タダのものまでいちいち聴いている余裕はない

無料でアルバムまるごと聴ける、なんてのは、合法・違法問わず、いまではたいして珍しくもない状態なわけだけど、自分のiTunesに勝手に入ってくるっていうのはたしかに新鮮味のあるやり方かもしれない、と思ってひさしぶりにiTunesを起動してみたら、事前に耳にしていた噂と違って自分のとこには入ってきてなかった。だもんで自分でダウンロードしてみて、もちろん無事入手できたわけだけど、自分が求めていたのは、あくまでも「頼んでもないし別に聴きたくもないアルバムが勝手にiTunesに入ってる」という体験だったのであって、自分でダウンロードして手に入れるのでは、まったく意味が違う、というか意味がないのでした。

もちろん聴きたくないのですが、せっかくなのでなにか作業をしながら片手間に4曲くらい聴いてみたU2は、あ、やっぱり自分がこのバンドに興味を持たずに生きてきたのはとくに間違ってなかったな、と思わせるような音楽でした。こういうこと書くと、聴いたこともなかったのになぜそんなことがわかるのか、と言われそうですが、こっちに言わせれば、それくらいのこと実際に聴くまでわからないようじゃお話にならないわけです。口調が多少攻撃的なのは、さっき大森靖子のブログを数エントリーまとめて読んだからだと思います、あしからず。

U2に限った話ではないのですが、いまの気持ちを正直に、かつ正確に述べるならば、「タダのものまでいちいち聴いている余裕はない」となると思います。もちろん、自分の知らないすばらしい音楽がYouTubeをはじめとしたところで無料で聴きまくれることは知っています。聴きまくれるどころか、知らない音楽、知っていてもスルーしてきた音楽、多少の興味がないでもない音楽、そうしたものが、一生かかっても聴ききれないくらい、ある。しかしそれがどうした。どっちみちそれらの情報を的確に選別することなんてできっこない。だったら、絶対に買う気はないけどタダなら聴いとくか、というさもしい発想で時間と気持ちをムダづかいするのはやめようと、まあそう思うわけです。

……あれ、でも、買うか買わないかは試聴して決めてるんだよな。なんだろ、この精神構造。あとあれな、いいこと教えてあげますけど、「盤で持ってるほどじゃないけど、あとで聴きたくなるかもしれないから売る前に一応iTunesに取り込んどく」作業ね。あれ、どうせ聴かないんで、やるだけムダですから。

なお、以上のことは、「程度にもよるけど金より時間のほうが貴重」になってしまったわたしの現在の生活に基づいた内容となっております。収入が激減して時間はものすごい余ってる、となった場合、また違ったことを言い出すことでしょう。そして自分がこれだけの字数を費やしてU2に言及するのはこれが生まれて初めてだし、死ぬまでのあいだでこれが最後のはず。
[PR]
by soundofmusic | 2014-09-19 16:32 | 日記 | Comments(0)


<< セカンド・ハネムーン 黒の試走車<テストカー&... >>