのは森山兄弟の選曲(毎回内容は異なる)によるCD-Rなんですが、昨日それ作ってて、あらためて、これとこれとこれが一緒に入っててなおかつ全体の流れがこれだけ流麗ってありえないだろうと。内容は当日まで内緒なので、渋谷まで来て、もらって、聴いて、願わくはちょっぴり笑ってもらえたら本望です。

(画像は他人のイメージ)
[PR]
by soundofmusic | 2013-05-07 02:02 | 日記 | Comments(0)


<< 黒の試走車<テストカー&... 当分わたし >>