<   2003年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

リストVolume39 2003.11.30. ゲスト:neco(Miss Candy Twist)&マジック(セツナイト)

***たひら***
1 THE MICHEAL STANLEY BAND / I'M GONNA LOVE YOU
2 MANASSAS / ISN'T IT ABOUT TIME
3 FRED FRITH / SPRING ANY DAY NOW
4 MARCOS VALLE / SAMBA DE VERAO
5 BRIGITTE BARDOT / MOI JE JOUE
6 SALON MUSIC / LIKE AN URCHIN
7 CITRUS / ROCKIN' CRUISE
8 STRAWBERRY STORY / TWENTY-SIX
9 THE BRILLIANT GREEN / MISTER MOON
10 1910 FRUITGUM Co. / MR. MUSIC MAN
11 TOMMY JAMES AND THE SHONDELLS / MIRAGE

***森山***
1 ROBERT LAMM / LOVE SONG
2 GEORGIE FAME / LOVELY DAY
3 THE BUTTS BAND / LIVIN' AND DYIN'
4 CHI-LITES / HAPPINESS IS YOUR MIDDLE NAME
5 カーネーション / ラヴァーズ&シスターズ
6 CHUCK RAINEY / HOW LONG DOES IT LAST
7 オリジナル・ラヴ / ジャンピン・ジャック・ジャイヴ
8 CORNELL DUPREE / OKIE DOKIE STOMP
9 DIZ WATSON / CURSED WITH A THIRST
10 PROFESSOR LONGHAIR / BIG CHIEF

《コメント》
メロウ、スウィートなソウルからノリノリのR&B~ニューオリンズ系へという流れ。チャス&デイヴは持ってきたけど使わなかった。
1 シカゴのひとのソロ。メロウなエレ・ピ。
2 ビル・ウィザースのカヴァー。
3 元ドアーズのドラムとギターが参加したブルー・アイド・ソウル・バンド。
4 シカゴ産スウィート・ソウル。
6 名セッション・ベーシストによるインストゥルメンタルR&B。
7 企画盤『セッションズ』収録の、吾妻光良をフィーチュアしたヴァージョン。
8 名セッション・ギタリストによるインストゥルメンタル・ジャンピー・R&B。
9 英国のドクター・ジョン。ニューオリンズ・ファンク。
10 ニューオリンズR&Bの親玉。

***マジック(セツナイト)***
1 DONATO / THE FROG
2 ROLLING STONES / UNDERCOVER OF THE NIGHT
3 SHERYL CROW / ALL I WANNA DO
4 DONATO / ALMAS-IRMAS
5 KIRINJI / MURASAKI SUNSET
6 STEELY DAN / SIGN IN STRANGER
7 ROLLING STONES / BROWN SUGER
8 BEATLES / DIG IT
9 MARIANNE FAITHFUL / I'M A LOSER
10 BEACH BOYS / THE LITTLE GIRL I ONCE KNEW
11 NICK LOWE / SO IT GOES
12 THIN LIZZY / WAITING FOR THE ALIBI
13 NICK LOWE / ROLLERS SHOW

《コメント》
1 ドナートとデオダートによる「私の考えるファンク(Pt.1)」。
2 ミックジャガーのふてぶてしさを大いに満喫できるナンバー。
3 ストーンズよりストーンズ的なナンバーだと思う。
4 ドナートとデオダートによる「私の考えるファンク(Pt.2)」。
5 ライブ見たけどカリスマ度0。それがある意味かっこよかった。
6 ポップ史上最高の音楽エリートによる大変自慢げなナンバー。
7 別バージョン。クラプトンがスライドを演奏しているらしいが、一番いいのはベースライン。ミックジャガーのふてぶてしさも合格。
8 ネイキッドではなぜかカットされている1分程度のジャムセッション風ナンバー。
9 マリアンヌフェイスフル大好き。ビートルズカバー。
10 天才の天才ぶりが素直に表現されたナンバー。
11 ポップ界の大御所によるシンリジー風ポップナンバー。
12 伊藤政則に薦められ随分経ちますが、未だにグリッダーな魅力が満載。
13 本イベントと同名のアルバムより。ハッピーだけどセツナくて本当にいい感じ。

***たひら***
1 THE PRETTY THINGS / BUZZ THE JERK
2 SMALL FACES / GET YOURSELF TOGETHER
3 MARTIN STEPHENSON / NEW WAVE
4 ELLIOTT SMITH / LA
5 MATTHEW JAY / BECOME YOURSELF
6 FOUNTAINS OF WAYNE / MEXICAN WINE
7 THE STROKES / 12:51
8 SQUEEZE / COOL FOR CATS
9 OLD 97'S / KING OF ALL THE WORLD
10 ANDREW W. K. / YOUR RULES
11 OK GO / YOU'RE SO DAMN HOT
12 THE THRILLS / BIG SUR
13 TRAVIS / SOMEWHERE ELSE
14 ASH / SHINING LIGHT
15 NEW ORDER / BIZZARE LOVE TRIANGLE

***neco(Miss Candy Twist)***
1 LUCY VAN PELT / RED BICYCLE
2 PINKO PINKO / NEED SUCCESS YEAH YEAH
3 RAY WONDER / HANG ME HIGH
4 ZOMBIES / FRIENDS OF MINE
5 THE SYMBOLS / HIDEAWAY
6 THE MONTANAS / RUN TO ME
7 TONY HATCH AND JACKIE TRENT / LOVING THING
8 REVELATION / PAPER CHASE
9 FLYING MACHINE / YES, I UNDERSTAND
10 HARRY ROCHE / CASINO ROYALE
11 MULTIPLICATION ROCK (O.S.T.) / READY OR NOT, HERE I COME
12 RAG DOLLS / MY OLD MAN'S A GROOVY OLD MAN
13 SALT WATER TAFFY / LOOP DE LOOP
14 SATIN BELLS / THE BELL TELEPHONE SONG
15 THE MIKE SAMMES SINGERS / LOVE IS HAPPY THING
16 ORANG / ROMANTIC

《コメント》
1 先日急逝された、元Lucyの福村くんへの愛を込めて。
2,3 スウェディッシュ=高校生時代の蒼い思い出。
4 友達はいつの日だって大事なんですよ。
5 最近、最高に気に入ってる1曲。BOB CREWEっぽい。
6,7 TONY HATCHって天才ですよね。あはは。
8 JIM WEBB作。大好きですよ。シングルにもなってるけど、これはLPっす。
9 TONY McCAULEY作。TONYって、みんな天才なんですかね?あはは。
10 セクシーお姉さん。イントロからドッキドキです。
11 BOB DROGH大先生さま。子供に聴かすにゃもったいなくないっすか?
12 頭を空っぽにしてください。B面もよいですよ。
13 今や説明不要。ROD McBRIENによる極上ポップ。シングル曲。
14 HERE COMES GIRLSに別の曲が入ってましたね。イギリス人になりたくなる瞬間。
15 タイトルどおり、ハッピーな曲です。イントロのベースラインが好きです。
16 これからの日本のインディギターポップシーンは彼らにかかってる!(かも!)

福村貴行くんへの、ご冥福をお祈りします。いつまでも友達だよ。

***森山***
1 PAUL CARRACK / HARVEST FOR THE WORLD
2 JOSE FELICIANO / CHICO AND THE MAN
3 OSCAR BROWN, Jr. & JEAN PACE / A NEW GENERATION
4 JEANNE MOREAU / QUELLE HISTOIRE
5 CLARA NUNES / E BAIANA
6 MILTON BANANA TRIO / IMPROVISO
7 CAL TJADER / MOANIN'
8 THE AXIDENTALS / JUNE IS BUSTIN' OUT ALL OVER
9 JONI JAMES / 'DEED I DO
10 GRADY TATE / DON'T FENCE ME IN
11 MICHEL LEGRAND / HAPPY
12 キリンジ / カメレオンガール
13 BRIDGET ST. JOHN / SPARROWPIT
14 FAIRPORT CONVENTION / FAREWELL, FAREWELL
15 WIZZ & SIMEON JONES / YOU CAN COUNT ON ME TO DO MY PART

《コメント》
ソウル、ラテン、ブラジル、ジャズ、英国フォーク。小じゃれててすいません。
1 エース、スクイーズなどでおなじみの英国産ブルー・アイド・ソウル・マン。たとえばジョージィ・フェイムあたりと比べると異常に評価が低い。アイズレー・ブラザーズのカヴァー。
2 盲目のラテン系SSW。
3 ブラウン、ペイスにブラジル産の老人シヴーカが加わったオフ・ブロードウェイ・ミュージカル「ジョイ」のオリジナル・キャスト盤より。
4 フランス女優。サンバ。
5 ブラジル女。サンバ。
6 ブラジルの天才ドラマー率いるジャズ・ボサ・トリオ。
7 ラテン・ジャズ・ヴァイブラフォニスト。ボビー・ティモンズが書いたアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズのヒット曲のカヴァー。
8 男女混合のジャズ系コーラス・グループ。編曲はラッセル・ガルシア。
9 ジャズ・ヴォーカル。ロジャース=ハマースタイン2世の曲。
10 ソウルフルに歌うジャズ・ドラマー。コール・ポーターの曲。
13 英国のユーミン? ほのかにただよう米国臭。
14 ヴァージン・メガ・ストア新宿店の閉店セールで半額だったのでリマスター盤を買いなおした名作『リージ&リーフ』より。
15 英国フォークの知られざる巨人、ウィズ・ジョーンズと息子のシミオンのデュオによるモーズ・アリスンのカヴァー。ちなみにシミオンさんとはロンドン南部のバーで会ったことがある(レア)。
[PR]
by soundofmusic | 2003-11-30 03:06 | PPFNPセットリスト | Comments(0)