<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

私事

d0000025_12324093.jpg私事。わたくしごと。あらかじめなにかの言い訳をするときに使われることが多い言葉のような気がしますが、いろんなひとのわたくしごとを聞いてみたい欲求が、強いのか弱いのかわかんないけど、わたしにはあるみたいだ。

神宮前の建築家会館でおこなわれた小西康陽のトーク「公開ディスクジョッキー:わたくしの二十世紀、二十世紀の音楽」に行ってきた。自分が生まれた年の音楽から、時系列に沿って自分が聴いてきたレコードをかけて、それにまつわったりまつわらなかったりする思い出話をするというもので、言ってみれば究極のわたくしごとだった。または、本人も「小西康陽物語」と言っていたように、他人のレコードを使って書いた自伝。

まずは生まれた1959年、チャック・ベリー「オールモスト・グロウン」と、水原弘「黒い花びら」。こういうふうに並べてみると、「黒い花びら」を同時代のアメリカのソウル・ミュージックと重ねて聴くこともできるな、とさっそく耳が活発に動き出す。

札幌生まれの小西氏は、3歳のころから、両親とは離れて東京の親戚の家で暮らすようになった。そのことは何度も氏の文章で読んで知っていたけれども、理由が書かれているのを目にした記憶はない。そのことについて、家庭の事情的な何かだと思うけど、怖くていまだに訊けていない、と。

子供のころに聴いていたのはTVやアニメの音楽。冨田勲作曲の「リボンの騎士」をかけながら、「シェルブールの雨傘」と「ロシュフォールの恋人たち」のあいだに作られた音楽、と言っていて、なるほどたしかにルグランを感じるアレンジだった(忘れていた)。こういう実例を挙げられると、「自分が子供のころには豊かな音楽が身の周りにたくさんあって……」との回想にも素直にうなづける。

小学生になるとGS。オックスの「オックス・クライ」(作詞:橋本淳、作曲:筒美京平)の、♪僕が一人で寂しいときは ロック踊って泣き真似するの♪という歌詞に衝撃を受けたこと。ゾンビーズ「ふたりのシーズン」やドアーズといった、エレキ・ギター主体でないサウンドにロック観をかたちづくられたこと。

ピンク・フロイドの『原子心母』について、当時はありがたがって聴いていたけどブルースにオーケストレイションをつけただけであることはあとになって気付いた、とのコメントも地味におかしい。

ビートルズを好きになって、両親に電話をして「ぼくはビートルズのことが好きになった」と言ったら、そのときすでに実家には当時出ていたビートルズのレコードが全部そろっていて、カセットテープに録音して送ってくれたとか。どういうふうに感想を伝えようかと思いながらいろいろ聴いているうちにいちばん好きになったのが『サージェント・ペパーズ』だそうなんだけど、これなんか、両親と離れて暮らす小西少年の心細さみたいなものが伝わってきて、なんか切なかった。

ポインター・シスターズ「イエス・ウィ・キャン・キャン」のことを中学校の教室で話していたら、友人の大塚くんが「こんなのはイミテーションだ、本物を聴け」と、ランバート,ヘンドリックス&ロスを教えてくれたエピソード。この話は小西氏の書いたLH&Rのライナーに載っているのでもちろん知っていたけど、すっかり忘れていた。これを生で聞けたのがこのイヴェントの私的ハイライトだったかもしれない。この大塚くんというひとは、中学生のクセにめちゃくちゃ早熟なジャズ・マニアだったそうだ。

この日のトークは、時間の関係で、小西少年が高校を卒業して上京し、ロジャニコのレコードを買ったところで終わってしまう。いわば「小西康陽物語」の第一部に過ぎないわけで、いつかぜひ続きが聞きたい、と思う。

ところでここから先はわたしのわたくしごとになる。この日の昼間、わたしの家の近所の新文芸坐で、前田満州夫「殺人者を追え」という映画を見たら、小西氏も見に来ていた。ここ数年、小西氏はものすごい勢いで旧作日本映画を見ているので、そのこと自体は驚くには及ばない。わたし自身もしばしば、小西氏を目撃している。

昔の映画やドラマだとちょくちょくあるパターンとして、劇中にこれ見よがしになにかの製品が出てきたり、俳優がその製品のことについてしゃべったりするというのがある。「殺人者を追え」という映画はやたらとチキンラーメン推しで、張込み中の刑事が朝からチキンラーメンを食べて「乙なもんだな」と言ったり、刑事がチキンラーメンの営業車に乗り込んでバスを追跡したりする。(ところで黒沢清の「クリーピー」で、プレミアム・モルツのラベルがこっちを向いた感じで映る場面があったが、あれもそれか?)

そんな映画を見た日の夜に聞いたトークで、小西氏がチキンラーメンの話を無理矢理気味にしていたのは、単なる偶然ではない気がする。ちなみに「殺人者を追え」の音楽は宮内国郎だが、トークでは、彼が作曲した「ウルトラマンの歌」(♪胸につけてる/マークは流星~)もプレイされた。

この、ウルトラマンの曲もそうなんだけど、あらためて聴いてみると、自分は音楽を記憶するときにほんとにアレンジとか演奏の細部、音響といったことを覚えていないなあ、と痛感させられたのがこのトークの収穫だった。「ウルトラマンの歌」の、歌に入る直前の短いリフなんか、おそらく「プリティ・ウーマン」とか「ナイト・トレイン」あたりを参照してる気がするんだけど、それもようやく昨日気付いた始末だ。

小西氏がかけた曲は、とくに過度にマニアックなものではなく、当時の英米のヒット曲、日本の歌謡曲やロック、あとは、さほどヒットはしていなくても多少音楽好きであれば耳にしているようなものばかり。だもんでわたしも、完全に初聴きだったものは2、3曲だったんだけど、こういう場合、知っているつもりのものに出会いなおす衝撃のほうが大きかったりする。シュガーベイブ「ショウ」の凝りまくったコーラスや、高田渡「アイスクリーム」のギターのヒップさなんて、どうやったらこれを忘れることができるのか、と驚いてしまうんだけど、でも、やっぱり、すっかり忘れてしまっている。

細野晴臣「チャタヌガ・チューチュー」(鈴木茂「100ワットの恋人」とのカップリングの、プロモ用シングル!にてプレイされた)をかけながらの、細野が参照したカルメン・ミランダノレコードを探しに行った話。あるレコードを聴いて、その源泉になったレコードを探し、そしてまた……といったやり方はわたしにとって基本中の基本だし、森山弟くんにとってもそうだと思う。そして同時にまた、もうそういう時代でもないのかもなあともときどき思う。でもまあ当分、自分はそのやり方の末席を汚し続けるんだろうな。
[PR]
by soundofmusic | 2016-06-30 12:34 | 日記 | Comments(0)

個展

d0000025_3123477.jpgどこで情報を仕入れたかぜんぜん覚えてないんだけど、先日、「黛敏郎個展」というコンサートがあったので行ってきました。10代後半から20代半ばにかけて書かれた6曲の生演奏と、30代の作品2曲(音源再生による)。

オープニングは、暗い中で再生される、電子音楽「オリンピック・カンパノロジー」。さまざまなところの鐘の音を採集してきて、電気的に変調させたり加工したりして作ったものらしいけど、ぱっと聴いただけだと、そんな大層な処理をしているようには思えない。単にテープ・コラージュだと言われてもわからない。数十種の鐘の音を聞き分けることができるこのひとなら、わかるだろうか。

で、この曲が終わると客席からは拍手が起きる。自分はちょっとためらってしまった。もちろん、DJが再生するレコードの音楽に拍手をすることはあるし、映画に対しても拍手をすることはときどきある(関係者などが列席していない場合でも)。しかし、純粋な再生音楽に対してそれをするってのは、なんかもどかしい。思えば、このときも同じような思いを抱いたのではなかったか?

生演奏の6曲は、編成も作風もいろいろバラバラで、前述したとおりの当時の黛の歳を考えると、まあ舌を巻くというほかない。この日、演奏されたうちでいちばん初期の作品「オールデゥーブル」(1947)は、黛は1929年生まれだから、18歳かそこらのときのもの。この日はピアノとドラムスで演奏されていて、第1楽章はブギウギ、第2楽章はルンバ。ジャズ・ファンの耳からすると明らかにスウィング感が不足していて物足りないけど、この曲、東京音楽学校(いまの東京藝大)の課題かなんかで提出されたものらしく、みんなびっくりしただろうな。ちなみに「東京ブギウギ」のレコードが出たのは翌1948年の1月だそうです。

「十個の独奏楽器のための喜遊曲」(1948)は、東京音楽学校の卒業作品。違ってたら申し訳ないですが、フランス風の開放感がある、風通しのよい曲に聞こえた。どこだかの海外のコンクールに出品したものの落選したそうで、それは純粋な出来の問題というよりは別の要因だったのではないか。

で、黛のすごいところは、まったく方向性の違った「スフェノグラム」(1950)を翌年のISCM国際音楽祭に出して、見事入選してしまうところ。この曲は、東南アジア~東アジア的な複数のモティーフを1曲の中にぶち込み、さらには日本民謡風のフレーズや西洋の作曲家っぽいところも顔を出し……といった具合の、キメラなんですが、はたちそこそこでそれを戦略的にやってしまう、できてしまうってのは驚き。この曲には、マーティン・デニーやアーサー・ライマンなんかのエキゾものとも並列にプレイ可能な瞬間があるし、思想的にはそれらを逆照射する細野晴臣らの先駆者でもあると思いました。

1953年には女優の桂木洋子と結婚。結婚式のために書き下ろした曲が、おそらく公共の場では世界初演だろうということで演奏されたんだけど、冒頭が、およそ結婚式にふさわしくないライトな不協和音で、まあ自分のパブリック・イメージをよくわかってる。曲が進むうちにウェディング・マーチかなんかの一節が織り込まれたり、後半は急に快活なテンポになって、指揮者は飛び上がるような動きでタクトを振る。この後半の急速調部分は、たぶん黛が手がけたなにかの映画音楽と共通するモティーフを使ってたと思う。

不協和音といえば、音源再生で披露されたもうひとつが、「0系新幹線車内メロディ」。発車時のジングルです。普通なら、あまり不穏な響きではマズいと思うんだけど、これは若干、旅への不安感をかきたてるような音響だった気がする。

セット・チェンジのあいだには企画者のひとが出てきて解説をはさんでくれて、門外漢の身にはそういうのもありがたかった。黛の音楽について、鋼鉄のロボットのようなかっこよさ、オシャレ、ユーモア、リミックス感覚、みたいなキーワードで説明していた。自分は主に映画音楽の作曲家としての興味から黛が気になってるんだけど、この日の個展は彼の純音楽側に焦点をあてたものとはいえ、自分にも充分楽しいものだった。来年は没後20年なので、たとえば武満と比べるとあきらかにワリを食っている感のある黛が少しでも注目されたらいいと思う。

ところで、ふだんクラシックのことなど完全に忘れて生活しているので、こういうコンサートに行くともらえる大量のチラシは貴重な情報源です。この日も、サントリーホールのサマーフェスティバルの案内が入っていて、おおそうだ、自分は夏フェスのたぐいにはまったく足を運ばないけどこれにはわりと行ってるんだったわ、と思い出し、今年のもブーレーズやメシアンの日に行くことにして、チケットを予約しました。
[PR]
by soundofmusic | 2016-06-13 03:16 | 日記 | Comments(0)

Pure Pop For Now People Volume 110

d0000025_13584388.jpg
2016年07月09日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
地図。

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
pulp(DISCO1990)
sachu(selfservice)
森山弟(弟)
森山兄(兄)

・pulp(DISCO1990)(写真上)
主に80's/90'sのBritpop・NWONW(New Wave Of New Wave)・Indie Rock・ROMO (Romantic Modernism)・Synthpop・New Wave・Punkを好む。Britpop & 90's音楽イベント『DISCO1990』を隔月第1土曜日に渋谷Edge Endにて開催。UK/USロックDJイベント『POPSCENE』@薬酒Bar高円寺、UK音楽&FootballDJイベント『HUSH』@焙煎DISCO茶蔵のレギュラーDJも務める。

・sachu(selfservice)(写真中)
1981年生まれ。東久留米出身。江古田で砂原良徳、DJ KENSEI 、真鍋大度、AOKI takamasa 、スガダイロートリオ、志人、Ametsubなど、多彩なゲストを迎えたパーティ、selfserviceをオーガナイズ。ときどき、DJ。趣味は、歩くこと。 http://selfservice-tokyo.com/

ライヴ:ジョー長岡(写真下)
1970年神戸生まれ。演劇や舞踏の活動を経て、2000年より独自の歌世界を構築し始める。シンガーソングライター、ナレーター、プランナー。世界中の音楽と日本語の、ゆるやかで心地よい融合、力強く可愛いらしい音楽を目指す。インターネットラジオJJazz.Netでは、番組のナビゲーターを務める。

早いもので、今年3度目のPPFNPとなります。毎年申し上げていますが弊イヴェントは1997年7月のスタートですので、今回で満19年。そして、これも恒例ですが毎年7月にはなぜか必ずジョー長岡さんが歌いに来てくれることになっています。このならわしも7回目か8回目くらいでしょうか。

これに来ないことには梅雨は明けませんし夏はやってきません。なお、今回は特別企画として、1997年の第1回フジロックに参加したことを証明できるものをお持ちの方には、森山兄がドリンク1杯ごちそういたします。兄のほうに直接お声がけください。

なお、いままでの弊イヴェントのセットリストはこんな感じです。どうぞご参考になさってくださいませ。
[PR]
by soundofmusic | 2016-06-05 14:20 | PPFNPイヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.111

d0000025_1345252.jpg日時:2016年07月02日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:あずまきょういち/籠/チバ/森山兄
ゲスト:メチャ

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

6月の回が終わるや否や7月のご案内です。ゲストは、今年4月に続いて通算2度目のご出場となりますメチャさん(初登場)です。どうぞお楽しみに。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

[PR]
by soundofmusic | 2016-06-05 13:46 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)