<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

熱の缶詰

ひさしぶりです。ちょっと出てました。

もう2週間くらい前になるけれど、ロブ・ライナー「最高の人生の見つけ方」(邦題はわりとしょーもないが、内容はなかなかよい)を見に早稲田松竹に行ったら、劇中、キャンド・ヒートの「オン・ザ・ロード・アゲイン」がかかっていて、おっ、と思った。というのは、別段わたしがキャンド・ヒートのファンであるとかではなくて、映画の前に見た、ヴェンダース「都会のアリス」の予告編でもこの曲が使われていたから。

で、先週はその「都会のアリス」を早稲田松竹に見に行った。偶然だろうけど、同じ曲が使われているまったく関係ない映画が2週連続でかかるってこともそうそうないと思う。キャンド・ヒートが流れるジュークボックスに、子供がもたれかかるようにして立っている。

ジュークボックスで好きな曲を1曲だけ買う、そしてそれを聴く、あるいはそれを踊る、のは、当然のことながらわたしの(ほぼ)知らない文化なんだけど、どういう気分なんだろう、あれは。などということは、このあいだ、ジュリアン・デュヴィヴィエ「めんどりの肉」でも思ったことだった。なにしろ、豪雨でまいってしまってドライヴ・イン的な食堂にたどり着いたカップルの女が、いきなりジュークボックスにコインを投入して踊りだすのだから(記憶違いかも)。もしかすると現代だと、気に入った曲を1曲だけ配信で買うような行為がそれにあたるのかも……(違うかも)

しかし、「都会のアリス」でいちばん不思議なのは、わざわざ「海外ロケ」してあのような地味な映画を作ってしまうドイツ映画界の体質というか雰囲気というか空気というかで、70年代半ばに日本映画が欧米ロケするとしたら、どうしたって、日本映画界を代表して……みたいな、気合いと気負いの充満したものになるのが普通だったろう。

74年ごろの対ドル為替レートを調べてみたら、まあおおざっぱに300円前後、といったところ。では西独マルクとドルの関係はどうだったか、と調べ始めてみたけれど、マルクをドルに替えて映画を撮るのがどういうことか、を分かるためには、当時のドイツの物価も調べなくてはならなくて、さすがにそれは面倒なのでそこまではしていない。

当時の西ドイツからアメリカの心理的な距離もそれなりに遠かっただろうけど、日本とアメリカとの「遠さ」とは、もうぜんぜん種類が違うなあ、と、へんなところに感心。
[PR]
by soundofmusic | 2008-10-26 20:16 | 日記 | Comments(0)

マイノリティ・リポート・リポート

どうにもこうにも疲労が蓄積されていて、予定が狂いまくったり各方面に義理を欠いたりしていますが、あいかわらず映画は見ているもんだから、説得力がないですね。

今月、何度か通ったのが、日仏学院でおこなわれていた「映画におけるメタモルフォーズ」という特集上映。スピルバーグ「マイノリティ・リポート」、クローネンバーグ「ヒストリー・オブ・バイオレンス」、ブレッソン「スリ」を見ました。

2008年現在、わざわざスクリーンで「マイノリティ・リポート」を見たいひとがどれくらいいるだろうか、と興味本位で見に行きましたが、一応、1ダースくらいはいました。3人とかなんじゃないかと思ってたけど。

特集上映っていろんな切り口がありますけど、こういった、人名とかジャンル以外の切り口のものって、あんまり評判良くない傾向があるのは気のせいか。映画祭なんかでも、見たいものの本数が多すぎると、全部見られないと決まった瞬間にやる気が失せてまったく行かなくなったりするのはよくある話。行けそうなものだけ行く、という選択肢もあるはずなのに。あれか、みんな(自分も含めて)、知らないものに出会ったりとか、ほんとはそんなにしたくないんだろうな。あんまり刺激の強い日々が続くのは、耐えられないものね。知っていることの確認、のあいだに、ちょこっちょこっと知らないことがはさまってるくらいがちょうどいいのかも。

---

9月のPPFNPのセットリスト、完全版になりました。
[PR]
by soundofmusic | 2008-10-12 16:30 | 日記 | Comments(0)

12餃子

土曜日は「黒の試走車」でした。みなさんありがとうございました。やってることはバラバラなのに全体(ゲストの有馬さん含む)を通すといい感じのグルーヴが生まれるという、うまくいったときの「試走車」ならではの味わいが出た日でした。

DJという行為が何なのか、についてはよく考えるんですが、ふと思い当たったこととして、いちばん似てるのは洋服かなと。同じものを身につけていてもそのひとならではのセンスで良くも悪くもなる。むやみに高いものを買って“服に着られてる”ひとがいたり、ずっと同じものを着ていて体になじんできたり、ぱっと見でかっこいいなと思ってもいざ自分が着てみるとなんか違う……となったり、といった現象に値することが、DJでもありますね。

次回の「黒の試走車」は11月1日(土)です。さて、わたしのかけた曲。

01.Mad/小谷美紗子
02.壁のうた/安田南
03.鬼婆/林光
04.Caravan/Cassandra Wilson
05.買物ブギ/酒井俊
06.ゴールドフィンガー/ジョージ川口&ビッグ4
07.祗園小唄/古谷充とザ・フレッシュメン
08.雪やこんこ/白木秀雄
09.(Untitled)/いずみたく
10.ハイウェイの影~罠への挑戦/前田憲男
11.The Hipster/Harold McNair
12.カジノ狂/林有三&サロン'68
13.○と△のうた/小室等

<コメント>

01.SZさんが最後にかけたマイクロスター(へえ、元ナイス・ミュージックなんだ)からうまくつながりました。オルタナなキャロル・キング? 例の如くkさんに焼いてもらったCD。ありがとうございます。

02.「プカプカ」のモデルとなったとも言われている日本の歌手。ほとんどの曲を林光が書いたアルバム『サム・フィーリング』より。

03.新藤兼人監督の映画「鬼婆」の曲。太鼓がドコドコ言っててところどころ叫び声みたいのが入る。映画は、吉村実子の裸が見られるんだったと思う。

04.スタンダード集である新譜より、エリントンの曲。リズムが強調されたアレンジ。

05.笠置シヅ子のカヴァー。ファンク風。ドラムはつの犬(元ヒカシューなど)。このひとは昔、わたしの実家に遊びに来たことがある。

06.007映画の主題歌。ドラム・ソロがすごい。

07.浪花のジャッキー・マクリーン、古谷充(ふるやたかし)による民謡×ハードバップの傑作『民謡集』より。『ファンキー・ドライブ』との2イン1で出てますが、このCDはここ1か月くらいでいちばん驚いた1枚。

08.童謡×ディキシー。『白木秀雄リサイタル』より。

09.蔵原惟繕監督の傑作「夜明けのうた」(今週、シネマヴェーラで上映あり)のサウンドトラックより、浅丘ルリ子が風呂に入るシーン付近でかかっていたディキシー風の曲。映画ではルリ子のスキャットがフィーチュアされていましたが、これは演奏のみのヴァージョン。なお、このサントラは未発売。商品化してほしいひとはThink!Recordsにメールしましょう。

10.福田純監督、田宮二郎主演の映画「3000キロの罠」のサントラ盤より。パーカッション、ヴィブラフォンが入った小じゃれジャズ。田宮二郎って常に眉間に皺がよっているイメージですよね。こないだ見た「ラスト、コーション」のトニー・レオンもそうだったなあ。もっともこれは、見ている最中ずっと、苦みばしったトニー・レオンに「おまえは佐分利信かよ!」って心の中でツッコミを入れておりましたが。

11.濁りフルート。ハロルド・マクネアなんてかたっぱしからCD化すればいいんじゃないかと思いますが、昨年ようやく『ザ・フェンス』がCDになっただけです。同作、Bodyheatから出たオリジナル・ジャケ&ボーナストラック入りのものはさっそく品切れになり(権利関係のトラブルでしょうか?)、現在出回っているのはダサジャケ&ボーナストラックなしのHux盤です。これはBodyheat盤に収録のみにボーナストラック。有名曲なのでいくつかのコンピレイションでも聴けます。

12.アニメ「ハチミツとクローバー」の音楽をやっていたひとだと思います。現代のイージーリスニング/ライブラリー。狙い過ぎなので大好きというほどではないですが。

13.作詞作曲:武満徹。『午後のレフュジー』に収録。武満徹の曲だけを集めたアルバム収録のものとは別ヴァージョンです。

---

日曜日は武蔵境のスイングホールで、オリヴィエ・アントゥネスとヘンリック・グンデ、ふたりのピアニストのコンサート。死ぬほど眠くて、眠りながら聴く。前半と後半でピアニストだけが入れ替わり、ベースとドラムは一緒。ドラムのモーテン・ルンドが収穫でした。キングス・オヴ・コンヴィニエンスのメガネくんみたいなルックスなのに、とてつもなくシャープなプレイ、聴きものでした。

会場で会った宇内さんアヤベさんチームと、駅北口のぎょうざの満洲で夕飯。北浦和のユニオンに行った帰りにはだいたい満洲に寄っていたのだけど、ひさしぶりに行った。餃子12個+ライス+スープで500円、という定食があって、やっぱりこれがいちばんお得に見えるので、それを注文。しかし、大ぶりの餃子を12個食べると、予想通り、飽きてしまうのだけど。
[PR]
by soundofmusic | 2008-10-06 15:57 | 日記 | Comments(0)

普通の人々

わたしの欠点というか特徴のひとつとして、「普通のひと」の動向を気にしすぎる、ということがあって……と書いたら、どこがだよ!とツッコミを入れられそうだけど、実はそのとおりなのです。

「普通のひと」の対極に「趣味のひと」を置いてみた場合、わたしは後者に分類されそうなんですが、ここのところ、たいへん“濃い”映画ファンのひとたちと知り合うことが増えるにつけ、うーん、自分はここまではやれんよなあ、とむくむくと感じるようになってきました。

現象としては「趣味のひと」には見えないとしても、生活している人間ならではの感覚で音楽や映画のライトユーザーであることは可能だと思う。そして折々に接したものに対して的確なジャッジを下していければいいのであって、マニア or 無趣味なつまんねー奴、という二分法は、やめたほうがいい。

そういう、「趣味のひとには見えないけれども実は信頼に足るテイストの持ち主」というのは、当人にしたら別に逃げも隠れもしていないだろうけど、意外なところにいたりする。会社とか。

---

宣伝です。明日です。趣味のよいイヴェントです。PPFNPにも出てくれた有馬さんが2週連続で登場。今回は無理せずアイドル祭りだそうです。

なお、この日、「メスカリート文庫」もあわせて開催。ドリンク3杯以上飲んだ方は、本がもらえるそうです。リストを見ましたが、映画や音楽関係のおもしろそうなものがたくさん。わたしはドリンク10杯くらい飲まなくちゃいけないかもしれない。

*黒の試走車<テストカー> Vol.20*
日時:2008年10月04日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート
地図
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:az/sz/チバ/マジック/森山兄
ゲストDJ:有馬ゆえ
[PR]
by soundofmusic | 2008-10-03 09:02 | 日記 | Comments(0)