<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0000025_419040.jpgというわけで引き続きグレイトフル・デッドの話。『シェイクダウン・ストリート』を買いました。リトル・フィートのローウェル・ジョージをプロデューサーに迎えた1978年録音。このアルバムとか、ほんと、存在すら最近まで知らなかったからね……タイトル曲はチャラいディスコ・ロックで、いまのわたしの耳にはジャストなんだけど、たとえば10年前に聴かされていたとしてもなんとも思わなかった可能性が高い。でもそもそもまわりに、デッド聴いてる奴なんかいなかったよなあ。

ローウェル・ジョージが関わっているからなのかどうか、ラテンっぽいノリがナチュラルに取り入れられているのも興味深いです。昔から、ラテンっぽい○○、あるいは○○のラテン化、みたいな音楽がやたらと好きで、ここ数年、それはアメリカ音楽に向き合う態度として間違ってない、というか、むしろ唯一絶対的に正しい、ということがわかったりしてきてる。おととしにはサンフランシスコでささやかながらラテン音楽体験もしていて、そのことはここに書いた。

ただし『シェイクダウン・ストリート』を聴いていてぱっと思い込んだのは、LAのバンド、ウォーのこと。まさに彼らもラテンも白も黒もなんでもどんと来いみたいな音楽をやっていたわけで、そしてサンフランシスコよりもLAのほうがラテン色は濃いに違いないし、ウォーとリトル・フィートがLAのどこかの通りですれ違ったこともきっとあっただろう。サンフランシスコとLAは500kmも離れているんだから一緒にするな、と言う前に、カリフォルニア自体をラテン文化の最前線として捉えることができないか考えたい。聖フランシスコ、ロス・アンヘレス。

グレイトフル・デッドはライヴを見ないと本当に聴いたことにはならない、みたいなことを言うひともいそうだし、いやさすがに2014年になってそんなことを言うひとはいないだろうとも思うわけだけど、ここでオウガ・ユー・アスホールの新譜『ペーパークラフト』の話を出すのは唐突だろうか。別にオウガが全盛期のデッドに匹敵するライヴ・パフォーマンスを繰り広げている、と言いたいわけではないし、もしかしたらその域に迫っているのかもしれないけど、どっちにしても確認できない。

それにしても、アルバムに先駆けて公開された「ムダがないって素晴らしい」を聴いて、うわっ、とんでもないことになってるなーと思ったのだった。これはわたしの偏見ですが、ロック・バンドっていうのは、よっぽど気をつけてないと、固定客に向けてみんなでおっきな音を出す合戦になってしまう場合が多くて、そういうものはYouTubeで30秒くらい聴けば充分でありますから、お金を出してCDを買う気になかなかならないわけです。

で、まあ、お金を出して『ペーパークラフト』を買って聴いてみると、1曲目の最初からして、はっとさせられるわけで……ギターとベースとドラムスがくっきり分離して、どこになにが置かれているかよく見える。絵の具の色が混ざって濁ったサイケデリックではなくて、光が重なった、澄んだお吸い物みたいな、その連想でふと思いついたまま書くと、浄土感。アルバムの途中だか最後のほうには鐘だか銅鑼だかの音も入ってた気がするから、そう突飛な印象でもないでしょう。

そして、うたがいままでよりもぐんとこちらに届いてきてる。いままでのアルバムを聴きなおしてないけど、こんなだったっけかな? ヴォーカリストとして成長したとか変化したとかいう感じはとくに受けないけど(悪い意味ではなく)、たぶんバンドの意識は変わったんだろう。とりあえず脱帽しました。このくらいの水準のアルバムが仮に日本で毎月1枚出てるとして、1年間で12枚か。そしたら日本の音楽ってすげえなってことになる。

写真は、タワレコでもらった紙ですが、わたしはスケジュールの都合上、この紙を使うことができない。どなたか欲しいひとがいたら、差し上げます。
[PR]
by soundofmusic | 2014-10-25 04:19 | 日記 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.92

d0000025_0122946.jpg日時:2014年11月01日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:籠/あずまきょういち/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

お待たせしました。11月のお知らせです。今年の開催も残すところあと2回となりました。悔いの残らぬよう奮ってご参加ください。ゲスト様については、現在調整中です。さらにいましばらくお待ちくださいませ。また、ゲストDJ様の自薦・他薦も受け付けております。

d0000025_2234947.jpg

[PR]
by soundofmusic | 2014-10-21 00:16 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

d0000025_18344166.jpg前回書いたとおり、先月新婚旅行その2に行ってきまして、書き忘れましたがこれはわたしと法律上の妻とふたりで行ったわけですが、先週は、わたし、法律上の妻、その両親、わたしの母、わたしの弟(=おなじみのあいつです)という6人編成で八ヶ岳山麓というか中腹の親戚の家に泊まりに行ってきました(わたしの父は家で留守番)。いくらか大げさな言い方をするならば、こういった組み合わせで旅行することはわたしの人生設計の中には含まれておりませんで、とはいえ、もともと想定した上でそういったことになりそうになったら断固拒否するぞ、と決心を固めていたわけではもちろんなく、単にそうした事態を想像していなかったに過ぎません。人間の想像力なんてよくも悪くもその程度なんだろうと思います。

親戚の家というのは標高1300メートルくらいのところにありまして、麓とはだいぶ様子が違っています。もう紅葉が始まっていたりしました。まあそれにしても木というのは見飽きないもんですね。竹橋の東京国立近代美術館に行くと、「眺めのよい部屋」と書かれた矢印があって、なにかそういう名前の頭でっかちなインスタレーションなのかと思って矢印のほうに進んでいくと本当にガラス張りの眺めのよい部屋になっていて、平川濠をはさんで皇居の北側部分が見えます。この景色の中にある木々を観察して、記憶することに一生を費やすのも、それはそれでありだと思えます。そしてその木々の様子を、絵なり写真なり映像なり音楽なり文章なりで表現するとなったらそれはそれで並々ならぬ仕事ですよ。そう考えると、こうした膨大な量の情報に接していながらそれをスルーしてあわてて赤信号渡ったり電車に飛び乗ったりするってどんだけ贅沢な暮らしなんだよってことですよね。

この旅行とは直接は関係ないのですが、グレイトフル・デッドのアルバム『ブルーズ・フォー・アラー』を買いました。これはもっと早く聴いておけばよかった。という言い方も本当はあんまり意味がなくて、別にこれから楽しめばいいんですが、なんでここにたどり着くまでにこんなに時間がかかったのかは、ディスコグラフィーをきちんと眺めてみたらわかった。

というのも、デッドのジャケはだいたい怖いので、怖くないやつから買っていくと、『アメリカン・ビューティー』『ワーキングマンズ・デッド』『ヨーロッパ '72』くらいしか買えないんです。で、70年代半ば、自分たちのレーベルを興してからの作品は、アナログはどうか知らないけど、CDだと、それまでのワーナー期のものと比べると、中古盤の流通量があきらかに少ない。見かけなきゃ気にとめることもないわけだわ。

で、『ブルーズ・フォー・アラー』にいくつかあるキャッチーな曲のひとつ「フランクリンズ・タワー」がめちゃくちゃツボにはまって、こればかり何度もリピートしている。覚えやすいメロディとかかっこいいソロとかおいしいドラム・ブレイクとかがあるわけじゃないけれど、曲全体がどこをとってもバンド・アンサンブルの(私的)理想。左チャンネルのギターは一定のパターンにのっとりながらも、フレーズとしては細かく変化し続けているし、ベースの不定形なうねりはソウルやファンクとよく似ているけれども黒人音楽とはどこか微妙に、そして決定的に違う。バタバタしたドラムス、マッチョ感の希薄なうた、こうしてもっともらしい言葉を連ねてみても、好きだから好き、としか言いようがない。狭いところで身を寄せ合っていて、それでいて窮屈な感じはなくて、家族のような、ひとつの生き物みたいなグルーヴ。1本の木のように美しいから、飽きることなくいつまでも眺めていられる。

えー、ここからなんとか土曜日のPPFNPのお礼につなげようと思ったけど、無理です。つなぎ失敗しました。おかげさまでたくさんのお客様にお越しいただいて、ありがたいかぎりです。お礼申し上げます。DJのぐりとぐらさん、アンディさん、そしてライヴをやってくれた音璃さん、どうもありがとう。音璃さんのうたはときどき発声が独特でしたね。3曲目くらいの、あいまいな理由が云々、の曲は、声だけ遅れて届いてくるみたいなうたい方が面白かった。あとは最後の「ごはん」(これはototogiでやったヴァージョン)ね。これ、物真似しながら歩いて帰りました。

年4回の開催になったPPFNP、今年はこれで最後ですが、11月22日(土)に、綱島のラジウム温泉・東京園で開催されるイヴェント「湯銭浪漫」に、森山兄弟がBGM係として参加します。昼から夕方まで、ライヴあり落語あり紙切りありの盛りだくさんな催しです。もちろん温泉なので風呂にも入れます。真っ黒ですげぇ効き目のありそうなお湯。もろもろ総合的に考えて、お得としかいいようがないので、ぜひとも連れ立ってお越しください。詳細はこちら。以前の「湯銭浪漫」のわたしの感想はこちらです。どうぞよろしくひとつ。
[PR]
by soundofmusic | 2014-10-13 18:36 | 日記 | Comments(0)