<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

20年殺し

d0000025_85325100.jpg近年いろんなひとがやってるアルバムまるごと再現ライヴというやつ、とくに魅力も意義も必然性も感じたことがなかったんだけど、8月だかにビルボードでやってたカーネーション『ア・ビューティフル・デイ』の発売20周年記念ライヴ、あまりに評判がよく、また、やってるほうにも手応えがあったみたいでさっそく追加公演が決まり、おおそうか、だったら行ってみよう、と思って、行ってきました(於:下北沢ガーデン、9月27日)。

現在は脱退したギター鳥羽修、ドラムス矢部浩志に加えて、当時のライヴの常連ゲスト・プレイヤーであった鈴木桃子とズーコ(コーラス)、ロベルト小山(サックス、フルート、パーカッション)がひさびさに顔を揃えて、やはり脱退したキーボードの棚谷祐一がいない以外は、ほぼ95年のメンツが再現された感じ。

たぶん92年ごろから90年代いっぱいくらいまでは、カーネーションでの東京でのワンマンはほとんど、とは言わなくても半分以上は行っていたはずなので、思い出そうとすればいろいろ思い出せることはある。ちなみに彼らのライヴは2004年でなんとなく通うのをやめて、次に見たが2011年の面影ラッキーホールとの対バン、そこからまた間が空いて今回、という参加履歴。

たとえば(たしか)クアトロで一度だけ聴いた、マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル「Ain't Nothing Like the Real Thing(恋はまぼろし)」のカヴァー。デュエット相手は誰だったろうか? その日は曲名がよく聞き取れなくて、「リアル・スウィング」に聞こえた。あとで、当時バイトしていたレコード屋で、正しい曲名を調べたんだった。いまでも大好きなこの曲、このときに初めて知った。

たとえばミュージック・マガジンに(たしか)宇都宮美穂が書いた『ア・ビューティフル・デイ』のレヴューに直枝が腹を立てて、ライヴのMCで「ミュージック・マガジンを糾弾せよ!」みたいにあおってたこととか。宇都宮美穂の名前は出してなかったはずだけど。立ち読みしたその文章自体は、さすがに覚えてない。FMウケそうなつるつるした音、みたいな表現があったんじゃないかな。だとしたらそれははずれてはいない気がする。と当時も思った記憶がある。

たとえば(たしか)リキッドルーム(もちろんまだ歌舞伎町にあったころ)でのライヴ。1曲目(違ったかも)の「エド・リヴァー」での直枝のジャズマスター(だったかな)のやたらとヤクザな感じのカッティングのイントロがかっこよかったこと。

たとえば(たしか)『ア・ビューティフル・デイ』を買った翌日かあるいは数日後に、それを聴きながら千葉県のほうにバイトに行ってどこか船橋あたりの駅からバスに乗ったこと。このアルバムが出た95年っていうと、春に大学みたいなものを卒業したものの就職せず武蔵境のアパートに住み続けて、1か月くらいは仕送りしてもらって毎日本を読んでいて、そのままだと気が狂いそうになるので週に2回くらい小金井公園のプールに泳ぎに行ってたわけなんだけど、夏ごろはどうしていたかあまりよく覚えてない。夏にはたしか2回、千葉県のプールにバイトしに行った。みんなが水着でいるプールサイドを服を着たまま歩き回って、プールの利用者にアンケートをとる仕事。1日目は行ったら雨になってひとがぜんぜんいなくて、だもんで別の日にもう一度出直したのを覚えている。この、アルバム買った翌日かあるいは数日後が、プールのバイトのどちらかの日だったのか(たぶんそうだろう)、あるいはまったく関係なく別の用事で千葉に行った日だったのか(千葉にそうそう用事はないだろう)、もしくはそれらのどれでもなくて完全に捏造された記憶なのか、いまとなっては確認できない。

再現ライヴですけど、95年当時の自分のこととかライヴの雰囲気とかを思い出すことは意外なほどなくて、それよりも20年殺しというか20年ぶっ生き返しというか、ここ1、2年、自分がソウル・ミュージックをある程度聴くようになって、当時から親しんでいたカーネーションの曲ががらりと違って響いてくる現象ね、それを生で確認できたのがよかった。もちろん当時も、少しはソウルを買っていたんだけど、その時点では意味がよくわからず、したがって身にもついていなくて、でもそうした昔買ったCDが、最近になってようやく役に立ったりもしている現象は確実にある。だからCDは可能な限り処分しないほうがいいんです。

『ア・ビューティフル・デイ』の全曲をアルバムそのままの曲順で演奏したあとは、ボーナス・トラックとして当時のレパートリーを披露。オリジナル・アルバム未収録の「パーティ」はシングルのカップリング曲だったっけ? まさにいまの自分のモードにぴったりのソウル・ナンバーで、気持ちよく踊ったあとに、大田譲が「この曲はたいへんなんだよ。難しいベース・ラインを書いてくるひとがいるから……」とコボしていたので、ああそういうところまで直枝が指定するのか、と軽くびっくりしたり。

ほぼ唯一、イントロですぐに思い出せなかった曲が「ごきげんいかが工場長」で、これとか、もちろん「夜の煙突」とかの、直枝が20代に書いた曲の爆発する才気+ブルーカラーっぽさっていうのは、鉄工場の息子としては胸に迫るものが、相当に、ありました。こっちも20年分トシくったぶん、向こうも現役バンドとして日々更新/行進を続けてるわけで、たぶん95年の実際のライヴ音源を聴いたら、今回聴いたものとは相当違う音なんだろうけど、だからこそ、こういう企画は、ほんとに、たまーにでいいんだよ。10年に1回くらいで。(と思ったら、『天国と地獄』も20周年の再現ライヴやってたんだったね。興味なかったからスルーしてたわ)
[PR]
by soundofmusic | 2015-09-30 08:59 | 日記 | Comments(0)

リスト Volume 106 2015.07.11 ゲスト:Shige&marume ライヴ:ジョー長岡

***森山兄***

01 The Modern Jazz Quartet / Da Capo
02 Rumer / Travelin' Boy
03 ピチカート・ワン / 美しい星
04 The Dynamics / Shucks I Love You
05 Marvin Gaye / Time to Get it Together
06 Ronnie Laws / Saturday Evening
07 Johnny Mathis / Feel Like Makin' Love
08 Crystal Winds / Lover's Holiday

<コメント>
♪01 クラシックとジャズの間の新しい音楽?を標榜した『サード・ストリーム・ミュージック』より。この曲はジミー・ジュフリーのグループとのコラボです。下記動画の1曲目。(YouTube)

♪02 パキスタン生まれ、英国を拠点として活動する歌手。おもに70年代の男性SSWの曲を中心としたカヴァー集『ボーイズ・ドント・クライ』より。この曲のオリジナルはポール・ウィリアムスですが、アート・ガーファンクルのものが圧倒的によいです。(YouTube)

♪03 小西康陽のソロ・プロジェクト。最近出た『わたくしの二十世紀』より。この曲のヴォーカルは甲田益也子。

♪04 ソウル。渋谷系で元ネタにされてそう。『ホワット・ア・シェイム』より。(YouTube)

♪05 『Here, My Dear(離婚伝説)』より。奥さんに払う慰謝料を捻出するために作られたというエピソードやらに先入観を持たされていて聴かずにきましたが、いやいやこれは名盤でしょ。(YouTube)

♪06 メロウ・フュージョン。『フレンズ・アンド・ストレンジャーズ』より。当イヴェントを始めたときわたしは24歳で、チョッパー・ベースとかフュージョンとかが死ぬほど嫌いでしたが、順を追っていろいろ聴いていくとなんとなくそのへんも受け入れられるようになりますね。(YouTube)

♪07 もともとはユージーン・マクダニエルズが書いてロバータ・フラックが録音した曲。マティスはアメリカの有名ポピュラー歌手で、とくにチェックしてる存在ではないんですが、この曲が入っている『ザ・ハート・オヴ・ア・ウーマン』は、ジョニー・ブリストルがプロデュースしたメロウ盤。たぶん未CD化。(YouTube)

♪08 グループ名からしてよさげなAOR。『ファースト・フライト』より。(YouTube)

***森山弟***

01 Angus & Julia Stone / Heart Beats Slow
02 Belle & Sebastian / A Century of Elvis
03 Linda Lewis / Funky Kitchen
04 Siôn Russell Jones / Bluebird
05 Nikki Lane / Seei' Double
06 Brooklyn Soul Biscuits / Funky
07 Friends from Rio 2 / Escravos Do Jo

***Shige***

01 John Barry & His Orchstra / A Man Alone (Theme From "The Ipcress File")
02 Herbie Hancock / Main Title 'Blow Up
03 Otis Redding / Satisfaction
04 The Yardbirds / Mister You're A Better Man Than I
05 The Midnights / Show Me Around
06 Timebox / Soul Sauce
07 Jackie Mittoo & The Soul Brothers / Ska-culatio
08 Laurel Aitken / Bad Minded Woma
09 Sly & The Family Stone / Family Affair
10 Roy Ayers / Fikisha
11 Gil Scott-Heron / The Liberation (Red, Black & Green)
12 Mother Earth / Mr.Freedom
13 James Taylor Qualtet / Europa

***marume***

01 Guru Guru / Tomorrow (YouTube)
02 Rainbow Arabia / Nothin' Gonna Be Undone (YouTube)
03 Beck / Que' Onda Guero (Remixed by Islands)
04 Klaus Johann Grobe / Wir Zwei
05 Charlotte Gainsbourg / Heaven Can Wait (YouTube)
06 Kate Tempest / The Heist (YouTube)
07 Torres / Cowboy Guilt (SoundCloud)
08 Masha Qrella / Fishing Buddies - James McNew Version (試聴)
09 Masha Qrella / Don't Stop The Dance (YouTube)
10 Sheena& the Rokkets / Harlem Train
11 Minako Yoshida / Black Moon

***ライヴ:ジョー長岡***



***森山弟***

01 オリジナル・ラヴ / 接吻
02 Loretta / The Wonder That You Are
03 Baby Charles / I Bet You Look Good on the Dancefloor
04 Jurassic 5 / Swing Set
05 MANNISH BOYS / 7
06 パイレーツ・カヌー / LOVE SHACK
07 Gacya & Nappo / ハイタイド 

***森山兄***

01 レディオ・シャンハイ / アウェイ・フロム・ジ・アザー・ワールド
02 Lou Reed / Hangin' 'Round
03 Seu Jorge / Na Verdade Nao Ta
04 Esther Philips /Alone Again (Naturally)
05 Rasa / Questions in My Mind
06 cero / マイ・ロスト・シティー
07 Augusto Martelli / Loco Love Motor
08 Gloria Gaynor / Walk on by
09 Shorty Rogers / Swinging Gold Chariots

<コメント>
♪01 00年頃に活動していた関西のバンド。パンクっぽいパワー・ポップのテイストを見事に再現。英語詞。この曲なんかはモロに初期のXTCですよ。たぶん唯一のフル・アルバム『Spur..........?』より。

♪02 軽快なロックンロール。『トランスフォーマー』の4曲目。5曲目の「ワイルド・サイドを歩け」をかけるつもりで間違えてこっちをかけちゃった、という設定でプレイしてみました。(YouTube)

♪03 ブラジルの肉食系シンガー。最新作『ムジカス・パラ・シュハスコ2』より。(YouTube)

♪04 ギルバート・オサリヴァンの名曲の激シブなカヴァー。存在を知って聴くやいなや、すぐに購入手配しました。アルバム『アローン・アゲイン、ナチュラリー』より。(YouTube)

♪05 宗教もののライト&メロウ。名盤『エヴリシング・ユー・シー・イズ・ミー』より。(YouTube)

♪06 現代の東京の若いひとたちのダサさを体現しているバンド。俺の知ってる東京はこんな街じゃないはずなんだけど。いい感じの変拍子。『マイ・ロスト・シティー』より。(Amazon)

♪07 イタリアのひと。最近1000円シリーズで再発された『ブラック・サウンド・フロム・ホワイト・ピープル』より。軽くズンドコしたビートにフルートがからみます。(YouTube)

♪08 黒人アーティストによるバカラック&デイヴィッドのカヴァー集『レット・ザ・ミュージック・プレイ:ブラック・アメリカ・シングス・バカラック&デイヴィッド』より。ディスコ。(YouTube)

♪09 凶暴なエレキ・ギターをフィーチュアしたビッグ・バンドによるゴスペル集『ゴスペル・ミッション』より。未CD化。この曲は「スウィング・ロウ、スウィート・チャリオット」の翻案です。

***おまけCD『Stolen Kisses』曲目***
01 Lucinda Williams / Passionate Kisses
02 Sloppy Joe / With Kisses Four
03 Gregory & The Hawk / Kiss on the Cliff
04 The Bird & The Bee / Kiss on My List
05 Ingrid Lucia / Kiss of Fire
06 Nellie Lutcher / Kiss Me Sweet
07 Jonathan Richman / When She Kisses Me
08 The Christmas Jug Band / I Saw Mommy Kissing Santa Claus
09 They Might Be Giants / Kiss Me, Son of God
10 Red Norvo / I Kiss Your Hand, Madame
11 Caterina Valente / Das Kommt vom Kussen
12 Georgia Gibbs / Kiss Me Another
13 雪村いづみ / キッスとツイスト
14 白木秀雄 / ベサメ・ムーチョ
15 梓みちよ / ボッサ・ノバでキッス
16 Linda Lewis / It's in His Kiss
17 Betty Wright / All Your Kissin' Sho' Don't Make True Lovin'
18 GREAT3 / Kiss To Domino
19 Ben Harper / Steal My Kisses
20 ハナレグミ / 接吻 Kiss
21 Mose Allison / The Kissin' Bug
22 Ida James / Knock Me a Kiss
23 Duke Ellington / Prelude to a Kiss
24 フランツ・フリーデル / デンワでキッス
☆ジョー長岡さんからのリクエストで、キスをテーマにコンパイル。
[PR]
by soundofmusic | 2015-09-24 14:45 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.103

d0000025_19545544.jpg日時:2015年10月03日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥、行き止まり部分の扉です。
料金:500円+1オーダー(500円~)
DJ:あずまきょういち/籠/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

ついに秋も深まる103回目! 半端! 09月は欠席だった籠さんも復帰して、レギュラー4人で回します。どうぞお見逃し&お聴き逃しなく。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

[PR]
by soundofmusic | 2015-09-19 19:55 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

木曜日、東京、涙雨

d0000025_16281379.jpg朝、駅に向かって歩きながらふと、そういや涙雨って英語だとなんて言うんだろう、と思い、昼間はバタバタしてて、21時半近くになって桜田門の駅を降りた。今週だけでも何度か足を運んでいるけれど、こちらの都合で行くのはたいてい遅い時間なので有名人のスピーチなどは終わっているし、何か所かで持続的に声が上がっているけれども自分はあまり加わらず(たまに加わる)、1時間くらいその場にいて帰ってくるだけのことが多い。

昨日ふと、自分にとってこれが何かに似ているとしたら、入院しているひとのお見舞いだなと思った。少なくとも自分は「病原菌排除!」「命を守れ!」とか叫んだりはないし、また、専門的な知見でもって医療行為をおこなうわけでもない。もちろん、からかい半分の気分でその場に行くわけでもない。

そもそもお見舞いに実際的な効果があるのか、と考えてみたら、まあ気分的にゼロではない、くらいのところだろう。その場に行って、しばらくいて、病人が元気だったら世間話をして、もしずっと寝ているようだったらたまに手を握ったりして、あとは窓から外の景色を見たりして、家族やお医者さんにあとをまかせて、帰る。いずれにしても、やむにやまれぬ思いと若干の義務感の入り混じった、そんな気持ちをかかえて、自腹でそこに行くのであって、「素人がいたって仕方ないんだから医者にまかせとけ」だとか、「どこから日当が出てるんだ」と言われたところで、きょとんとするしかない。

とはいえ、そこで見ることのできる景色と、音響の広がりと、肌で大気を感じる体験の豊かさに比べると、惜しいことにそこで聞くことのできる言葉は貧弱で、だからこそ、まだまだ可能性がある。わたしが言っているのは、聞くことのできたいくつかのスピーチではなく、いわゆる「コール」のことで、そこで叫ばれている内容には賛成できるものとできないものとが混在しているのだけど、いずれにしてもしばらく連続して聞いていると飽きてくるし、だからこそ、先頭に立って声を上げ続けているひとのスタミナには感服する。

しかし別に同調する必要はないのだ。何度か通ってみてわかったことだけど、なにもあそこにいるひとが全員同じように考え、行動しているわけではない。ひとがいちばん密集している区画ですら、声を出しているひとはせいぜい3人か4人にひとりくらいに見える。そして、駅から現場に歩いていくとすぐわかることは(行かないと絶対にわからないだろう)、ひとは、一点に向かって密集しているわけではないのだ。通行もまばらな道端に、ただぽつんと座っているひとがいる。石段の上に給電所を開いて、スマートフォンやガラケーの充電をできるようにしてくれているひとがいる。喉を涸らした誰かのために飴を配るひとがいる。スローガンの紙を持ってじっと立っているひとがいる。

たくさんの人間が一斉に同じ方向を向いて、同じことをする状態は、たとえその目的がどんなによいことであっても、よくないことだ、とどうしても思ってしまうので、そうした、直接的に声を上げはしないひとの多さを、いつも頼もしく感じる。と同時に、「コール」以外で、この場にふさわしい言葉があるとしたら(ないと困るんだけど)、それははたしてどんなものだろうか、とぼんやり考えている。
[PR]
by soundofmusic | 2015-09-18 16:28 | 日記 | Comments(0)

Pure Pop For Now People Volume 107

d0000025_11211482.jpg
2015年10月10日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
地図。

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
工藤てつや(in your face)
Nobuya Togashi(Budspackers)
森山弟(弟)
森山兄(兄)

・工藤てつや
レトロな物がすきです。

・Nobuya Togashi
1990年代後半より音楽ライターとして活動。渋谷FM「Sound Painting」のパーソナリティー、有志による不定期のイベント・オーガナイズを経て、現在は、三軒茶屋Orbitにてボーダーレスなチルアウト・パーティ「Budspackers」を2011年より共同主催、外苑前Signにて壁紙音楽をテーマにした「Feed」を2000年代半ばより継続中。音楽周りのグラフィック・デザインも手がける(屋号は「Debris Design」)。
https://facebook.com/nobuyatogashi
https://twitter.com/eucalypso

ライヴ:Gacya & Nappo
唄と、ギター。たった2つで奏でる、シックでドラマティックな、生々しい音の世界。2012年夏に結成、活動スタート。国内コンペティションにてグランプリ受賞のボーカリストGacyaと、数々のステージでのプレイ経験に加え、コンポーザーとしても活躍中のギタリストNappo。別々の道を歩いてきた2人が出会い、新たに動き出した。2013年6月、ファーストミニアルバム「heart you」をリリース。東京音楽シーンを中心に、演奏活動中。

早いもので、今年最後のPPFNPとなります。いくらなんでもまだそんな気分にはなれないと思いますが、世界最速の1年のしめくくりとして、超強力なライヴ・アクトであるGacya & Nappoをお迎えします。とりあえずおふたりの歌う「ろっかばいまいべいびい」に酔いしれたり、フェイスブックに「いいね!」したりしながら、当日をお待ちください。よろしくどうぞ。

ちなみに、いままでの弊イヴェントのセットリストはこんな感じです。どうぞご参考になさってくださいませ。
[PR]
by soundofmusic | 2015-09-08 11:27 | PPFNPイヴェント情報 | Comments(0)

あたらしいぞわたしは

d0000025_15473228.jpgスピーカーとレコード・プレイヤー買ってバカみたいに(自分比)出費した分、節約しよっ! ってことで、8月はCD買わないぞ宣言みたいのをしてはみたものの、自分でもさすがに無理だろって思ってまして、結果としては失敗に終わりましたが、それでも丸々4週間まったくなにも買わずに過ごすことができまして、意外にやればできるもんだなと。

しかしまああれですね、いざ買わないとなると、いままでの自分の行動をあらためて見直す形になるわけで、たとえば新宿なり渋谷なりにいて1時間とか30分とか時間が余ったときになにをすればいいのかちょっと困るなとか、毎週何十通もいろんなレコ屋からメールが届いてたんだなとか、気付かされるわけです。

8月28日にひさびさに禁を破ってユニオン行って、調子こいてそれから4日連続で行ってしまったので8月は結局13枚。それにしても通常の月の半分~3分の1程度の枚数で抑えられました。今月もできるだけがんばってみようかなと思っています。あるいは毎月一定の予算を決めて、その金額以内しか買っちゃダメとか。

4週間ぶりに買った何枚かのうち1枚がgoat『リズム&サウンド』で、これは素晴らしかった。普段、どんな音楽が新しいとか古いとかとくに気にせず生きてますが、これは一聴、うお、新しいな! と耳がびっくりした。

サックス、ギター、ベース、ドラムスという楽器編成は、もちろんとくに新しくはない。ドラムはリムショットが多用されていて、不定期にバスドラが蹴飛ばされ、タムやスネアはごくたまにしか使われない(スネアは使ってたかなあ?)。ギターは単弦にちょろっと触れるだけ、ベースもアブストラクトな音響を発している。サックスも感情や力にまかせてブロウされることは決してなくて、そっと短く音が鳴らされる。リードを震動させずに息だけを吹き込んでいるように聞こえることも多い。その結果、ギターとベースとサックスから出る音は、それぞれどの楽器の音なのか判別できなかったりすることすらある。そんなわけないだろとお思いでしょうが……。

で、全体としては、寸断されたまま走っていくリズムの上を、不定形の音響がえんえんと転がっていくような具合で、と書くとなんだか難しい音楽なんじゃないかとの印象を与えそうですが、ぜんぜんそんなことない。だいたい、難しい音楽っていうのはリズムが一定してない音楽のことなのであって、リズムが気持ちよければうわものがどんなにめちゃくちゃな不協和音だったとしてもけっこう普通に聴けるしわりと踊れるんですよ。たぶん。

現代ジャズのトレンドのひとつとして、機械っぽいリズムをあえて人力でやるっていうのがあると思うんですが、普通だったらそのリズム解釈は音楽の一部として使われるところを、goatはそこだけに特化して純化してしまっている。たとえばceroが最新作でやってることもこれと発想は同じなんでしょうけど(聴いてないのでわかんないけど)、こちらのほうがずっとストイックで官能的で、なおかつ、もうこれはポップスなんだと思いました。ミュージックステーションにEXILEとかaikoとかと一緒に出てもいいくらいのポップス。

ミナトさんと中野さんが先日goatのライヴを見たそうで、演奏が終わるとぐったりしていてとてもアンコールとか気軽に頼める雰囲気じゃない、と言ってました。そうだろうなあ。ceroもそうですけど、バンドって結局、油断してるとすぐでかい音を出すごっこになりがちで、そうしたところから逃れているgoatは本当にえらい。よくもまあこれで行けるって判断くだしたなと、そのジャッジに拍手したいです。

ライヴを一度は見てみたいですが、この『リズム&サウンド』は録音も非常に的確で、これを聴いてるだけでもまったく過不足ないです。
[PR]
by soundofmusic | 2015-09-03 15:48 | 日記 | Comments(0)