判決

ちょっとあんまり気分的な余裕がないので近況的なことだけ書いておきますと、「サウンド・オヴ・ミュージック」のアンケート冊子が完成に近づいています。編集作業自体は全体の95%といったところでしょうか。未提出者は、あと2名くらい。うち1名(宇内さんの野郎)はメールしても無視されるようになってしまった。

問題なのは自分の分がまだ書き上げられていないことで、一昨日、仕事が終わってまっすぐ帰ってきて、ここ数日平均5時間くらいしか寝てないもんで眠くって、軽く寝てから作業にかかろうと思って20時ころ寝たら、そのまま朝まで眠ってしまい、昨日、目が覚めたら4時。6時ころから自分のアンケートにとりかかり、16時ころまでおそるべき集中力で比較的勤勉に書きまくったら、ようやく6、7割終了した。カフカが「判決」を一晩(8時間)で書いたという伝説について、いくらなんでも物理的にムリだろう、とずっと思っていたのだけど、昨日のわたしの10倍くらいの集中力を発揮すれば、可能であるとの結論に達しました。

以前に読んだ坪内祐三の本を、必要があって再読していたら、坪内祐三は自分の本をよく読み返すのだそうで、その理由として、別に自己愛からではなく、読者としての自分の知りたいことが書かれているから好きなのだ、とありました。こうして引用してみると、それも自己愛の一種なんじゃないか? と思いますけども。

アンケート冊子も、自分のところしか読まないひともいそうだけど、それは別にかまわないと思うよ。うん。
[PR]
by soundofmusic | 2009-03-13 10:58 | 日記 | Comments(0)


<< 切った貼った びんぼう >>