舌を噛んで死ぬ

d0000025_20235215.jpgなんとなくお知らせしたとおり、金曜日、千駄ヶ谷のディクショナリー倶楽部でおこなわれたイヴェント「SO FAR SO GOOD」に呼ばれて、兄弟でDJしてきました。PPFNP以外での兄弟の揃い踏みDJはほんとに珍しい、っていうか過去1回くらいしかなかった気がする。そして呼ばれて回すこともわたしについては近年ほぼなかったのでやや気合を入れて伺いました。

開場/スタートの18時を過ぎてもしばらくライヴのリハが続いているし、お題が「70年代の世界のロック&フォーク」のはずなのに主催の吉村さんは60年代のものばかりかけているし、予想したよりもだいぶゆるい雰囲気で、なおかつフードも美味しいし、おかげでリラックスしてプレイさせていただきました。弟くんの選曲は、現代のひとたちによる70年代有名曲のカヴァーというもので、わたしは、「世界の」というところに着目して、なるべく原産国籍をバラけさせてみました。9か国(仏、韓、パキスタン、ナイジェリア、米、日、ブラジル、英、カナダ)のひとたちによる全13曲。

で、まあ、それなりに内容もよかったと思うんですが、わたしの次に回したRIOさんが、安価っぽいものを中心にした有名曲ばかりの7インチ攻撃で、ポリス「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」の日本語盤で始まって、順番は覚えてませんが「ビューティフル・サンデー」「TOKIO」「ダンシング・オールナイト」「そして僕は途方に暮れる」などなど。宇内さんは「カラオケみたいだな」と言ってましたが、やっぱりみんなが知ってる曲っていうのは圧倒的に強いんですよ。マルコス・ヴァーリとかかけてイキがってた自分の態度を反省しました。舌噛んで死んじゃいたいです。

ディクショナリー倶楽部のクローズにともなって、この会場での「SO FAR SO GOOD」は今回をもっておしまいだそうですが、移転先を探しているようなので、また遊びに行きたいと思います。

写真はリハの様子。左側の女子2名が「シュガー・タウン」とか「いつでも夢を」とかをカヴァー。その右側が主催の吉村さん。いちばん右側がローリン阪本さん。顔見えない角度ですんません。
[PR]
by soundofmusic | 2014-08-24 20:24 | 日記 | Comments(0)


<< 誘惑について 黒の試走車<テストカー&... >>