<   2004年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

リストVolume43 2004.07.25. ゲスト:Edgar Franz, 高嶋里美&森山弟

***たひら***
1 KIRSTY MACCOLL / ALL I EVER WANTED
2 MILES / PERFECT WORLD
3 RON SEXSMITH / NOT ABOUT TO LOSE
4 OLD 97'S / MURDER
5 MATTHEW SWEET / GOOD FRIEND
6 VELVET CRUSH / STOP
7 THE BOYS / DO THE CONTRACT HUSTLE
8 HONEYRIDER / SWEETER THAN SUNSHINE
9 BLONDIE / 好きになりそう
10 LES CALAMITES / LE SPERMARCHE
11 EPHEMERA / HAPPY, GRATEFUL, AWARE
12 KEANE / THIS IS THE LAST TIME
13 SERGE GAINSBOURG / SEA, SEX AND SUN
14 JANE BIRKIN / LOLITA GO HOME
15 MARCOS VALLE / AINDA MAIS LINDO
16 CIRCUS / MONDAY MONDAY

***森山兄***
1 MARCOS VALLE / FREIO AERODINAMICO
2 JAMIE CULLUM / TWENTYSOMETHING
3 BOB DOROUGH / NOTHING LIKE YOU
4 クレイジーケンバンド / ウォーカーヒルズ・ブーガルー
5 THE DAVE BRUBECK QUARTET / CANTIGA NOVA SWING
6 FREDDIE ROACH / TWO DIFFERENT WORLDS
7 THE DIRTY DOZEN BRASS BAND / I'LL FLY AWAY
8 バンバンバザール / FRIDAY NIGHT エビフライ
9 DAVY GRAHAM / WATERMELON MAN
10 CAL TJADER / I WANT YOU BACK
11 NRBQ / LITTLE FLOATER
12 SETTIE / RIDIN' IN MY CAR
13 MISS ABRAMS AND THE STRAWBERRY POINT 4TH GRADE CLASS / FLOATING AWAY
14 THE LANGLEY SCHOOLS MUSIC PROJECT / BAND ON THE RUN

〈コメント〉
2 英国人若手ジャズ・シンガー。ディカプリオを踏んづけたような顔。
3 マイルス・デイヴィス『ソーサラー』になぜか入っているドロウのヴォーカル曲。
4 『青山246深夜族の夜』収録のライヴ。
5 ジョー・モレロがすごい。
6 オルガン・ジャズ。
7 ニューオリンズの超絶ブラス・バンド。この曲はイアン・マシューズがプレインソングで歌っていた。
8 日本の若手ジャンプ・バンド。ライヴ・テイク。
9 この人を聴かずに60年代の英国ロックがどうのこうの、という話をしても、少なくとも森山の兄弟に対してはなんの説得力もありません。そういう巨人。ハービー・ハンコック作。
10 ジャクソン5のカヴァー。
11 来日記念。初めて買ったQのアルバム『ワイルド・ウィークエンド』より。
12 NRBQのトリビュート盤より。
13 ヒッピー崩れの小学校の音楽の先生が教え子の児童たちと作ったドリーミーな名盤より。泣ける。
14 カナダの小学生60人くらいがロックの名曲を体育館で合唱したものを一発録りした珍盤より。ウィングスのカヴァー。泣けなくもない。

***高嶋***
1 NRBQ / GOD WITH A BLUE DRESS
2 MAPLEOAK / FLYING CIRCUS
3 THE KINKS / BIG SKY
4 PHILAMORE LINCOLN / LAZY GOOD FOR NOTHIN'
5 BRIAN WILSON / CITY BLUES
6 WILCO / HUMMINGBIRD
7 SONDRE LERCHE / ON THE TOWER
8 CALEXICO / CONVICT POOL
9 GOMEZ / WHERE YA GOING?
10 BOB DYLAN / SUBTERRANEAN HOMESICK BLUES
11 KELLER WILLIAMS / MOVING SIDEWALK
12 JACK JOHNSON / HOLES TO HEAVEN
13 JESSE HARRIS & THE FERDINANDOS / BURN
14 CANDY BUTCHERS / NOT SO BAD AT ALL
15 CHRIS STAMEY / THERE'S A LOVE

かいせつ
強引にテンポ上げていっぱいかけちゃいました。
1.5.9.13.15.=> 最近出たばかりの新譜からです。
3.は3枚組リリース記念。
11.は今まで知らなかった事を後悔してます。独りジャム/ミクスチャラー。
bluesってついたタイトルがいいのかな?と考えましたが結局2曲だけ・・・別に関係なかったみたいですが。

***たひら***
1 FONZIE / SORRY
2 DONOTS / ALRIGHT NOW
3 SUGARCULT / HEAD UP
4 NEW FOUND GLORY / FAILURE'S NOT FLATTERING
5 SNOW PATROL / TINY LITTLE FRACTURES
6 SALON MUSIC / MUSCLE DAUGHTER
7 野宮真貴 / ELEGANCE UNDER WAR

***Edgar Franz***
(Band/Song/Album/Year/Country)
1 Hazelnuts Chocolate / むぴょこぴょこ / Bewitched / 2004 / Japan
2 MINISKIRT / Nothing You Can Really Get / Woody Allen Likes Guitar
Pop / 2003 / Japan
3 Copter 4016882 / Mixway / Mickphone / 2000 / Japan
4 Pancakes / Even Together / All Already Ready / 2003 / Hong Kong
5 Pine*am / Rayon Cosmetique / Playing Intense Neutral / 2003 / Japan
6 Linus Blanket / Christmas Train / Semester / 2003 / Korea
7 Capsule / キャンディーキューティー / Cutie Cinema Replay / 2003 / Japan
8 Strawberry Machine / ちいさなおうち / Crazy Kilt / 2004 / Japan

***森山弟***
1 TOM WAITS / Big In Japan (99年)
2 TRAVIS / Quicksand (03年)
3 MIKE D'ABO / Salvation Song (72年)
4 グレイト3 / Chop The Meat (98年)
5 PAUL SIMON / Leaves That Are Green (65年)
6 ALLEN TOUSSAINT / Tim Tam (58年)
7 BEN HARPER / Mama's Got A Girlfriend Now (93年)
8 オリジナル・ラヴ / GOOD MORNING GOOD MORNING (97年)
9 BLUES PROJECT / I Can't Keep From Crying (66年)
10 サニーデイ・サービス / 忘れてしまおう (97年)
11 ザ・ハイロウズ / アメリカ魂 (02年)
12 G LOVE AND SPECIAL SAUCE / Dreamin' (99年)
13 ARTICOLO 31 / Come Una Pietra Scalciata (Like A Rolling Stone) (98年)
14 PIRATES / Drinking Wine Spo-Dee-O-Dee (77年)

〈コメント〉
1 ジャケットのゴリラ(本人)が印象的な実験的アルバム「ミュール・ヴァリエイションズ」より。
2 あくまでイギリス。ある意味XTC。
3 元マンフレッド・マン。でも普通に良質のSSW。
4 5年くらい前に、いらないと言うので兄さんからもらった「Without Onion」より。結局いちばん好きなアルバムです。
5 ついにCD化された「ポール・サイモン・ソング・ブック」より。今年のリイシュー最高作。
6 説明不要、ニューオリンズの首領。
7 カリプソ?隠れフォーキー名盤のファーストより。
8 昔のシングル。もろビートルズなのが楽しい、ごきげんなナンバー。
9 サイケ・ブルースロックのスーパーグループ。アル・クーパーってやっぱすごいのね。
10 蒸し暑いこの季節に、暑苦しい1曲。名盤「愛と笑いの夜」より。
11 おそらく、9.11以降に作られたと思われる1曲。世界平和にいちばん必要なのはやっぱユーモア精神なのかな?
12 サム&デイヴを大胆にサンプリングした、フォーキー・ヒップホップ。
13 ディランの名曲を大胆にカバーした(しかもイタリア語)、変態ヒップホップ。軽くショック。
14 ドクター・フィールグッドがパブ・ロックならパイレーツもそうなんじゃないでしょうか。
 誰かが「グレイトフル・デッドはスタジアムで演るパブ・バンド、NRBQはパブで演るスタジアム・バンド」って言ってました(蛇足)。

*ちなみにぼくはドクター・フィールグッドはパブ・ロックだとは思っていません。(森山兄)

***森山兄***
1 原由子 / 太陽は泣いている
2 前田憲男とプレイボーイズ / 貴方と夜と音楽と
3 ALLEN TOUSSAINT / I'VE GOT TO CONVINCE MYSELF
4 MOSE ALLISON / PLEASE DON'T TALK ABOUT ME WHEN I'M GONE
5 KINGS OF CONVENIENCE / HOMESICK

〈コメント〉
1 筒美=橋本作。いしだあゆみのカヴァー。この曲はピチカート・ファイヴの元ネタでもある。
2 三遊亭円楽のナレーション+ラウンジィなジャズの珍盤。ライナーは横山剣(CKB)。イイネ!
3 ニューオリンズ。ホセ・フェリシアーノもカヴァーしていた曲。
4 最も偉大な白人ブルースマン。
5 露骨すぎるほどサイモン&ガーファンクルなノルウェイのデュオ。ホモかも。


*おまけCD「娘心にブルースを」曲目
1. MOSE ALLISON / BLUES
2. ANNIE ROSS AND ZOOT SIMS / INVITATION TO THE BLUES
3. BETTY CARTER / BABE'S BLUES
4. WODDY ALLEN AND HIS NEW ORLEANS JAZZ BAND / DIPPERMOUTH BLUES
5. EELS / GRACE KELLY BLUES
6. 久保田麻琴 / ワイマナロ・ブルース
7. THE GRAHAM BOND ORGANIZATION / SPANISH BLUES
8. CAL TJADER / TOKYO BLUES
9. THE HI-LO'S / NO MORE BLUES (CHEGA DE SAUDADE)
10. THE HORACE SILVER QUARTET / THE CAPE VERDEAN BLUES
11. JIM JIMNEE / TOWN AND COUNTRY BLUES
12. ヒックスヴィル / バイバイ・ブルース
13. CARL PERKINS AND NRBQ / BOPPIN' THE BLUES
14. THE KINKS / RUSH HOUR BLUES
15. THE BLACK CROWES / HIGH HEAD BLUES
16. STEFAN GROSSMAN / BLUES FOR MR. SAM
17. NITTY GRITTY DIRT BAND / SOME OF SHELLY'S BLUES
18. THE BYRDS / BRISTOL STEAM CONVENTION BLUES
19. ピチカート・ファイヴ / ホームシック・ブルース
20. RUFUS HARLEY / BAGPIPE BLUES
21. DONOVAN / GOLDWATCH BLUES
22. DAVY GRAHAM / NO PREACHER BLUES
23. MOSE ALLISON / OLD MAN BLUES
[PR]
by soundofmusic | 2004-07-25 03:11 | PPFNPセットリスト | Comments(0)