切った貼った

13日の金曜日、吉祥寺のスターパインズカフェで湯川潮音とロンサム・ストリングスのライヴを見てきました。もともと、湯川潮音のアルバムを愛聴しているのですが、ライヴに行きたいという発想はなく、ところが、酒井俊を見に行ったら、その日バックを務めていた桜井芳樹がロンサム・ストリングスなもんでこのライヴのチラシが織り込まれていて、それで行ってみる気になりました。

どの写真を見てもツンとしているというか男前というか、そういうイメージのあった湯川潮音、実物はよく笑うし冗談も言うし、動きもかわいらしくて意外でした。それで前よりぐんと好きになるかというとそうでもなかったですが。

ライヴ中なにを考えていたかというと、2時間立っているのはツライ、と、そのことばっかりで、客がぎっしりでよく見えないし、うたも演奏もよかったけど、やっぱり十全に楽しめないといういつものわたしのパターン。

---

で、23時ころ帰ってきて、いろいろやることがあったもののあまりにも眠いので30分くらい寝ようと思って横になって寝て、目覚ましで目を覚ましてはまた数十分後に目覚ましをセットする、ということを繰り返して結局2時ころに起きて、アンケートの自分の分をテキトーに書き上げて4時ころ寝て、6時に起きてそれをプリントし、切った貼ったで版下を作り、40分くらい遅刻して(すいません)仕事に行きました。

仕事中には30分くらい居眠りして(たびたびすいません)睡眠を稼ぎ、仕事が終わって電車の中で版下を見直していたら、ページ組を完全に間違えていたことが判明。どうしようと思うまもなく印刷所のある駅に着いたので仕方なく下車し、100円ショップでノリとハサミを買い、印刷所の建物の談話室で小1時間切った貼ったを繰り返して版下を作り直し、なんとか印刷を済ませる。

帰宅して、JJazz.Netの、ジョー長岡さんがナヴィゲートする番組「温故知新」、昭和の日本人ジャズ特集を聴きながら紙を折ったりホチキスどめをしたり。昭和の、っていうか、Think!が再発しているやつですけども。宮沢昭、松本英彦、古谷充などカッコイイ音が満載、作業がはかどる。この番組は今月末までなのかな。ロハで聴き放題、おすすめです。

---

d0000025_11472522.jpgそんなこんなで、よーうやくアンケート冊子ができました。B5サイズ55ページくらい、約9万字。毎年のことながら、読み応えあります。ご参加いただいた方には、来週あたりから順次発送していきますのでお待ちください。

参加してないひとには、というか、書いてくださいって頼んでるのに(忙しいなどの正当な理由以外で)書いてくれなかったひとには、あげないつもりなので、あしからず。それ以外の方には無料で郵送していますので、こちらからメールをくださいませ。21日の轟渚のライヴ、28日のPPFNPにも持参する予定です(忘れなければ)。

ここ1週間くらいこれにわりと集中していて、ゆとりがなくてしんどかったので、今晩はひさしぶりにゆっくり眠りたいです。とはいえ、今日の寝場所は大阪に向かう夜行バスなので、うまく眠れるかわかんないけども。初めての大阪、楽しみです。
[PR]
by soundofmusic | 2009-03-15 11:47 | 日記 | Comments(0)


<< 別格な街 判決 >>