d0000025_3392961.jpg世田谷文学館の「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」に行ってきました。土曜日の10時半ごろ着いて、まだ時間も早いしガラガラかな、と思ったら普通にひとが入ってた。小さな子供連れの女のひとが複数いて、なるほど、それだけ時間がたったんだなとそこで直感的に理解する。自分が若いころに接したものを、いつまでも「若い(ひと向けの)文化」だと思ってしまう。それは中年ならではの特権で、自分もそれを無意識のうちに行使していたってこと。

考えてみたら、最初の単行本から活動停止までが10年。そこからいままですでに20年近くたっている。そして自分が彼女の作品に親しむようになったのは、わずかに事故の2年くらい前にすぎない。こうして90年代のことを思い出したりすると、当時の時間の流れといまの時間の流れを、体感的に同じものとしてとらえるのが難しい。

要するに昔の話なんですよって割り切れればいいんだけど、「リヴァーズ・エッジ」の原画なんかを見ると、当時読んで、もうこれはマンガを超えてる、現代文学の最前線と並走してる、って(だいたいこんな感じの言葉づかいで)思ったことを思い出した。その当時の感覚に偽りはないんだけど、それからいままでいろんなものが出てきてるわけなので、若いひとが真に受けて、無理して岡崎京子を読み始める必要は必ずしもない、っていう思いもホント。

客観的にどうかとはまったく別の話で、とにかく自分にとっては密度が濃い展示で、だいぶ体力を消耗した(悪い意味ではない)。好きな映画やマンガやアニメからの大胆で無造作な引用はいまのひとのやり方とは違うだろうなということと、それと、このひとはめちゃくちゃ絵がうまいんだろうなということを、たぶん初めて思った。壁だったかガラス・ケースの中だったかに大きくプリントされた「くちびるから散弾銃」の3人の並んだ横顔の重なる絵、それだけで映画みたいだった。

会場の入口ではピチカート・ファイヴの「衛星中継」が小さな音で流れていたけど、もっと音楽ガンガン流れててほしかった。ディー・ライト、スリッツ、昭和歌謡、なんでもいいよ。建物に入ってすぐの物販コーナーには、ありったけの彼女の単行本がずらりと並んでいて、壮観だった。図録はレアなマンガ作品もたくさん収録されていて、これはどう考えても買って損はない。自分は買わずに帰った。家に着く前に、池袋にオープンしたばかりの店で牛かつ定食を食べた。

もう終わっちゃったけど、連動企画で「“90年代”ZINEをつくろう!」っていうワークショップがあったそうで、これは覗いてみたかったなあ。ただし当時はZINEなんて言い方はほぼされてなかったはずで、こういう具合に歴史は修正されていく。
[PR]
by soundofmusic | 2015-02-22 03:41 | 日記 | Comments(0)


<< Pure Pop For No... 花 >>