元気な芋虫

d0000025_8282852.jpg何日か前のこと、ニック・ロウのサイトに突然影絵(写真上)が出現し、25日に重大発表をする、ついては少しずつこの影絵からヒントが飛び出てくるよ! と言ってきなすったので、すわ一大事、まさかのスーパー・グループ結成か、あるいはなにかの再結成か、と色めき立ち、毎日のようにサイトを見に行っては、そのたびごとに犬だとかおばあさんだとかか出てくるのを確認しては、わっかんねぇなあ、と首をかしげておったわけですが、最終的に公表された状態が、ちょっとウェス・アンダーソンっぽい、写真下のもの。10月29日に、音楽人生40年余にして初のクリスマス・アルバム(英語だといまはそうは言わないわけですが、適当な日本語が思いつかないので便宜上そう呼びます)『クウォリティ・ストリート』がリリースされるとのお知らせでした。っていうかさあ、こんなもん、少しずつヒントを出されたってわかりっこないじゃん!

もう公開してしまってますが、期間限定で全篇フル試聴できたので何度か聴いてみましたところ、「サイレント・ナイト」だとかの定番に加えて、ロン・セクスミスの書き下ろし曲や、ロイ・ウッド率いるウィザードの「毎日がクリスマスだったら」(このヴィデオはウォンブルズっぽい)なんかを含む全12曲。アルバムのダイジェストはここで聴けますので、お試しください。

---

試聴ネタもうひとつ。ヴァン・ダイク・パークスの『ザ・スーパー・チーフ』がこちらで全篇フル試聴可能です。今年のレコード・ストア・デイにLPのみで限定発売され、わたしには存在さえ知られることのなかった作品。来月出る日本盤CDの商品説明によると、「ヴァン・ダイクが1955年に初めて鉄道でアメリカを横断した旅を描いた、未発表のオーケストラル・アルバム。」だそう。これもさっそくほぼ通しで聴いてみましたが、よいですね。

ちなみにスーパー・チーフとはシカゴとLAを結んでいた列車の名前で、日本語のウィキペディアにも項目があるのでそこを見るといろいろ分かります。英語版のページに載っている1948年の事故の写真は、元気のいい芋虫みたいで、微妙にかっこいいですね。

---

いつもうかうかしがちで告知が遅れがちな月例DJイヴェント「黒の試走車」ですが、次回8月3日の情報を掲載しました。まずはご覧いただき、ただしご覧いただくだけではなく、こぞって遊びにいらしてくださいね。ゲストは籠さんと、ひろみ(yu mei)さんです。よろしくどうぞ。
[PR]
by soundofmusic | 2013-07-27 09:07 | 日記 | Comments(0)


<< 黒の四人組<クァルテット... 黒の試走車<テストカー&... >>