ハロー・キティ

d0000025_12355035.jpgごあいさつ遅れましたが、先週の土曜日、PPFNP vol.101にお越しくださったみなさん、すばらしいうたを聴かせてくれたmueさん、ゲストDJのなかじさん、どうもありがとうございました。1月の100回をひと区切りとして、ペースを落とすことにしてから初の開催でしたが、なんだかんだで生活があわただしいもんで、2か月おきが3か月おきになったところであんまり間が空いたって感じはしなかったですね。次回は07月12日(土)です。毎夏恒例の、ジョー長岡さんのライヴもあります。ご期待ください。詳細はまたそのうち!

---

数年前にデッドストック品のiPod(世代とかよくしらない)をもらって、もらったからにはと思って使ってたんですが、このごろになってそれのバッテリーの持ちが悪くなり(とはいっても通算4時間くらいは再生できる)、それと関連してかどうなのか、どういうわけかiTunesとの同期ができなくなり、つまり状況をひとことで言うと「しょっちゅう充電が必要な、いま入ってる曲を聴くだけの機械」に成り下がってしまったので、もうちょっとなんとかしたいなあと思ってアップル・ストアに相談に行ったところ、このモデルは全世界的に廃版で電池交換もできないけれどもそのかわり新しいiPod classicを買うんだったら1割引にできますよ、と言われ、数日考えたり店に値段を確認しに行ったりしたあげく、結局ポータブルのCDプレイヤーを買いました。

いまどきそんなもん売ってるのかよ? とお思いの方も多いでしょうがちゃんと売ってまして、ただし、3000円くらいのショボいと思われる品を除くと、8000円程度で買えるソニーのCDウォークマンくらいしか選択肢がないみたい。もしかしたら数万円のハイエンドなモデルがあるのかもしれないけどそれもなんだし、3000円くらいのものはいくらなんでも耳の肥えた中年(註:わたしのことです)が買うのはためらわれたため、事実上一択であるところのソニー製品を購入。

それから10日くらいたちまして、ほぼ毎日使ってますが、カバンの中でかさばることを除くと、ほぼなんの不満もなく快適そのものです。昔はポータブルCDプレイヤーを買うとたいていガム型の充電池がついてきてたもんですが、いまやそれは一般的ではないようで、とはいえ永久に乾電池を買い続けるのもアレなんで、エネループの充電池+充電器のセットを買いました。こちらも届いてから1週間くらいたちましたが、購入時のもともと充電された分でまだ使い続けてます(まだ一度も家では充電してない)。

iTunesで音源管理しておくと便利なのは分かっているんですが、とはいえ自分のリスナー生活とはすなわち、まあたいていのみなさんはそうだろうと思いますが、次から次へと買ってきたCDを聴いては収納、聴いては収納、聴いては収納、あげくのはてには聴かずに収納、聴かずに売却、聴かずに紛失、聴かずに売却したものを誤って再購入、といった一連の絶え間ない作業の繰り返しですので、悠長にiTunesに取り込んだりしているヒマはないのでした。もっと早く気付くべきでした。

写真はその、買ったCDプレイヤーです。衝撃緩和のためのクッション袋みたいのを買いにダイソーに行ったら、このキティちゃんのやつしかなかったのでやむなくそれにしました。ひとに見られるものでもないし別にいいか、と思ったのですが、電車の中でディスク交換をするときなど、ちょっぴり恥ずかしい。そういえば、「セックス&ザ・シティ」ってデトロイトあたりのガレージ・バンドの名前だったらカッコイイんじゃないかというネタがありましたが、「ハロー・キティ」っていうギャルバンも意外とイケそうな気がします。
[PR]
by soundofmusic | 2014-04-26 12:36 | 日記 | Comments(0)


<< オチ 黒の試走車<テストカー&... >>