<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

禿

d0000025_16352628.jpg土曜日の「湯銭浪漫 Vol.4」、無事終了しました。森山兄弟にて開演前とセット・チェンジのあいだのDJというかBGM係を務めさせていただきまして、不慣れな機材なもんでいろいろと不手際もあったかと思いますが、こちらとしては存分に楽しませていただきました。天気もよかったもんで南東向きのガラス張りの窓からはふんだんに光が入ってきて、最高に気持ちよかったです。

昼過ぎから夕方まで、ライヴ4組、プラス紙切り、プラス落語が次々に繰り出されるもんで、風呂に入ってるスキもなかったですね(わたしは終わってから入りました)。お客さんは100人弱くらい来たのかな。演者の家族とかがこぞって集まってきてたりもして、お子様からお年寄りまで和気藹々と、音楽聴いてたり聴いてなかったりだったから、もしかしたらやってるほうはやりづらかったりもするのかもしれないけど、聴いてるひとはちゃんと聴いてましたよ、と、誰に向けてでもなく言っておきたい。と書いて気付いたけど、もしかしたら自分にとっても、これだけ多くのひとに向けて音楽流したのって初めてかもしれない。いや、小学校の放送部のとき以来か。

主催の檸檬葉のふたりにとって、もはや「湯銭浪漫」がライフワークになってる感じもビシバシ伝わってきました。おそらく来年にもまた企画されるはずなので、今度はまた違った季節の東京園を堪能できることと思います。楽しみ。

写真は上から、女の子の横顔を紙切っている林家楽一/会場の様子(中央右にDJ中の森山弟)/檸檬葉(ウッドベースとギターのサポート付き)/岡沢じゅん(右はいい女っぽく佇む檸檬葉のフミ)、です。そういえばこの岡沢じゅんはすごかったな。よく、「ステージ狭しと駆け回る~」みたいなフレーズがありますが、このひとは、ステージ中を駆け回るだけでは飽き足らず、客席全体を走りながら歌ってた。誰かが「じゅんくんすごいよ、動物園みたい」と言ってたのが印象的でした。ステージ自体必要ないっぽかった。

---

で、なにしろスタートが昼間なもんで、というか当然われわれはその前から会場入りしていたもんで、終わって日が落ちたころにはすっかり真夜中あたりにいる気分だったのですが実際にはまだ18時とかでして、風呂だけ入って打ち上げには出ずに退散、そのまま六本木に移動してネットカフェで1時間寝て酔いを醒ましてから、ビルボードライブで吾妻光良&ザ・スウィンギン・バッパーズを見ました。

ライヴの本数が多くないのと、そもそもマジメに情報収集しているわけでもないのとで、いままで何度か機会を逃し、ようやく今回初めて見ることができましたが、おそろしや、最初から最後まで、(自分にとって)気持ちいい音しか出てなかった。

1曲目、まず吾妻は抜きでバンド(ピアノ、ベース、ドラムス、管楽器10人くらい?)だけが出てきて、エリントンの「昔はよかったね」を演奏。曲の途中、管楽器奏者がひとりずつ順番に立ち上がって短いソロを回す、そのオールドスクールなマナーに、思わず「生きた化石」という言葉が頭に浮かびました。考えてみたら「生きた化石」ってすごいですよね、太古の姿をいまにとどめて、実際に生きて動いているところを見ることができるわけですから。で、その後ステージで繰り広げられたのは、その生きた化石がただ動いているだけではなくてステージ上をビチビチと跳ね回っているところをつかまって腹かっさばかれて活造りになってもまだビクンビクンってのた打ち回ってる、そんな様子。

わたしの書いたものを逐一読んでおられる方は、って、そんなたくさんはいないと思いますが、わたしが日本語のロックに対して、2014年になってもまだ懐疑的、というか、最終的な回答は出ていない問題であるという立場をとっておられることはご存知かと思いますが、って言われても、知らねえよそんなもん、と言い返したいところでしょうがそこはじっとガマンしていただくとして、バッパーズのやりくちを見聴きしていると、あ、これでファイナル・アンサーでいいんじゃないの、日本語のロック、と、わたしのような者でもうっかり思ってしまうわけです。

ベイシー楽団その他でおなじみの、「Did You See Jackie Robinson Hit That Ball?」という曲、もちろんわたしは勉強しましたからジャッキー・ロビンソンがどんなひとかについての最低限の知識は持っていますが、バッパーズはこの曲を、「栃東の取り組み見たか」とやってしまう。思うに翻訳というのはこういうことであって、もちろんロビンソンと栃東は別人ですれけど、原曲の時事ネタ性みたいなものを現代の日本(語表現)にスライドさせたらこうなるってのはそれはそれでひとつの見識であって。そしてなにより尊いのは、尊いなんて言葉は彼らには似つかわしくないのだけれど、ベイシーのことなんかまったく知らない状態で「栃東」を聴いても、楽しむのにまったく問題ないってことです。

吾妻の適度なメンバーイジり、おっさんくさいヒューモア(吾妻曰く、われわれは高齢者ではなくて後期中齢者、とのこと)、力の抜けたプレイ(ドラムスのひとは1曲目の途中ですでに息が上がってるように見えました)、なにからなにまで素晴らしかった。禿頭の吾妻、見た目のダサさとプレイのかっこよさとのギャップは鈴木茂と並び立つなあ。またぜひ見たい。

彼らによる、「クリムゾン・キングの宮殿」の名カヴァーがあがってました。聴いてみてね
[PR]
by soundofmusic | 2014-11-24 16:36 | 日記 | Comments(0)

d0000025_17575931.jpg最後のお願いに参りました! 明日開催、下記のイヴェントに微妙に関係しております。森山兄弟にて開演前のBGMの選曲を担当します。って書いてみると、ほんとに微妙っていうか、うっすらですね。イヴェント自体は内容特濃ですのでご心配なく。会場の東京園は温泉施設であり、料金には入浴代も含まれているので、もろもろのアクトが終わったあとや、なんだったらアクトってる最中にでも、ぜひお風呂にも入っていってください。タオルは持参してくださいね。

『湯銭浪漫 vol.4』
【日時】
2014年11月22日(土)
開場 12:00
開宴 12:30
終演 17:00

【開催場所】
綱島ラジウム温泉「東京園」・2階大宴会場

【料金】
大人 2500円
中高生 1000円
小学生 600円
幼児  無料
※入浴料込み!
※飲食持ち込み大・歓・迎!

【出演者】
檸檬葉(レモンリーフ)
岡沢じゅん
小野一穂
三輪二郎
林家楽一(紙切り)
入船亭扇里(落語)

【予約】
lemonleafinfo@yahoo.co.jp までお名前と人数を必ずご連絡ください

主催者様からは先着40名様に常温の瓶ビールがプレゼントされるそうですが、わたしのほうでも勝手におみやげを用意しました。タワレコのワゴンで叩き売られていた、ロバート・エリス『ザ・ライツ・フロム・ザ・ケミカル・プラント』です。先着3名様ですのでお早めにどうぞ、ではありますが、希望者のみですので誰も希望しなかった場合はいつまでも余っている可能性もあります。

ロバエリは前作『フォトグラフス』が名盤過ぎるので、それと比べるとこの新作はやや地味ではありますが、タダであげますから文句言わずに聴いてみてください。ポール・サイモン「時の流れに」のカヴァーもやってますよ。

それじゃあ明日。
[PR]
by soundofmusic | 2014-11-21 17:59 | 日記 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.93

d0000025_1451323.jpg日時:2014年12月06日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:籠/あずまきょういち/チバ/森山兄
ゲストDJ:安斉(hour musik)

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

2014年最後の試走となります。お忙しい時期かとは思いますが奮ってご来場ください。hour musikの安斉様がゲストDJとして登場予定です。また、トナカイの方、エロ・サンタの方には森山がワン・ドリンク進呈する独自のサーヴィスも実施されます。

d0000025_2234947.jpg

[PR]
by soundofmusic | 2014-11-13 15:02 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

d0000025_133628.jpgすいません、微妙に当日が迫ってきてますので大々的にお知らせ。11月22日(土)開催の下記イヴェントにて、森山兄弟が開宴前およびセット入れ替え時のBGM係をいたします。

『湯銭浪漫 vol.4』
【日時】
2014年11月22日(土)
開場 12:00
開宴 12:30
終演 17:00

【開催場所】
綱島ラジウム温泉「東京園」・2階大宴会場

【料金】
大人 2500円
中高生 1000円
小学生 600円
幼児  無料
※入浴料込み!
※飲食持ち込み大・歓・迎!

【出演者】
檸檬葉(レモンリーフ)
岡沢じゅん
小野一穂
三輪二郎
林家楽一(紙切り)
入船亭扇里(落語)

【予約】
lemonleafinfo@yahoo.co.jp までお名前と人数を必ずご連絡ください

東京園でおこなわれたイヴェントについては以前にも書きました。とにかくいいところだし、飲み物は会場の自販機で安く買えます。食べ物は持ち込んでもらうのがいちばんですけど、手ぶらで来てもそのへんの席から回ってくるので問題なし。音楽あり落語あり紙切りあり、そしてもちろん温泉にも入れる。ここのお湯、真っ黒でびっくりしますよ。せっかくなのでぜひお風呂にもつかっていってください。

主催の檸檬葉のフミさんと話をしていて、今度は紙切りのひとが出るんですすごいでしょみたいな話になって、紙切りのひと、会場からのリクエストに応えてなんでもその場でやってくれるそうなんですが、わたしが「なんか、形があるものならいいけど、抽象的なリクエストされたらたいへんだろうねえ」と言いますと、フミさん「そうそう! 前に見たとき、『初夢』ってリクエストしたひとがいて! どうするのかなーって思ったら富士山と鷹と茄子を作ったの!」と感心していました。それに対して「まあ、普通それしかないよなあ」と思ったことはナイショね。(なんかそんな感じの会話じゃなかったということでしたらスミマセン)

---

っていうか今年の残りもあと50日ないんだね。毎年この時期になるとアンケートっていうのをやってたのが、もうはるか昔の話のように感じます。去年は、いろいろあたふたしていてそれどころじゃなかったのと、そもそも部屋が狭くなって紙を積んでおくスペースどころか紙を折るのに必要なコタツの上の空間すら確保できなかった状態だったので一回お休みにしましたが、では、空間的問題が解消された今年はあれをまたやることができるか? と考えると、いやぁもういいです、という気分。

なのでもう、かつてやっていたような形でみなさまの意見を募ってまとめることは、おそらくありません。聞きたい・読みたい気持ちはおおいにあるので、誰か若くて元気なひとがやってくれるんだったら、なにがしかの協力はしてもいいです。2013年度版をまとめたみたいに、2014年度版のグッドCDについてはたぶんここで書くことと思います。

それじゃみなさん、温泉でお会いしましょう。
[PR]
by soundofmusic | 2014-11-13 13:04 | 日記 | Comments(0)

d0000025_17102112.jpg若杉実「渋谷系」を読みまして、これ、出る前から出たころにかけては、えっそんな本出るんだ満を持して、みたいな期待がほんのり高まっていた気がするけど、世間、意外とその後、実際に読んだひとの感想を目にしない。しょせんは音楽関係の本なんてそんなに売れるもんでもないだろうけど、瞬間的にはなにがしかの力があったムーヴメントだったんじゃなかった? 気のせい? 身びいき? はたまた? と思って読んでみると……うーん。

何度か書いていることだけど、もうはっきり言って、極力、自分が「快」と感じることだけをしていきたいと思う気持ちが日々強くなっている。なるべくなら食事ではうまいものが食いたい、とすら思っていて、これは変化と言ってもいい。読書であれば、見栄を張って難しい本を読むとか、ただ有益な情報が得られる本とか、そういうのはいらない。ただひたすら気持ちいい文章を読みたい。「渋谷系」は、文章がわたしにとっては気持ちよくなかったので、それだけでなにが書いてあろうとアウトでした。

と言い切ってしまうのはフェアではないので、もちろんある一定の意義はある本だ、とは言っておきますが、関係者の証言集でもなく、著者の徹底した私的回想でもない中途半端な構成はあんまり感心しなかった。いちばん「へぇー」と思ったのは、本筋とはあまり関係ない、「ドドンパの言葉の由来は都々逸+ルンバ」というところ。

先週の土曜日の「黒の試走車」のときにゲストで出てくれたひじかたさんにその話をしたら、いまいち反応が薄かったんだけど、それはともかく、ひじかたさんがフライング・キッズをかけていて、「ジャケがダサいんだよね」と言っていたのが面白かった。たしかにこれ、いかにも90年代初期のCDのデザインという感じがする。一瞬、ハー=ユー・パーカッション・グループのジャケに似てる気がするけどよく見るとそうでもないし、90年代初頭にはまだこのアルバムは発見されてなかったと思うのでたまたまでしょう。そう考えると、一部の先端的なものではなくて世の中の平均的なもののデザインってのは、90年代といまと比べるといまのほうが圧倒的にいいんじゃないかと思える。もっとも、そう思ってしまうのは、単にわたしたちがいま生きているのがほかならぬいま、だからなのかもしれないけど。
[PR]
by soundofmusic | 2014-11-04 17:10 | 日記 | Comments(0)