<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

当分わたし

d0000025_311293.jpg先日、とかいってもう2週間くらいたってるけど、阪本正義さんの新居で開かれた飲み会に参加しました。浜田山の駅から、いい感じの並木道とか公園の脇とかを通ってえんえん歩いて、そろそろ「最寄り駅」っていうんでもなくなってきたなと思ったころに到着。夕方から23時過ぎまで呑んで帰ってきて、翌朝起きてみると、自分の部屋に、阪本さんの家にあったはずの、70年代前半のニューミュージック・マガジン10冊くらいと、70年代後半から80年代前半にかけてのプレイガイドジャーナル15冊くらい(もっとかも)が入った紙袋があった。

ニューミュージック・マガジンは現在のミュージック・マガジン。プレイガイドジャーナルは、1971年から1987年まで大阪で発行されていた関西圏の情報誌で、名前だけは知っていたけど実物を見るのは初めて。見かけたこともない気がする。東京の古本屋でも売ってたりするんだろうか、そのへんうといのでわかんないんだけど、とにかく自分にとっては「プガジャ」という略称にすごく大阪を感じるのです。

で、やっていたことがひと段落したので一気読みしようと、NMMの72年12月号をまず読んでみた。当たり前のことだけど、記事の内容も、広告も、文章のテイストも全部当時のものなので、たとえば特定の記事だけを、ウェブだとか、誰かの単著に収録された状態でいま読むのとはぜんぜん印象が違う。四方田犬彦が、映画はそれが作られた場所で見ろ、と言っていて、名物料理とかならともかく……と思わないでもなかったのですが、なるほどこういうことかと。All you need is 文脈なんだと。だから、丸の内でも同じ味のものが食べられるとはいえ、大阪に行ったらインデアンカレー食っとくべきなんだと。

海外アーティストの来日ニュースのコーナー、「チケット」という言葉は使われてなくて、ざっと確認できる限りではまだすべて「切符」だった。この事件を思い出しますね! あと、通常の公演のほかに「鑑賞組織の例会」がある、との表記があったけどこれはファンクラプ・オンリーのイヴェントみたいなもんなのかな? 特集はニューオリンズ、そして来日を控えたスリー・ドッグ・ナイト。ニューオリンズは、アラン・トゥーサンがザ・バンドに参加したり、ドクター・ジョンの『ガンボ』(同年4月米国リリース)があったりして、ロック・ファンの注目が集まっていた時期だったんだろうね。そしてスリー・ドッグ・ナイト……いま日本で彼らの音楽を聴いているひとは何人くらいいるんだろう? ロジャー・ニコルス=ポール・ウィリアムズが作ったこの曲とか、意外といいですよ。

フランスのロックの特集ではニノ・フェレールにも言及されていたり、レコードの広告(拝むように読んでしまう)を見るとレア・グルーヴでおなじみのこれがリアル・タイムで日本盤が出てたなんてことも分かる。こうした先見性……じゃないや、ちゃんと当時紹介されてたことが忘れられがちな現象はよくあることだと思うので頭の隅にとどめておきたい。逆に、ボ・ディドリーの紹介記事での、彼についてのまとまった言及はこれが日本で初めて、みたいな一文には驚かされたり。

2013年の目で見ると、なにぶん昔なので、誌面の使い方がゆったりしてる。どの原稿も本題に入る前に自分の話をしながらエンジンかけてるみたいなところがあるし、アルバムが出るはるか以前のはちみつぱいへの密着日誌に15ページくらい割いているのも、贅沢というかなんというか。

執筆者の顔ぶれは、もちろんこのひと、の中村とうようはじめ、福田一郎、小倉エージ、大貫憲章、北中正和、桜井ユタカ……って、いまでも普通に存命のひとたちが多い。この時点で大貫憲章は21歳くらい、北中、小倉が20代半ば、とうようさんが40代に入ったあたり。福田一郎でも47歳。みんな若かったんだな。

この号の前号だかその前だかで、とうようさんがカントリー嫌いみたいなことを書いたようで、それに対する反論が掲載されていたり、読者からのお便りもほぼその話題ばっかりなのもなんか微笑ましい。

読んでいて気になる名前があったらYouTubeで試聴したりして、結論として、こんなにわくわくしながら音楽雑誌を読んだのはいつ以来だろってことになるわけなのですが、ちょっと倒錯した楽しみという気がしないでもない……そんなわけで当分わたし、あっちに行ってますんで。よろしくどうぞ。
[PR]
by soundofmusic | 2013-04-29 03:13 | 日記 | Comments(0)

Pure Pop For Now People Volume 96

d0000025_9413682.jpg
2013年05月11日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
地図。

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
noirse
甲斐真資 (./irori) New!
森山弟(弟)
森山兄(兄、サウンド・オヴ・ミュージック)

早いもので、新年度を迎えてはじめてのPPFNPです。ゲストDJその1は、論客系ツイッタラーのnoirseさん。一部ではよく知られているアメリカ白人音楽愛好家の側面があらわになる日がついにやってきます。どうぞお見逃しなく。もうひと枠は現在鋭意調整中。決まり次第お知らせいたしますのでお待ちください!

→もうひとりのゲストDJは、トリオ・バンド「./irori」(読み方:いろり)の甲斐真資さんに決定いたしました。ご期待くださいませ。(4/22追記)
[PR]
by soundofmusic | 2013-04-21 09:59 | PPFNPイヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.74

d0000025_9374857.jpg日時:2013年05月04日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:あずまきょういち/チバ/森山兄
ゲスト:せん

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

4月のゲストは、ときどき出てもらっているせんくん。激しく体重を増減させつつも、DJでは一貫してフェミニン&インディなテイストで迫り続けている好漢です。未体験の方はぜひ。なお、今回は森山からのおみやげ配布はございません。むしろみなさまからのGWの旅行みやげに期待しております。よろしくお願いします。

d0000025_2234947.jpg

[PR]
by soundofmusic | 2013-04-21 09:40 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

1/50

d0000025_1644544.jpg以前にも(何度か)書いたかもしれないことをまじえつつ、なんとなくまた書き出してみたいとおもっていま書き始めてみるけれど、森山弟がフェイスブックで、ライヴ見てCDよりよかったなあと感じるのって50回に1回くらい、と書いていて、いやそれいくらなんでも打率低すぎだろーと思ってはみたものの、ライヴ50回というとわたしの場合、おおむね丸2年でそれくらい見る、くらいの回数になる。

で、自分はどうかな、と、ここ1、2年くらいで、ものすごーくよかったライヴを思い出してみるとそれでも4、5回くらいはあったような気がするのでまあそれほどの低打率ではないにせよ、いずれにしても、十全に楽しめなくってむにゃむにゃしながら帰途につくことのほうがはるかに多いのは間違いない。

先週金曜日、ゼップ・ダイバーシティでのウィルコのライヴもそうで、ちらほらと感想を読む限りではさすがウィルコ、格が違う、といった意見が大半を占めていたようだけど、わたしは寝不足だわ具合は悪いわで立っているのもしんどかったし(こっちの都合だけど)、昨年バークレーで見たときの神がかり的な、70年代にザ・バンドを見るのはこういう体験だったんじゃないか、とすら一瞬思わせたようなものはなぜか感じられなかった(演奏のクウォリティが悪かったとは思えないけど)。わたしの場合、耳の代わりに頭の左右に節穴がふたっつくっついてる状態ですからいまいち信用できないかもしれませんが、森山弟も「まあ普通だよね」と言っておりましたので、見逃したみなさん、そんながっかりする必要はなかったんじゃあないでしょうか、と申し上げておきます。

昨日はサムズアップにジム・クウェスキン&ジェフ・マルダーを見に行きまして、あいかわらず具合が悪かったんですがとりあえずオールシッティングの会場だったので立っているのがつらいという事態はなかったものの、前の席にいる宇内さんが背が高いもんでステージが見づらいわ、さらにはスタンディングのときにはあまり現れない睡魔がやってくるわ(立ちながら聴きながら寝てるときも、もちろんあります)で、それはそれでしんどかったです。会場も遠いのもあれですが、たまにしか行かない横浜のユニオンにあいさつできたのでよしとします。

さて、クウェスキン&マルダーですが、クウェスキンは近年の細野晴臣を思わせる着こなし、マルダーは外見が淀川長治(故人)を彷彿とさせました。クウェスキンはうたもギターも達者で安心して聴いていられるのですが、むしろマルダーの不安定さのほうがじんわりあとを引きました。ギターとバンジョーの達者なのは言うまでもないとして、カズー、親指ピアノ、縦笛、ジャグならぬマグカップ(なのかな? よく見えなかった)、そしてうた……つまり弦楽器以外は、ほぼ全部危なっかしい。

そうした、音楽で気軽に遊んでいる感じと、ふとした瞬間に見えるこいつ本当にブルーズが好きなんだなというハードコアな側面と、ふたつが同居しているあたりが興味深かったです。これは想像ですけど、彼は若いころ、ブルースマンにじかに接したわけではなくて、レコードで知ってブルーズにのめりこんでいったクチではないでしょうか? 彼のブルーズは真正なものではないにせよ、それを材料にして学んで/遊んでみる態度の真摯さには疑いの余地はないと思いました。聴きながらふと、ヌーヴェル・ヴァーグの若者たちがサイレント映画の巨人たちに傾倒していた様子を連想したり。

帰り道ずっと、ジェフのアルバム、『イズ・ハヴィング・ア・ワンダフル・タイム』のCDを持っていたかどうか、どうも持っていなかった気がする、なんてことを考えてたんだけど、さっき思い出したのは、彼のアルバムでいちばん好きなのは、夭折のジャズ・コルネット奏者ビックス・バイダーベックに奉げられた『プライヴェイト・アストロノミー』だってこと。ビックスのことを知らないひとにはただひとこと、アメリカのジャズ界における山中貞雄だ、と言っておきますね。

書き忘れていたので追記(4/21):ジェフ・マルダーのひいおじいさんは船員で、日本で亡くなったのかなんなのか(MC聞き取れず)、横浜の外人墓地に埋葬されているのだとか。今回墓参したジェフは、持参したフリッツ・リッチモンドの遺骨の一部をその墓の周りにまいたのだそうで、聞いたときはちょっと感動的な気がしたけど、あとで考えてみると、その行為の意味がよく分からない。
[PR]
by soundofmusic | 2013-04-20 16:47 | 日記 | Comments(0)

船を建てる

d0000025_17183690.jpg日本から見ると、英国のロック・ファンは全員マーガレット・サッチャーの死に大騒ぎしているように見えて、もちろんそんなこともないんでしょうけど、国全体が炎上しているように見えてしまうあたり、やっぱり物理的に比較的小さな国なんだなあとおもう。

とか言っても実際、わたしが初めてイギリスに行ったのは1992年とかそのへんで、だからサッチャー時代っていうのはまったく知らない。それから10年間くらいは、毎年か2年に1回くらいは遊びに行ってて、いまから振り返れば、せっかくだからその金と時間でほかのいろんなところに行けばよかったなあとも思うけど、まあそれはよしとする。

で、最後に行ったのは9年くらい前で、新しい(もう新しくもない)ポンド硬貨もまだ見たことがない。だから最近の様子はぜんぜん知らないけど、90年代初頭を思い出してみると、お店の大半は日曜日は休みだった。当時の「地球の歩き方」とかを見ると、そのことはちゃんと注意が載ってて、だから日曜日は観光日にしなさいみたいに書いてあったはず。そういうことから察するに、80年代までの英国っていうのはある意味で相当、息苦しいところだったんじゃないかと想像されるわけですけど。

東京新聞に、80年代の英国で、サッチャー批判の曲がたくさん作られたって記事が載ってた。モリッシー、ブロウ・モンキーズ。ただしその記事の中に「シップビルディング」も紹介されていたのには、えっちょっと待ってくれよ、と言いたくなった。しばしばエルヴィス・コステロの作として紹介されるこの曲、作曲は元デフ・スクールのクライヴ・ランガー(ランジャー?)、作詞がコステロ。最初に発表されたのはロバート・ワイアットがうたっているヴァージョン。わたしはコステロのもので知った。スウェードやグレアム・コクソンもカヴァーしているけど、どちらもわりとそのまんまです。スウェード、ひさしぶりに聴いたけどあいからわず気持ち悪りぃ。

この曲は1982年のフォークランド紛争(紛争?)に触発されて書かれたものだけど、歌詞の中には固有名詞は出てこない。サッチャーもフォークランドも、造船所のある港町の名前も。ただしもちろんこれを聴いたイギリス人が具体的な名前を思い浮かべることはあるだろう。

それにしてもこの曲の1行目の歌詞、Is it worth it のふたつの it が何なのかは難題だなーとあらためて。すぐあとに続くラインは A new winter coat and shoes for the wife / And a bicycle on the boy's birthday だから、英語のテストだったらそういうふうに答えておけばいいのだろうけど、何が何に値するのかは、あまりにも多義的で、茫漠としている。1982年の紛争(紛争?)は、3月に始まって6月に終わったのに歌詞の中には「クリスマスまでには戻ってくるよ」との一節があるのは、ここからの引用でしょう。というか、一種の慣用表現なのかもしれない。
[PR]
by soundofmusic | 2013-04-12 17:19 | 日記 | Comments(0)