<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

18歳だった

d0000025_2344847.jpg前回の日記で書き忘れましたが、今月の開催をもって、PPFNPはスタートから満18年を迎えたのでした。いつも申し上げておることですが、みなさまどうもありがとうございます。スタート時の資料とか一切アーカイヴされてないので、場所がエッジエンドであったことと、入場料800円(現在まで据え置き中)であったことくらいしか覚えてないです。

ちょうどいまフジロック期間中なもんで思い出しましたが、1997年7月っていうと、富士山の麓では第1回フジロックフェスティバルが開催された月。そして、(たぶん)神戸ではシンリズムくんが誕生(!)。日本音楽界の大小の歴史的転換があった月だったんですね。ちなみにこの月にはほかには、香港がイギリスから中国に返還されたり、ホステス殺害事件で福田和子容疑者が逮捕されたり、してましたね。なんかすごく昔みたい。ちなみに、6月には勝新太郎死去と酒鬼薔薇事件。8月には菅野美穂の写真集「NUDITY」発売。といった出来事がございました。

20年以上使っていたスピーカーを新しいものに買い換えたことは先日書きましたが、レコード・プレーヤーも気がつくと、10年前に7000円くらいで買ったものをそのままずっと使っていたので、さすがにどうにかしたいと思って3倍くらいの値段のものを買いました。普通に考えて最低10年くらいは使えるもののはずなので、高くはない。とまあ、そう考えることができるようになるまでに時間がめちゃくちゃかかってしまった。ちなみにいまでもまだ節約のため、ペットボトルに水道水を入れて会社に持っていってます。ペットボトルの水をお買い上げになるような行動を日々とっておられるみなさんとは、一度じっくり話し合ってみたいと思っています。

ではここで音楽をお聴きください。ピーター・アイヴァースの歌と演奏で「エイティーン・アンド・ドリーミング」。

さてここから先が本題です。買い替えにともなって不要になった、スピーカーとレコード・プレーヤー(写真のもの)、粗大ゴミに出すつもりなので、もし引き取ってくださる方がいらっしゃるようでしたら、無料で差し上げます(取りに来ていただくか、送料負担していただくかで)。以下の製品がキャンペーン対象となります。どちらか片方でも可。

☆レコード・プレイヤー(オーディオテクニカ AT-PL30、2005年新品購入)
☆スピーカー2個セット(TEAC S-500、1992年頃中古で購入)

どちらも完動品ですが、レコード・プレーヤーは一度も針を取り替えていないので(とくに問題なく再生できますが)、そろそろ交換時期かもしれません。ベルトについても同様です。スピーカーは、片方若干接触が悪いです。ただしこれはケーブルのせいかもしれません。あるいは接点復活剤とかで直るかも。

もちろん、オーディオ・マニアの方に差し上げるようなシロモノではないので、いままでミニコンポとかで聴いてたけどもうちょっとグレード・アップしたいとか、あるいは、アナログ盤のプレイヤーを持ってないので欲しい、というひとをおもな対象として想定しています。

スピーカーとレコード・プレイヤーで自分的にはけっこうな出費となったことと、部屋の空きスペースが物理的および心理的にさすがに逼迫してきたことと、以上2点の理由から、8月はまるまる1か月、ユニオンにもアマゾンにも行かず、なにも買わず、ひたすら家で未処理盤の消化に励み、つまんないやつは容赦なく売り払っていきたいと思っています。まあ、1か月は無理でも、せめて半月くらいはがんばりたいですね。
[PR]
by soundofmusic | 2015-07-26 02:38 | 日記 | Comments(0)

木曜日、東京、バラカン

d0000025_837972.jpg水曜日、遅くまで仕事。この時間からではもうやってないだろう、雨も降ってきたし、と思ってまっすぐ家に帰ってきてしまったのだけど、仕事が終わってから現場に行ってもまだ充分に間に合ったみたいだった。木曜日、朝からうすぼんやりとしてしまって、職場にはいたけど、忙しくなかったのでほとんどなにもしなかった。台風で雨になるかもしれないと思い、雨だったら映画を見に行くつもりでいたら天気がもったので、今日がどの程度のものなのかよくわからぬまま現場に向かうことにする。桜田門で地下鉄を降りると、閑散としていて、自分と同じ目的らしきひとは見当たらない。と思ったら、いろいろあってもう口をきかないことにしているNくんが、柱にもたれながら本を読んでいる。CDウォークマンのイヤフォンを外し、歩みは止めず、「これから? 先に行くね」とだけ声をかけて地上に出る。

行くまでは、誰もいないってことはないにせよ、もしかしたら今日はあまり集まっていないかもしれない、とちらっと思っていた。そんなことはなかった。国会前の交差点から国会正門前のほうへ歩き出すとすぐに、歩道の脇の石垣に座っているひとたちが目立ち始める。小さなプラカードを掲げるひと、声をあげずにただそこに座っているひと。正門前へ向かって、自分と同じ方向へ進んでいくひとたちも増えてくる。

歩道は、全体の幅の3分の2くらいが参加者用のスペースとして割り当てられていて、横に並べるのはだいたい5、6人くらいだろうか。カラーコーンとプラスチックのバーで仕切られた歩道の残りのスペースは、途中で帰っていくひとや、人だかりをすっ飛ばして前方に進んでいくひとたちのために空けられている。そして警官たちがびっしりと隙間なく1列で並んでいる。まだなにも起きていないので、彼らの仕事は事実上なにもない。次々に、着実に増えてくる参加者たちに対して、「これ以上前に進んでも前方はいっぱいです、スペースはありません」と繰り返しているが、無視して前進してみると、その言葉がウソであることはすぐにわかった。

正門前まで50メートルくらいのあたりまで行ったところで、さすがにぎっしりとひとが詰まってきたので立ち止まる。着いたのは19時ちょっと前。その時点ではまだ明るかった空は、だんだん暗くなってくる。湿気をはらんだ空気は蒸し暑く不快で、しかしそこにいるうちにだいぶ涼しくなり、暗くなってからまた少し蒸し暑さが戻った。重層的なサウンドスケープ。街路樹にくくりつけられたスピーカーから聞こえてくるスピーチやシュプレヒコール。ドラムの音。参加者たちの合いの手。すぐ脇に立つ警官たちによる整理の声。頭上からのセミの声。時間の経過に伴う温度と湿度と明るさの変化をこんなにリアルに感じたのはひさしぶりかもしれない。

自分がいた時間帯は、途中までは総がかり行動実行委員会の主催で、そのあとはSEALDsの時間になった。福島瑞穂(社民)、小池晃(共産)、鳥越俊太郎、細野豪志(民主)、井坂信彦(維新)のスピーチを聞いたけど、井坂の話がなぜかいちばん印象に残った。「最近毎日のように飲み会に顔を出しているのですが……」と始め、いったい何を言い出すのかと思ったら、いろいろ意見の違うひとたちと話をしているのだと。みなさんも同じ意見の仲間とこうしてデモに来るのも重要だけど、身の周りにいる、違う意見のひとと腹を割って話してみてほしい、と。

SEALDsのひとの話しぶりは、(たしか)細野の登場に対してヤジが飛んだときの、「いろいろ言いたいことはあるだろうけど、ひとまずスピーチを聞いてくれ」というのと、これは誰のときだったか、「野党のみなさんは本当に重大な仕事を担わされているのでよろしくお願いします」的な、臆せぬ物言いには好感を持った。もとよりしゃちほこばった言葉づかいは求めていないし期待もしていない。聞けてよかったのは、「安倍晋三から平和を守れ」「安倍晋三から憲法守れ」というコール。いまそこにある危機が何なのか、を明確に示すよいフレーズで、思わず笑っちゃいました。

とはいうものの、やはりシュプレヒコールが持つ構造的な単純さ=美には、もちろん言っていることも効果も意味もわかるのだけど、決定的に受け入れがたいものがある。最初と最後にちょこっとやればいいんじゃないかとすら思う。そもそも国会前には通行人はいないし、倒すべき安倍晋三は国会の中にはこの時間にはもういない。数千人がおとなしく集まったところで誰にも見えないのでは意味はない。たぶん警察との折衝とかいろいろあってたいへんなんだろうけど。

炎天下から、あるいは自分よりももっと長時間、いたひとには申し訳ないけれど、ひととおりいい話を聞いて満足したし疲れてもきたので、2時間ちょっとで離脱した。行きがかり上、声も出すけど、それよりもむしろ耳を澄ますために、また言葉と音の現場に足を運ぼうと思う。

---

ここから先は関係ない話。写真ですが、伊勢丹の夏ギフト。ピーター・バラカンが、客と直接話したうえで選曲し、10曲入りのCDを作ってくれる。お値段10万8000円。ちらっと見かけた情報だと、アナログ盤から(も?)選曲するらしい。それにしても高いよね。この文章を読んでいるようなあなたには、知り合いか、もしくは知り合いの知り合いくらいに、DJないしはそれに類したことをしている人間がひとりくらいはいるはずなので、そういうひとに頼んで作ってもらうといいと思う。
[PR]
by soundofmusic | 2015-07-19 08:37 | 日記 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.101

d0000025_15303470.jpg日時:2015年08月01日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥、行き止まり部分の扉です。
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:籠/あずまきょういち/チバ/森山兄
ゲスト:まにあ氏(EX.はやかわ)

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

ついにダルメシアン・メイニアのみなさま待望の101回目! 2007年にスタートして、毎月(ほぼ)休まずこつこつやっていたらついにこの日がやってまいりました。ゲストには、まにあ氏(EX.はやかわ)をお迎えします。ダルメシアンっぽいものを持参の方にはワン・ドリンクのサーヴィスがあるかも! 犬だけに! (画像はたぶん台北101)

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

[PR]
by soundofmusic | 2015-07-13 15:31 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

ピュア(オーディオ)メイニアすぎてふるえる

d0000025_1810440.jpg数年前から噂レヴェル→ホームページの求人欄での記載、と少しずつ情報が小出しにされてきていたディスクユニオンの大阪への出店が、正式発表されました。11月かあ。なんか用事作って行っちゃおうかな。とも思うものの、それもどうかという気もしていて。というのは、先月の大阪で、ユニオンのない街ならではのレコ屋文化の豊かさをちらっと見てきたからでもある。いずれにしても開店によってどういうふうに状況が変わるのか、楽しみです。

---

オーディオ機器に対してあまり、というかほとんど、無頓着のままで来たのですが(耳悪いので)、まあそろそろ少しくらい金を使ってもいいだろう、とふと思い立って、スピーカーを買いました。いままで使っていたのは、20年くらい前に質屋で、5000円だか1万円だかで買ったもの。それと比べるとさすがに聞こえ方が違うと思う。もっとも、ピュア・オーディオの世界に親しんでいるひとからすればほんっとうに安物ですけどね。

今回の買い替えによって、我が家のシステムのうちでいちばん古い(そして安い)のはレコード・プレイヤーということになりました。なので、次に買い換えるとしたらそれかな、と思ってネットでいくつか見ていたら、アームレス・タイプ、というのがあったので、なるほどいまそういう方向に技術が進化しているのか、どういう仕組みで音を出すんだろう、と興味津々で詳細を見てみたら、なんのことはない、単にアームが付属してなくて別売り、なだけなのでした。

それにしても、入口に立って中を軽く覗き込んだだけでも、オーディオの世界(というか、それにまつわる言葉)はオカルトだなとしみじみ感じる。信仰であるからにはそこで使うお金はお布施であって、となると、究極的にはどのくらいお金をかけるべきなのかという問いはバカバカしい。出せるかぎり、ありったけ出すのが正しいのだ。

---

PPFNP、あさっての土曜日に迫ってまいりました。

☆Pure Pop For Now People Volume 106☆

■2015年07月11日(土)18時~22時
渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
■800円(1ドリンク&おみやげ付き)
□DJ:Shige/marume/森山弟(弟)/森山兄(兄)
 ・Shige (in your face)
渋谷のBar Faceにて隔月後半の土曜日に開催されるモッズ、ガレージ、ジャズ、サイケなDJイヴェント「in your face」主催。
 ・marume (SONG LINE, florklang)
熊本県球磨郡出身。ラジオに夢中だった中高時代にテクノやインディロックを中心とした音楽に出会い上京して早くも17年。DJとしてSONG LINE@三軒茶屋St.Pax Cafeや渋谷宇田川町の喫茶SMiLEなどでお気に入りの音楽をプレイ中。今年は新たにレーベルを発足予定で、日本やヨーロッパのアーティストを中心としてリリースの準備中。
■ライヴ:ジョー長岡(歌とギター)

時間割は下記のとおりらしいですよ。

18:00-18:30 森山兄
18:30-19:00 森山弟
19:00-19:40 Shige(in your face)
19:40-20:20 marume(SONG LINE, florklang)
20:20-21:00 ライヴ:ジョー長岡
21:00-21:30 森山弟
21:30-22:00 森山兄

なお、森山兄関係の物販もおこなう予定ですので、興味のある方はお金を少し余分に持ってきてください。詳細は現地で発表します。不要になったCDなどではありません(それはそれで買い取られまくりたい)。
[PR]
by soundofmusic | 2015-07-09 18:12 | 日記 | Comments(0)