<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

脱出

昨日の夕方、仕事帰りの電車に乗っている途中、もう少しで家の近くの駅に着くあたりでTさんから電話があって、Kやんが東京に来ていて今晩のバスで帰るみたいだから3人でご飯を食べないか? と言ってきたので、いいよと返事してそのまま電車を降りずにIまで行き、痴漢が多いらしいS線に乗り換えてAまで行った。

Kやんと前回会ったのはもうだいぶ前で、ゼロ年代のはじめごろじゃなかっただろうか。Kやんのことを思い出すのはいまではたぶん1年に2、3回か、もうちょっと多いくらいで、とはいっても、連絡があって1時間もしないうちに会えるとなると、嬉しいし、もしかしたら、ツイてるというのはこういうことを言うのではないのかとも思った。Tさんありがとう。

Kやんは海外青年協力隊でグァテマラかどこかに行っていて、そこにいたとき、日本から誰かが持ってきただか送られてきただかしていた「an・an」を読んでいたら、少し知り合いだったYさん(わたしもTさんも話したことがある)が、小さな顔写真入りで紹介されていてのけぞった、という話をしていた。この話の面白さは、グァテマラと「an・an」とYさんという3つの取り合わせの微妙さにあって、Yさんが誰だか分からないと何がなにやら、だろうけれど、どうでもいいことなのでイニシァルのままにしておく。もっとも、名前を出してもわからないかもしれないし、知っていたとしても、あの、そのへんにいたよねえYさん、という感じは伝わりっこないはずで、要するにそれはわたしたちの昔話でしかないということです。

Tさんは昔よりも確実に元気になっていて、観察していると、90年代後半からゼロ年代の前半にかけてのTさんは、こういう言い方を軽々しくするべきではないけれど、やはり軽いウツだったんじゃないかなあと思いました。それを華々しく脱出したTさんは、30代を迎える(迎えた?)Kやんに、「30代は10年間ずっと厄年だからね!」と恐ろしいことを言っていた。Kやん、そんなにびびらなくても大丈夫だよ。また東京に来たときに会いましょう。

---

すいません、PPFNPが明日に迫っておりますがこれといって書くほどの話題がないので個人的な話でお茶を濁しました。明日、虎っぽい曲を集めたおまけCDをご用意してお待ちしております。どしどしお越しください。詳細はこちら
[PR]
by soundofmusic | 2010-01-29 11:23 | 日記 | Comments(0)

許されざるもの

d0000025_9223510.jpg気軽に発言できるということは同時に、黙っているとプレッシャーを感じるということでもあって、なにが言いたいかといえば、ここ1週間ほどに見た映画や読んだ本について、なにか軽~くささっと書き留めておきたいと思う自分がいると同時に、あえて言うほどでもなければ黙っていればよい、と感じてもいて、そんなときには「自分メモ」や「備忘録」などと称して、見聞きした作品のタイトルだけを列挙したりするだけでもあっけなく許されてしまうのがインターネットなわけだけど、個人的には、それもどうかと思っていて、はっきり言ってしまえば、自分ではそれをしようとは思わない。

月曜日、風邪気味なのを無理して映画を見に行った。たぶん1月いっぱい、東宝系の映画館では、番号の末尾が1か4(たぶん14で「とうフォー」だから)のお年玉つき年賀はがきを持っていくと当日料金が1000円になるので、喜び勇んでそれを使用しました。誰だかのエッセイで、自分が博多まで新幹線でなんだとかを食べに行ったとき(下関にフグを、だったかも)、乗っている客が全員自分と同じことをしにいくライヴァルに見えた、みたいな一節があったけれど、わたしもわりと同じように考えてしまいがちで、封切られたばかりの新作ですら1000円で見られるんだからみんなそれを利用するに違いない! と思い込んで、開映の40分くらい前に行ってみたら、切符売り場の列に並んでいるのはほかの映画目当ての人たちのほうが多くて、しかも、客層が高年齢の女性中心だったもので、みなさん「シニア」「シニア」言っていつでも1000円でご入場なさっておられた。

わたしの番になったので、これでお願いします! と勢い込んで年賀はがきを窓口に出したら、「割引で1000円になります」といわれ、そこで一瞬、あっそうだ、お金払うんだったわ、とひるんでしまったのを、たぶんお姉さんは職業的なカンのよさで見抜いていたに違いない。とはいえまさか、その年賀はがきが、わたしが実家に帰ったときに、両親が印刷屋に頼んで作って余った何枚かの未使用はがきの中から持ってきたものに自分の宛名を書いてあたかも誰かから届いたもののように偽装したものだということには気付かなかったろう。わたしのところにも10枚くらいはお年玉つき年賀はがきが届き(みなさんありがとうございます)、とすると確率的には末尾1か4のものが2枚くらいはあってもいいはずなのに、なぜか1枚も該当するものがなかったのでそんなマネをするはめになったわけなのですが、ともかく、そうして切符を買ってからしばらくの間、まだ入場することができなかったので寒風に吹かれながら待っていたらすっかり風邪が悪化してしまい、映画の間ずっと鼻をずるずる鳴らしていたもので、周囲からはもしかしたら感じやすい青年みたいに見えていたかもしれない。なお、使用し終わったその年賀はがきは、自分で書いた宛名を砂消しゴムで消して、試写会に応募するために再利用した。経済、経済。
[PR]
by soundofmusic | 2010-01-22 09:23 | 日記 | Comments(0)

心臓破り

ご参加くださったみなさんには少しずつお知らせしているとおり、「サウンド・オヴ・ミュージック」のアンケートの2008-2009年度版を、公開いたしました。なぜだかこれがやたらとめんどくさい作業だという思い込みがあって、いままで先延ばしにしていましたが、いざ始めてみると、コピー→貼り付け→公開、を30回くらい繰り返してさくいんを作るだけだから、それほどでもないのですね。もっとさっさとやっときゃよかったです。

このオンライン版は、紙版と完全に同じではありません。どっちみち、これだけの長文をウェブで読むのはしんどいと思うので(そう思わない新人類もいずれ登場してくるのでしょうか?)、あくまでこちらは参照用という位置づけです。さくいんのページはここです。一気に全部読みたいというひとはこちらですが、異常に大量のテキストが表示されますから、携帯などで見るひとは気をつけたほうがいいです。というか、このブログの初期の表示方式が30記事表示なのですが、もしかしたらこれ、携帯者には不親切ですかね? 逆にわたしは、ディフォールトが1日ずつ表示されたりする式のブログに対して、なにもったいつけてんだよ、と思ってしまうことが多いです。

2009-2010年度版は、現在絶賛受付中です。要項はここにあります。依頼の紙をなくしたひと、なんだかおもしろそうなのでやってみたいと思ったひと、森山と面識なんてなくてもいいので、いきなり回答を送りつけてきなさい。

わたしもいま自分の分を進めているものの、その実、ほとんど進んでいません。どのみち、言いたいことをいかに削っていくかの作業なので、最初のうちは細かい部分にこだわるよりもまずはバサリバサリと大きくハサミを使わなくてはいけないことはわかっているのですが(床屋とか植木屋と同じ?)、なかなかそれができていません。とにかく今回はラストに載ることだけは回避するつもりなので、例年提出が遅いひとは、もしここを見ていたら少しあせってください。なにが言いたいかというと、つまりは早く書き終えて楽になりたい。
[PR]
by soundofmusic | 2010-01-14 21:46 | 日記 | Comments(0)

初忘れ

d0000025_15192168.jpgすっかり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年末年始の休みというものがとくにない仕事場なので、世間とのズレが生じまくってしまいました。ここ数日、年賀状の返事を書かなくてはと思い、コンヴィニで年賀状を探していたのですが、もうさすがに売ってないのですね。それじゃあ、というわけで、90年代ごろにいろいろなところで少しずつもらってきて大量にストックされているポストカード類を使うことにしました。切手も、家にためこんであるものをいそいそと貼ってみました。ひとによっては、天皇陛下ご即位記念の切手になってしまい、いくらなんでもめでたすぎる気もしたものの、こういうことなら度を越してもかまわないですよね? というわけで写真は、2013年の巳年を先取りして、実家近くの雑木林に乱立していたまむし注意の看板です。

正月もアマゾンやらイーベイやらで買ったものが断続的に届いてはいたものの、ようやく昨日、北浦和のディスクユニオンでCDの買い初めを挙行しました。店に行く前に満洲に立ち寄って、通例のダブル餃子定食(餃子12個+ライス+スープ+へんなつけもので500円)を食べて気合いを注入していったせいか、なかなかいい買い物ができました。とはいえ、まだきちんと聴ける状況に至っていないので、感想は省略。めぼしいものは30日のPPFFNPでプレイされるはずなので、そちらをお楽しみに。

とここまで書いたところで思い出したけど、という書き方をするときはだいたい話の都合に過ぎないけれど今回は本当に度忘れしていたのを思い出したんだけれど、すでに買い初めは4日に吉祥寺のユニオンで済ませていたんだったわ。

30日のPPFNPの詳細が出ています。
[PR]
by soundofmusic | 2010-01-09 15:20 | 日記 | Comments(0)

Pure Pop For Now People Volume 76

d0000025_16172913.jpg
2010年01月30日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
地図。

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
yuricotheque
ichi(ムサシノカチューシャナイト)
森山弟(弟)
森山兄(兄、サウンド・オヴ・ミュージック)

「東京がひとつになる日。」

新年最初のPPFNPのお知らせです。今年もよろしくお願いします。にぎやかにまいりましょう。

まずひとり目のゲストは、当イヴェント初登場、テクノとサトエリ好きの主婦の伊藤さんことyuricothequeさんです。マラソン経験がないのにも関わらず、2月末の東京マラソンに豊島区代表として出場が決まっているつわものです。

もうひとりは、3回目か4回目くらいのご出場のichiさん。ムサシノカチューシャナイトの、といまでもつけるべきでしょうか。それとも、もはや「元カチュ」と呼ぶべきなのでしょうか。いずれにしても、「ソフトロックはソフトなロックンロールのことなんだぜ」との名言を残しただけのことはある(ウソです。森山の捏造です)、ソフトだったりメタルだったりするプレイにご期待ください。

おみやげCDは新年第1回の開催の際のおなじみの、干支特集です。虎っぽい曲満載でお届けします。
[PR]
by soundofmusic | 2010-01-06 16:17 | PPFNPイヴェント情報 | Comments(0)