海はないのに

d0000025_16142675.jpg昨晩のPPFNPにお越しくださったみなさま、どうもありがうございました。比較的たくさんの方のご来場と、ゲストDJティームであるudon punk、そしてジョー長岡のうたと演奏とで、たいへん楽しい(≒赤字の心配がいつもより少ない)時間になりました。深く感謝いたします。

終演後、ジョーさんは、次回の当イヴェント登場時(2014年7月予定)の際にやってほしいことのリクエストを受けておられました(わたしからではなく)。また、当イヴェントの100回目(2014年1月予定)には、ジョーさんが仕切ってなにかしてくれるそうなので、それも楽しみに待ちたいと思います。

なお、今回のおまけCDは、海の日に起こりがちな海難事故に継承を鳴らす意味もこめて、海っぽい曲を集めておりますが、タイトルの『No New Wave, Only the Sea』について。これは、フランスの映画監督であるクロード・シャブロル(故人)の発言「There is no new wave, only the sea.」に由来しております。たぶんヌーヴェル・ヴァーグについてなんか質問されて、それに対する回答なんだろうと思います。ちなみに筒井康隆は、中央公論社の伝説的文芸誌「海」が廃刊になったとき、海がなくなっても波(新潮社のPR誌。こちらは現存)はあるなんておかしなもんだ、みたいな発言をしていた気がします。これはシャブロルの言葉を念頭に置いたものなのか、それともたまたまなのか、ご存知の方はご一報ください。

それと、お配りしたもうひとつのおまけである冊子「ジョー長岡を紹介します。」ですが、いくつかの細かいミスのほかに、でっかいポカが発見されまして、肝心のジョー長岡の連絡先とかが書いてないという。まあこんなご時勢ですから、検索していただければブログやツイッターにいることがすぐ分かるはずです。うたや演奏、体型や発汗量についてのご意見ご感想は、直接本人に伝えてください。それ以外の寄稿者については冊子に載せましたのでそちらを参照のこと。

我が家に若干の残部がございます。どっか(lilmagとか)に出そうかなとも思ったのですが、内容的になんかそういうアレでもない気がしますので、どうしても欲しいって方はご連絡いただければ、都合します。
[PR]
by soundofmusic | 2013-07-14 16:15 | 日記 | Comments(0)


<< 神はいないのに 曲り角にきた? >>