よ う こ そ 

d0000025_241186.jpg東京・渋谷で隔月開催されているノンジャンル系うたものDJイヴェント「Pure Pop For Now People」などに関する情報のブログです。

今、あなたがご覧になっているところは、最新情報などが載っている、いわゆるトップページ的なものです。
最新記事を読むためには、画面の下の方へとお進みください。
初めての方はカテゴリ「このブログについて」をお読みください。

フェイスブックがあります。

ツイッターもあります。


*最近のおことば*(2017/06/24)
○〈視る楽しさ〉あるいは〈風景を楽しむこと〉は確かに誰にでも出来ると言うわけではない。まず都市を前にして、視線を研ぎ澄すこと、それが重要なのだ。 ……松本隆「なぜ(風街)なのか」

*最近の更新*
○02/11 黒の試走車イヴェント情報
○01/16 日記(2018年のグッド音楽
○10/26 日記(よい週末を!
○10/20 PPFNPセットリスト
○7/28 日記(理性と矜持とその他の心性

*PPFNP Vol.121* New!
日時:2019年04月13日(土)18時~22時
会場:渋谷エッジエンド
料金:800円(1ドリンク&おみやげ付き)
DJ:森山弟(弟)/森山兄(兄)/ほか

黒の試走車<テストカー> Vol.142* New!
日時:2019年03月02日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート
地図
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄

☆毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

*このブログの管理者に連絡するためのメールフォームを別画面で開きますか? →まさか!

⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ここから下が最新記事です。 ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒

# by soundofmusic | 2019-12-05 21:56

黒の試走車<テストカー> Vol.142

d0000025_17151444.png日時:2019年03月02日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥正面、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

3月のお知らせです。2月はきょういち&森山兄欠席で失礼いたしました。3月はレギュラー全員雁首そろえてみなさまをお待ちできるかと思います。いいかげん温かくなっていると思いますのでお気軽にご来場くださいませ。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2019-02-11 17:19 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

リスト Vol.120 2019.01.12 ゲスト:Momo Ogaki&加賀琢磨 ライヴ:音璃

***森山兄***

01 Queen / Crazy Little Thing Called Love
02 The Cadillacs / No Chance
03 Megas & Spilverk þjóðanna / Jón Sívertsen og sjálfstæðisbarningur ísfirskra
04 Jorge Drexler / Telefonia
05 Marissa Nadler / You're Only Harmless When You Sleep
06 Larry Carlton / I Cry Mercy
07 Karen Dalton / In a Station
08 Roscoe Robinson / Sell Out to the Master
09 The Milk Carton Kids / Just Look at Us Now
10 サトア / ライト

☆コメント

♪01 クウィーンについてはとくになにか言いたい気持ちはないです。映画も見てないですけど唯一持ってるベスト盤を聴いたら意外によかったですね。ってことでプレイ。(YouTube)

♪02 ドゥワップ。シンプルな音楽ですがなかなかあなどれないですし聴き飽きない。ベスト盤より。(YouTube)

♪03 なんでもこのメガスというひと、アイスランドではビョークやシガー・ロスを知らないひとはいてもメガスを知らないひとはいない、というくらいの有名人だそうで、歌詞がとくにいいのだそうです。1977年のアルバム『Á Bleikum Náttkjólum (Sérútgáfa) 』より。(YouTube)

♪04 ウルグアイ出身の歌手。映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」の主題歌で注目されました。その後もコンストントに活動。2017年度作『Salvavidas De Hielo』より。(YouTube)

♪05 一貫して一貫した世界観を貫き続けているSSW。2018年度作『フォー・マイ・クライムズ』より。いつもと同じですけどいいです。(Amazon)

♪06 後年、フュージョンで名を成すギタリストの初期作『シンギング/プレイング』より。スミス・パーキンス・スミスというひとたちのカヴァーなのでしょうか?(YouTube)

♪07 ザ・バンドのカヴァー。オリジナルは思い出せませんがこのヴァージョンは異様に好きです。『イン・マイ・オウン・タイム』より。(YouTube)

♪08 ゴスペル。『ヒー・スティル・リヴズ・イン・ミー』より。別ヴァージョンですが→(YouTube)

♪09 現代のサイモン&ガーファンクル。初めてバンドと録音した、2018年度作『All the Things That I Did and All the Things That I Didn't Do』より。(YouTube)

♪10 現代日本のギターポップ。ふだん聴かない類の音楽ですがこれはいいですね。女子だからかな。『スリーショット』より。(YouTube)

***森山弟***

01 Eva Cassidy / Kathy's Song
02 Françoise Hardy / Till the Morning Comes
03 The Decemberists / Don't Carry It All
04 King Curtis / The Weight
05 吾妻光良 & The Swinging Boppers / おもて寒いよね
06 BENI / 接吻
07 Travis / Idlewind
08 Eilen Jewell / Queens of the Minor Key
09 Nick Pride & The Pimptones / Waitin' So Long feat. Jess Roberts

***Momo Ogaki***

01 Feeling You / Omar Feat. Stevie Wonder
02 Them Changes / Tundercats
03 Crazy In Love / Aimer
04 8/4 Beat / Bobby Hutcherson
05 Afro Luso Brasileiro / Jazzinho
06 Pimenteira / Hermeto Pascoal
07 Breezy / Wouter Hemel
08 Palos / Willie Bobo
09 Don't You Worry 'Bout A Thing / Jacob Collier

***加賀琢磨***

01 Paulinho Da Viola / Mu Movo Sapato
02 The Latin Souls / The Latin Souls Theme
03 Rene Touzet / Poinciana
04 The Quartette Trés Bien / Shangri-La
05 Mongo Santamaria / Labmba
06 Joe Loco / Oh Yeah
07 The Latin Brothers / Baila Ines
08 Bobby Valentin / Use It Before You Lose It
09 Ray Terrace / You've Been Talking 'bout Me Baby

***ライヴ:音璃***

01 ない、あなた
02 aiaia
03 かまけている
04 満員電車
05 新曲
06 ごはん
07 Chuck E's In Love(カバー)
08 めざめ
09 I say

***森山弟***

01 山崎まさよし / さらば恋人
02 NOKKO / 恋はあせらず
03 Nicola Conte / Free Souls
04 Elizabeth Shepherd Trio / Reversed
05 Bacao Rhythm & Steel Band / 1 Thing
06 COOL WISE MAN / 狼煙 -Dub-
07 井乃頭蓄音団 / 昔はよかった
08 椿屋四重奏 / BURN

***森山兄***

01 Greta Van Fleet / The New Day
02 Celia Cruz / Etc., Etc., Etc.
03 Trio Ternura / Uma Sombra Na Estrada
04 鄒娟娟 / 小小禮物
05 David Clayton-Thomas / Magnificent Sanctuary Band
06 Paul Simon / Pigs, Sheep and Wolves
07 ハイ・ファイ・セット / 真夜中のバイ・バイ・ショー
08 比屋定篤子 / じんじん
09 Ofra Haza / Yachilvi Veyachali
10 黛敏郎 / 蛍の光(アラブの嵐 M-5)

☆コメント

♪01 ツェッペリンのバッタモンみたいなバンド。若いのになかなかいい感じです。『アンセム・オヴ・ザ・ピースフル・アーミー』より。(YouTube)

♪02 サルサの女王。『エトセトラ、エトセトラ、エトセトラ』のタイトル曲。(YouTube)

♪03 ブラジルのコーラス・グループ。『トリオ・テルヌーラ』より。車のエンジン音で始まるかっこいい曲。(YouTube)

♪04 たぶん台湾の歌謡曲。クセになるよね?(YouTube)

♪05 ブラッド、スウェット&ティアーズのひとのソロ。ダニー・ハサウェイのカヴァーのほうが知られていると思いますが、オリジナルはダニーでもこのひとでもない。(YouTube)

♪06 昨年出た、あまり有名でない自作曲をリ・アレンジして再録したアルバム『イン・ザ・ブルー・ライト』より。オリジナル・ヴァージョン→(YouTube)

♪07 ヴォーカリーズっぽいアルバム『1&2』より。(YouTube)

♪08 『風と鱗』より。試聴できるところ見つからず。あいすません。

♪09 このあいだ生まれて初めて聴いたオフラ・ハザ。予定が狂って時間つぶしのために入ったブックオフの280円コーナーで買った『イエメン・ソングス』より。(YouTube)

♪10 毎度おなじみのクロージング・ナンバーです。『日活ジャズ・セレクション』より。(Amazon)

***おまけCD『Hogs, Pigs and Battleships』曲目***

01 ソギー・チェリオス / ぼくはイノシシ
02 The Rutles / Piggy in the Middle
03 Pink Floyd / Pigs On The Wing (Part One)
04 Pink Floyd / Pigs On The Wing (Part Two)
05 John Renbourn / The Wildest Pig in Captivity
06 Nicky Hopkins / Pig's Boogie
07 Grease Band / Willie and the Pig
08 山本耀司 / 豚がすべて
09 Dr. Feelgood / I'm a Hog for You
10 Elvin Bishop / Ground Hog
11 Mountain Mocha Kilimanjaro / Big Pig Affair
12 Kettel / Quickpig
13 Rachael Dadd / Hedgehog
14 コトリンゴ / hedgehog
15 Nellie Lutcher / The Pig Latin Song
16 黛敏郎 / 豚と軍艦
17 Telephone Bill & The Smooth Operators / Boogie Woogie Piggie
18 The Dillards / Groundhog
19 Bonzo Dog Doo-Dah Band / Piggy Bank Love
20 J.S.D. Band / Groundhog
21 The Beatles / Piggies
22 中村八大 / 豚と金魚
23 Ry Cooder / Pigmeat
24 Nina Simone / Gimme a Pigfoot
# by soundofmusic | 2019-01-22 23:49 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

2018年のグッド音楽

d0000025_23203268.jpg遅ればせながら、みなさまあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さっそくですが2018年のグッド音楽です。買った枚数は前年度の3割減。道理で買ったもの全部、それなりにきちんと聴けてる感じがしたわけだ。それどころか、無職で余った時間を活用して、リヴィングに積み重ねてあったCDをひたすら聴いて、自室にしまう作業にも没頭したので、出しっぱなしになっていた数百枚が片付いてだいぶすっきりしました。断捨離、という言葉には下品さしか感じないので自発的に使うことはあまりないはずですが、そうした過程で、数百枚が我が家からディスクユニオンやHMVに移籍していきました。新天地での活躍を祈ります。

買ったものをメディア別に見ると、アナログ(ほぼLP)の割合が微増して、3分の1をやや超えました。ジャンルでは、相変わらずロック離れ・ジャズ離れが進んでいるようです。下記のグッドの顔ぶれから、そのあたりは察していただけると思います。

あと、特筆事項としては、長年それなりに愛聴してきたバンドであるザ・フィーリーズを、フィラデルフィアまで見に行きました。相席になったおじさんたちに結果的にドリンクをおごってもらうことになったのも含めて、いい思い出でした。

―――

以下、2018年のグッド・アルバム12と、その他のグッド。アルバムは●だけがLP(CDも出てますが未入手)で、あとはCDです。

◇:Erasmo Carlos『Sonhos e Memorias 1941.1972』(1972)
●:Larry Carlton『Playing/Singing』(1973)
▽:Eugene Record『The Eugene Record/Trying to Get to You』(1977&1978)
}:ランプ『ゆめ』(2014)
+:Boule Noire『Boule Noire』(1976)
■:アラゲホンジ『はなつおと』(2016)
@:Celia『Celia』(1972)
≠:The Milk Carton Kids『All the Things That I Did and All the Things That I Didn't Do』(2018)
∵:Caetano Moreno Zeca Tom Veloso『Ofertorio』(2018)
§:Earth, Wind & Fire『That's the Way of the World』(1975)
>:Edu Passeto & Gui Tavares『Noite Que Brincou De Lua』(1981)
#:Celia Cruz『Etc., Etc., Etc.』(1970)

◎シングル、その他
・ギロ「アバウ」(2016)
・葉麗儀(Frances Yip)「Chotto Matte Kudasai」(?)(YouTube)
・恬妞(Kelly Tien)「我騎著一部單車」(1979)(YouTube)

グッド12のアルバムについて。

◇:ブラジルでのサッカーのワールドカップ開催だったか、リオ・デ・ジャネイロでのオリンピックだったかに便乗していろいろブラジル音楽が再発されたのに便乗して買ったもの。たぶんそのときに一度くらい聴いて、そのまま放置されていたのが、前述の部屋の片付けにともなって発掘→再評価され、購入から数年を経てグッド入りを果たしました。

英米音楽の強い影響を隠すでもなく、それをポルトガル語のブラジル音楽の中に完全に溶かし込むことに成功している稀有なアルバム。ついつい、同時代の日本でいうとどういう存在にあたる存在だったんだろう、と考えてしまうわけで、ぱっと思い浮かぶのははっぴいえんどですけど、彼らの音楽が日本独自の土着性を持ってるかっていうととくにそんな感じはしないので(いろいろ中略)やっぱりHISはすごかったよねって話になります。

このアルバムを5月か6月くらいに聴き直して衝撃を受けたのを機に、しばらく遠ざかっていたブラジル音楽の棚をまた見始めるようになりました。

●:後年、ジャズ~フュージョン界隈で名を成したギタリストの初期のアルバム。ガンガン弾きまくってるのはたぶん1曲くらいで、内省的な歌ものが大半を占めています。2018年時点から振り返ると、「期せずしていま聴いてちょうどいい感じ」の、「のちの姿からは想像もできないSSWもの」なわけですが、最初から数十年後にそういうふうに発掘されるつもりで狙って音楽をつくるひとはたぶんいないので、当時としてはそれなりに理由や必然性があってできたものなんでしょうね。

ぱっと思い付く類似作品(でもないか)がキース・ジャレットの『レストレーション・ルーイン』。そのあとが続かないですけど、カールトンのこのアルバムのリリース元であるブルー・サムと言えば、ベン・シドランやガボール・サボといったひとたちが在籍していたレーベルですし、まわりを見渡せば、パイザノ&ラフだとかゲイリー・マクファーランド&ピーター・スミス『バタースコッチ・ラム』だとかもあって、軟弱なジャズの土壌はそれなりに広がっていたのかもしれません。もちろん、こうしたことも、当時の人脈としてどうこうではなくて、いま現在のわたしの頭の中(だけ)にある文脈ですけど。

ともかくジャズはもっと解放されてよくて、ただし新しい名前をつけるだけがやりかたではない。ってことで、こういう音楽こそ、「フュージョン・ギターの名盤、堂々の再発!」みたいな帯をつけて、1000円でCD出してください。昔に出てたCDは廃盤で、高くて買えてません(*_*)

▽:シカゴの名門ソウル・グループ、Chi-Litesでリード・ヴォーカルと作曲も手掛けていたひとのソロ1作目と2作目をカップリングしたCD。グループ名の読み方がシャイライツなのかチャイライツなのかは、英語ネイティヴのひとたちのあいだでも意見がわかれているのが確認できましたが、名前の由来が「シカゴの灯」ですから、チの音じゃなくてシの音、シャイライツでよさそう。

そのことと同じくらい気になっていたのが、なんとも印象的なレコードっていう名字が本名なのかどうかってことで、英語版のウィキペディアを見たらとくにそのへんについては触れられてなかったので、ということは本名なんですかね。

シャイライツの売りは、ささくれだったり声を荒らげたりすることのない、ひたすらスムースでスウィートなヴォーカル・ワークでしたが、このソロ作でもそのへんは踏襲されております。77~78年ごろっていうと、いわゆるグッドでオールドなソウル・ミュージックのラヴァーズにとっては、だいぶ時代も下ってきちゃったなーって感じを受ける年代だろうと思うんですが、このへんから82~83年ごろにかけての音像も、リアル・タイムで聴いてたひとがどう反応するかはともかく、いまの耳に再びフィットする状態になってきてると感じました。

ディスクユニオンの値札などだとこうした音楽はモダン・ソウルと称されていて、それがなにかとあらためて考えてみると、非ディスコ的なディスコ音楽、ということになるのかもしれません。つまり、ディスコ音楽のバカにされがちな要素を骨抜きにして、ダンス・ミュージックとして高度に発展したその機能だけを利用しようというのですから、これはいわばディスコの搾取、ディスコ警察からしたらとんでもない話です。

ディスコに惹かれながらも、いくらなんでも全身全霊をかけてディスコ化してしまうのはなあ……という葛藤は、誰にとってもあったはずで、そうした葛藤をうまく解消するための試みが昨今モダン・ソウルと呼ばれる音楽である、かはともかく、わたしはそう受け取っています。勝手に決めつけられてレコードさん、怒ってないといいんですけど。この話は、§のアースさんのところに続きます。

}:今回の並びでいうと、◇のエラズモ・カルロス・ショックの余波でこのアルバムを聴いたみたいに見えますが、実際はこれを買ったのは3月で、◇を聴き直す前のことでした。

どこかで書いた気もしますが、なかなかランプのよさが把握できないまま、ずっと気にはしていて、半年おきくらいに試聴したりしていました。自分の受け取り方の変化によって、彼らの音楽そのものがわたしの耳になじむようになったりはしまいかと思ってのことです。2018年、ついに機が熟して、この『ゆめ』や、新作『彼女の時計』など数枚を購入するに至りました。

なかなか日本語のポップスでは耳にすることのできないブラジル、ミナス風の和声感覚と、ほとんどプログレのようですらある劇的な構造と転調。二度見ならぬ二度聴きすると、あきらかに異様な音楽なのに、表面的な印象はあくまでポップスなのですから、「印象」なんてもんはきわめていい加減なもので、それがゆえに重要なんだなと痛感させられます。

たとえば彼らの曲がイエスによって演奏されらどうなるか。あるいはヴァン・モリソンによって歌われたら。こうした想像は突飛かもしれませんが、ブラジルの田舎のどこかに、高度な技術でキメキメの演奏をするプログレ・バンドがいて、その彼らが、「俺たちめっちゃ演奏上手なのに、ヴォーカルの線は細いし、オリジナル曲がどうしてもブラジルっぽさが抜けないんだよなあ」と悩んでいたとする。そんなバンドの出す音が回りまわってランプと酷似していたとしたら、こんな愉快なことはないじゃありませんか。

+:カナダ、ケベック州出身のブルー・アイド・ソウル・シンガー。ふだんカナダのことなんてまったく考えませんが、このグッド音楽企画では、2017年にレナード・コーエン、2016年にアンディ・シャウフが選ばれており、また、もっと過去にはロン・セクスミスも入ったことがあるはずで、そう思うととたんに親しみが湧いてきます。

デビュー作にあたるらしい本作と、我が家にあるほかの数作はどれもフランス語で歌っていますが、英語のアルバムも出しているみたいです。これはアラバマ州マッスル・ショールズ・サウンドに乗り込んで、ロジャー・ホーキンス、バリー・ベケットらをバックにしての録音。え? ああ、マッスルじゃなくてマスル・ショウルズね。ホーキンスじゃなくてホウキンズ。はいはい、バラカンさん、ありがとうございました。

で、なんでしたっけ。そうそう、で、荒浜のそのへんでの録音と聞くと、なるほどだいたいこんな感じかな、と勝手に音を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょうが、ところがどっこい、メンツからは想像しにくい、いなたさ控えめの洗練されたサウンド。どういうディレクションがなされたのかはわかりませんが、もしかするとこれは、マスル・ショウルズで産み出された中で、最も都会的な音楽かもしれません。

このアルバムが録音された1976年というと、ボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』の年で、それをもってAOR元年とする考え方もあるようですね。でもあれですよ、ちょ、待てよ! はいはい、キムタクさん、飛び入りありがとうございます。虚心坦懐に聴き返してみると、ボズの「ロウダウン」ほどの決定打はないかもしれませんが、アルバムのトータル感ではブール・ノワールも決して負けてない。それどころかむしろ、勝ってるかもしれませんよ。

■:新興宗教に入信して明るくなった真面目な青年、みたいな雰囲気を持つ、民謡ファンク。ではありますが、これまでの音源からさらに幅を広げて、ジャズ的な要素を採り入れた結果、曲によっては「田んぼのシティ・ポップ」みたいになってるのが面白い。民謡ですから笛がフィーチュアされた曲も多くて、結果としてポーグスあたりとも並べてみたい感じもありますが、海外とのつながりとか日本の伝統の再生とかよりも、現代の日本のバンドだなあという印象のほうがはるかに強い。

あれこれ考えてしまうのは、このあいだ生まれて初めてオフラ・ハザのアルバムを買って、けっこう楽しんで聴いているからでもあります。1973年生まれのわたしは、80年代末からのワールド・ミュージック・ブームについては断片的な記憶しかないものの、たとえばマホテラ・クウィーンズがCMに出ていたのは覚えてますし、生まれて初めて見た外タレは渋谷のクアトロでの3ムスタファズ3でした。たしか2日公演で、わたしが行ったのと別の日には細野晴臣やあがた森魚も来ていたはず。いまで言うとceroとかサチモスくらいの、話題のバンド感があったのでは。

同時代の日本にも、そのへんのシーンに呼応していた音楽(まさに言葉そのものの意味での、ポスト=ロック的な)がいくつかありましたが、そのへんのものにあまり深入りすることにはなりませんでした。細野さんの『オムニ・サイトシーイング』なんて、子供には難解だったし、そのころの細野さんはいまみたいに気さくにカントリーとか歌うキャラじゃなかったですよね? コシミハルとのスウィング・スロウですら、いまから振り返るとだいぶ高尚な音楽だったと思います。

かなり話がズレましたが、なにが言いたいかというと、わたしは中村とうようをリスペクトするガキでしたが、(彼の)ワールド・ミュージック志向はピンと来なかったってことです。レコードは売ってりゃいつでも買えるし買えばいつでも聴けるわけなので、余生の課題としたいです。そうそう、いまこうしてこの文を書くまでそんなこと考えもしなかったけど、とうようさんが最近の日本の民謡インディ・シーンを見たら、どんなふうにコメントするでしょうね。仮定の話のついでにもうひとつ書くなら、アラゲホンジをバックに歌う酒井俊なんてのも、見てみたいです。

@:ブラジルの女性歌手。本人の歌の魅力はもちろんのこと、鬼才アルチュール・ヴェロカイが全曲のアレンジを担当しているのが聴きどころ。ヴェロカイは同年、自身のソロ作もリリースしていますが、アレンジのアイディアの豊富さ、迫力、キレ、すべてにおいてこのセリアのアルバムのほうが上回っている。タイトなビート、アッパーなホーン、ロマンティックな弦、ワウなギターに乗せて、ときには奔放に走り回り、ときにはしっとりと語りかけ、さまざまな表情を見せてくれるセリアの歌。ヴォーカリストとアレンジャーの幸福な関係を見ることができます。

さっきからアレンジ、アレンジと書いていますが、このCDには個々の曲の作者以外のクレジットがなく、プロデューサーもアレンジャーも記載されていません。ヴェロカイが全曲のアレンジを手がけているというのは、どこかで読んだのでそう書いています。実質的にはプロデューサー的な仕事もしていたのでは?とも思っていますが、単なる推測で根拠はありません。

ちなみに、ブラジルではよくあることですが、考えるのが面倒なのか、自分の名前をタイトルにしたアルバムを、生涯に1枚だけではなく何枚か出すという現象があり、セリアさんも、1970年にも『セリア』をリリースしています。そこにもヴェロカイは関わっていて、しかし数曲のみの参加なので、やっぱり物足りない。こちらの1972年盤をお買い求めください。両方とも本人の写真のジャケなので口では違いが説明しづらいんですけど、目を開けてるほうが1972年盤です。

≠:テン年代以降に勃興してきたミュージシァンで、森山兄弟の両方から同じくらいの高評価を受けているひとたちってほとんどおりませんで、数少ない例外がこのコンテンポラリー・フォーク・デュオです。あまり大げさな形容は避けるべきと思いつつも、21世紀のサイモン&ガーファンクルと呼びたい誘惑に駆られます。

2019年の年始、これを書くためにあらためてこのアルバムを聴き直しながら、買ったばかりのウェインライト・シスターズやマリッサ・ナドラーを同時に(複数枚いっぺんに、という意味ではなく、並行して)聴いていたら、ひとくちにアコースティック楽器中心のアンサンブルによる歌ものといっても、録音の仕方はさまざまだなあ、とあらためて痛感しました。

彼らは、いままではほぼずっと、自分たちの弾く2本のギターだけをバックにして歌ってきたひとたちで、本作で初めてバンドと一緒に録音をおこなっています。話を聞いたときからもちろん楽しみで、と同時に、なにか変なことをやらかしていたら困るな、との危惧もなくはなく、しかしそれは杞憂でした。各種楽器は彼らのそれまでの音楽を無理のない形で拡張するように注意深く付け加えられていて、なおかつ、ひとつのバンドとしての有機的な意義や滋味もある。ことに、アルト・クラリネットとテナー・サックスの静かな存在感は素晴らしく、一度耳が惹き付けられると、あ、こんなところにも入ってた、またここにも、という感じで、「ウォーリーをさがせ!」みたいに楽しめます。

ところでサックスで思い出したのは、たしか90年代後半ごろのスティーリー・ダンのインタヴューでの発言です。曰く、サックスは電気を使わないアコースティック楽器だからって別に「自然」ではなく、テクノロジーの産物だからね、みたいな内容でした。そういえば、「耳をすませば」のギバちゃんも、里山の水田地帯をドライヴしながら、その景色の人工性について似たようなことを言ってましたね。何度聴いても疲れないこのアルバムの音像の自然さ、あるいは不自然さについて、あらためて考えてみたいです。

わたしにとっては、本作と次項のカエターノ親子が2018年のアコースティックな歌ものの決定打でしたが、ぱっと見た範囲だと、どちらも各種の年間ベスト10なんかには入ってないみたいですね。このあいだたまたま、ある海外メディアの2018年ベスト・フォーク・アルバム20選という記事が目にとまり、知らないものは軽く試聴してみたのですが、欲しくなるようなものは見当たりませんでした。総じて、自分の限度いっぱいまで吐き出しきるというか、歌い上げすぎ。「アリー/スター誕生」の予告篇のガガ様もそうなんですが、なんであんなに声を張るんですかね。音楽に余裕がなくってどうするんでしょうか。まあ、もうそういう時代ではない、ってことなんでしょうね。

ところで、2017年秋、オハイオ州シンシナティまで彼らのライヴを見に行ったときのことが、こちらに少しだけ書いてあります。プロモーター的な仕事をなさってるひとはぜひご一読のうえ、日本でも見られるようにしてください。フェスは行きませんので、単独公演を希望です。

∵:無職時代におこなわれたCD棚の小整理の結果、我が家にはカエターノ・ヴェローゾのCDが数十枚あることが判明し、同時に、内容を思い出せるものがそのうちごくわずかであることにも気付かされました。ていうか、半分くらいはよくわからない音楽かも。

このアルバムは、カエターノが息子たち3人を従えておこなった公演を録音した、いわゆるライヴ盤です。おそらく後年の歴史家からは、晩年の代表作、と位置付けられる系の1枚。もしいますぐカエターノが死んだりすれば、悲劇的に神格化され、またたく間に伝説的な名盤扱いされるのでしょうが、さすがにそこまでは望んでおりません。しかし、いくらなんでも日本盤が出てないのはどうかと思いますが、もうそういう時代ではない、のでしょうね。(そういえば前項のミルク・カートン・キッズも、日本盤はまだ出たことがなかったはず)

アコースティック楽器を基調にしたシンプルな編成で、多くの曲では気持ちのいいコーラスが聴けます。この心地よさはどこから来るのか。コーラス自体が優れているのか、それとも単に、全員、血縁。ならではの声質の近似による快感なのか。そのへんはちょっとわかりませんが。

普通、ライヴ盤というと、すでにそのミュージシァンの音楽に親しんでいるひとが聴くものという印象がありますが、これについては、カエターノのカの字も知らないひとがいきなり聴いてくださっても、大丈夫です。ま、いきなり聴いてダメな音楽ってのは、ないわけですけど(いや、あるか)。あと、カエターノのカの字くらいは、知ってて損はないです。

§:2018年、西荻窪にあるバー、ぱいあろっかで月イチくらいで開催されている、名前のないDJイヴェントにDJとして参加するようになりました。あれこれ収穫があった中でも、宇宙化してチャラくなる前のアースのよさをひじかたさんから教えてもらったのはありがたかった。

76~77年ごろ以前の彼らのアルバムは、タイトルもジャケも見覚えのないものばかりで、それからユニオンに行くたびに気をつけていると、そのへんのアルバムも、しょっちゅうではないですが、ときどき売ってる。あれば安いので、集中的に買い求めています。あとから年代を追って聴くとわかることというのはあるもので、真面目ではあるが個性に欠ける初期のサウンドと、チャラくなってからのメロウな歌ものと、どっちが魅力があるかっていうとやはり後者なわけです。

とはいえ、あまりにキャッチーで享楽すぎる彼らのヒット曲は、やはりソウル警察とファンク警察の合同捜査によって、踊りながら取り締まらねばならないでしょう。ということで、めちゃくちゃシャープな切れ味はそのままに、申し分ないキャッチーさも獲得したこのアルバムあたりが、ギリ逮捕もされず、いちばん聴いていて気持ちいいかなと。

ところでこのアルバムは近所のユニオンで買いました。従来の色別割引のほか、ときどき、色限定で、999円以下は半額とか、499円以下は一律100円とかのセールがあって、活用させてもらいました。これはそういう機会を利用して、100円で購入。ほかに、2018年に100円で買ったCDとしては、ウィリー・ネルソン『スターダスト』も素晴らしかったです。どちらも一生聴ける。

……あ、色、っていきなり言われてもわかんないですよね。すみません。

>:1981年当時、インディーでリリースされ、おそらく当時はごく限られた流通しかしなかったと思われる、ブラジルのフォーキー・ソフト・ロック。たぶん2018年、英国のファーラウトが発掘して、無事我が家にも届きました。

ところでわたしは、ソフト・ロックという言葉には、90年代になんとなくイヤな印象を受けた気がしていて、だもんで、積極的に/良い意味で使うことはほぼないはずです。だからこのアルバムについても、ミナス風インディー・フォークとでも呼べばそれでいいかなとも思っています。

少しずつ話をズラしますが、自分がブラジル音楽のレコードをいちばん買っていたのはたぶんゼロ年代半ば頃でした。いまではすっかり利用しなくなりましたが、イーベイでいろいろ入手して、ブラジルからの空輸もけっこうしたものです。で、何年間かで熱はいったん収まって、最近また熱が増してきてますが、10年前と今回とでなにが違うかというと、リズムやグルーヴ的なことに興味を感じていた前回に対して、今回は、曲展開とか和声の面白みのほうにより強く惹かれている、と言えばいいでしょうか。

そもそも10年前は、ミナス感ってのがよくわかってなかった。とはいいつついまでも、ミナスの親玉ともいうべきミルトン・ナシメントの魅力があまり理解できてませんので、わたしにとってミナス感といえば、ロー・ボルジェスの『ア・ヴィア・ラクテア』になるのですが。いずれにしても、どこの誰がマネしてもかまわないはずなのに、世界のこの地区にだけ(ってこともないけど)分布する独自の浮遊感を持ったハーモニー、音楽的固有種って感じがするのがすごく不思議です。

#:ここ数年、以前よりも意識的にサルサの音源を買うようになり、といっても歴史の流れが頭に入ってるとかそういう段階にはまだ達してないんですが、なんとなくわかってきたのは、サルサという音楽はそれ自体は高度に発展したフォーマットなのに、あるいはそれがゆえに、個々の曲はどれもなんとなく似通って聞こえるというディレンマ構造があることでした。

もっと金を使って、真面目に聴くことによってブレイクスルーが訪れることを期待しています。余生はスペイン語の勉強をして過ごしたい、との希望をここで書いたことがあったか忘れましたが、地味に独学を続けていまして、しょーもないサルサのレコードを買ってしまったときもスペイン語の教材だと思うことで乗り切れるようになりました。気持ちの経費で落とせるみたいな。おすすめです。

あてずっぽうに買っていると何十枚かに1枚くらい、突発的によいものはあって、これがまさにそれでした。すでに数枚持っていたセリア・クルスのアルバムにとくに強い印象は受けてこなかったのに、これの1曲目、タイトル曲のパンチの利いた歌声には、スペイン語がダイレクトに耳に飛び込んできて、歌詞がすべて理解できているような錯覚すら覚えました。ラテンの哀愁をたっぷり含みながらも過剰なベタつきを抑えた、リノ・フリアスのバンド・アレンジが見事。「シュガー・シュガー」(アーチーズ)のカヴァーは、ドラムがやたらとドタバタしてかわいらしいです。

―――

シングルとその他部門について。

ギロは3曲入りシングル。そのうちアルバムが出たらそれに入るだろうと積極的に買わずにいたのですが、たまたま行ったお店でレジの前に売ってて、これもなにかの縁かなと。内容的には言うまでもない。現代日本でもっとも独自で、もっとも最高なバンドのひとつでしょう。早くアルバムが聴きたい。

1月に台湾(7度目)と香港(初めて)を訪れたのを機に、ようやく中華圏のポップスに手を出し始めて、新しいジャンルにとっかかるときの投資の苦労と喜びを味わいました。アルバムでもいくつかいいものがありましたが、とくに忘れ難かった2曲を。

「チョットマッテクダサイ」は、ここにちらっと書いたとおり、つくられてからわたしの耳に入るまで、なかなか複雑な経路をたどっています。香港の歌手、フランシス・イップのこのヴァージョンがいつごろのものか、ちょっと調べた限りでは不明なんですが、あきらかに『ペット・サウンズ』あたりの影響下にあるアレンジと、適度にドラマティックな歌唱との塩梅がすばらしい。

「我騎著一部單車」はYouTubeで知った曲で、台湾の歌謡曲ではいまのところいちばん好き。ピンク・レディーの「キャッチ・リップ」のカヴァーであることに気付いたのは、数か月後。CDは全部廃盤になっていて、見つけるのは相当たいへんそうだな、次回の訪台時に必ず、と意気込んでいたら、ヤフオク!で買えました。ぼったくられたけど仕方ないよね。

2019年も実りあるレコ買いをしていく所存です。

そういえば、今回紹介した音楽の、定額制サーヴィスでのアヴェイラブル状況はよくわかりませんが、少なくともたぶん半分くらいはアヴェイラブルでしょうから、わたしに言われる前にどんどん聴いてみてください。

最後に。この年始企画、意外と毎年ちゃんとやってたら、今回で6回目になっていましたね。参考までに過去分を羅列します。

2017年のグッド音楽
2016年のグッド音楽
2015年のグッド音楽
2014年CDグッド10
2013年CDグッド10

# by soundofmusic | 2019-01-16 23:27 | 日記 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.141

d0000025_17425731.jpg日時:2019年02月02日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥正面、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄
ゲスト:zu-cha

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

2月のお知らせです。ゲストには初登場のzu-chaさんをお迎えします。音楽の専門学校でドラムを習っていた経歴をお持ちの方だそうです。アイドルなどもかけるのではないか、とのこと。断片的な情報で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。そういえば3月に、ダン・ペンとスプーナー・オールダムが来日しますね。もう予約はお済みですか?

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2019-01-06 17:44 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

Pure Pop For Now People Volume 120

d0000025_22265747.jpg
2019年01月12日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
地図。

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
Momo Ogaki(Venha!)(写真1段目)
Takuma Kaga(写真2段目)
森山弟(弟)
森山兄(兄)

・Momo Ogaki
2014年4月、"BLUE JAM at 阿佐ヶ谷Cafein”(小松真也オーガナイズ)にて初DJ。 楽しさに衝撃を受けDJ活動開始。2015年より、都内各所にてイベント主催の機会をいただく。ジャンルの融合(brazil, jazz, R&B, hip hop, house など)を目指しているが、ジャンルの限定されたイベントにも積極的に参加。ライフワークを継続させつつ、新しいことに挑戦し続けることを目標としている。 http://momoogaki.blogspot.jp/

・Takuma Kaga
90年代の終わりに恵比寿と新宿でクラブ文化に触れる。その影響を受け、2000年頃からDJを始める。ロックやポップスをルーツとし、その感性で黒人音楽、ラテン音楽を嗜む。専門ではない故の独特のグルーヴを模索している。

ライヴ:
音璃(写真3段目)

和歌山県和歌山市生まれ。中学くらいから学校の廊下でいきなり歌い始める。高校時代は大声で熱唱&スキップしながら登校、友人たちを困惑させる。

今年もあと1週間となったところで、来年早々のPPFNPのご案内です。ゲストDJはMomo OgakiさんとTakuma Kagaさん。ゲストライヴには、音璃さんをお迎えします。2019年も、お客様に「800円払って損した」と思われないイヴェント、を目標としてがんばります。1月、4月、7月、10月の第2土曜日はPPFNPの日ということでひとつ。

なお、いままでの弊イヴェントのセットリストはこんな感じです。どうぞご参考になさってくださいませ。

(Visual by Hotwaxx)
# by soundofmusic | 2018-12-23 11:43 | PPFNPイヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.140

d0000025_11145989.jpg日時:2019年01月05日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥正面、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

早いもので、2018年もあと1週間ほどとなりました。そろそろ来年の話をしても鬼からのツッコミは入らないと思われますので謹んで告知させていただきます。2019年もいままでどおり、毎月第1土曜日は「黒の試走車」をよろしくお願いいたします。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-12-23 11:15 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.139

d0000025_21224395.jpg日時:2018年12月01日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥正面、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄
ゲスト:Sistaresista

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

早いもので、今年最後の「黒の試走車」のご案内となりました。わざわざ書くこともないほどのありきたりの感慨ですが、ほんとにあっという間の1年でした。みなさんの今年のまとめ話などもぜひお聞かせください。お気軽に遊びにいらしてくださいね。

ゲストとして、Sistaresistaさんのご登場が決まりました。以前出ていただいた際にも書きましたが、みなさまももしかしたらどこかで見かけているかもしれないお方です(いわゆる有名人や芸能人の類ではありません)。さあどこの誰でしょう。もやもやした気分のままお越しください!(11/18追記)

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-11-16 21:21 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.138

d0000025_23452286.jpg日時:2018年11月03日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥正面、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

涼しくなってきたなーと思ったらあっというまに冬じゃないですか? 我が家では先日から、ニトリの足元あったかカバーを使い始めました。これは昨年買った寝具のなかでベストです。みなさまにもおすすめです。さて、「黒の試走車」も残すところ今年はあと2回。お気軽に遊びにいらしてくださいね。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-10-26 23:54 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

よい週末を!

d0000025_23303016.jpg昨年11月に退職して、仕事しないと世間に顔向けができないとか、いくらなんでもそろそろ働きたいとか、そんなことは微塵も思わずに無職生活を謳歌しておりましたが、いよいよ手持ちの金が尽きたところで、というか夫婦の貯金にまで手を付けていたので正確にはだいぶ勘定がマイナスになったところで、ようやく派遣社員として就職することができ、今月の初めごろから働いています。

業務上、いろいろな言語を目にする機会が多く、もちろん内容がわかるものはごくわずかですが、大学のころやや真面目に勉強したドイツ語や、昨年の12月に旅行に行くにあたって付け焼刃でちょっとだけやったイタリア語も、なにも知らない状態よりははるかに役に立っていますし、まったく未知の言語について、オランダ語ってaanとかeenとかwaaとか叫んでるみたいだなとか、トルコ語では%のマークは数字の前につけるのかとか、そういうことを知るのは、単純に楽しい。前職はIT関係でしたが、考えてみたらそうした関係の知識には一切興味が持てなかったし、そっち方面のセンスも自分にはなかった。

こっから先はいつもしているような話になります(レコードのことではなく)。仕事上、イギリスにある会社との協力が必要であるため、慣例に従い、こちらがむこうにあわせて、英語を使ってメールでやり取りします。英語のビジネス・メールの書き方の情報は日本語のインターネットでも普通に参照できるので、表現に迷ったときはそういうものを見ながら書いています。

いつだったか、たしか金曜日だったはずですが、帰り際、ちょっとした返事を出すにあたり、「了解です」などのひとことだけではそっけなさすぎる気がして、「Have a great weekend.」と書き添えました。日本の夕方がイギリスでは朝である事実はもちろん承知していますが、こっちはもう帰るところだし、まあいいか、というつもりでした。

数日たって、ふと気になり始めたのは、そういや、Have a great weekend. って、日本語だとどういう表現になるべきなのか、といういつものアレです。「よい週末を!」でいいじゃん、と思う方はここから先を読んでも得るものはないのですぐにお立ち去りください。そもそも、仕事のメールでなくプライヴェイトでも、それに類した表現を使用したことはないし、そもそもこれは日本語では存在していないフレーズなのではないか。日本語では存在しない概念を英語だと気軽に扱えるのはなぜか。

こうした考え方の延長線上に、英語をいちいち日本語に変換してちゃダメなんだよ、英語は英語のままで理解しなくちゃ、というネイティヴ(の英語)信仰めいたものがあると思います。この発想はもっともだし、たしかに上達もするのでしょうが、わたしはこれにはほとんど興味がない。おそらく今後の人生において、生活を営むための主たる言語が英語になる可能性は極めて低いのですから、そういうわたしにとって、それはどのように日本語の表現へと移植可能/不可能なのか。自分の日本語にどんな果実をもたらすか。そうした視点を抜きにした、「実用(めいた)英語」は、そっちのほうがむしろ、机上の空論のように感じられます。こんなことばかり考えていると、しゃべれるようにはなれませんが、逆に、この程度のことを考えもせず、ただいくらかしゃべれるようになったところで、そんなのはオウムに毛が生えたくらいのもので、たかがしれてるんですよ。ではみなさん、よい週末を!
# by soundofmusic | 2018-10-26 23:32 | 日記 | Comments(0)

リストVol.119 2018.10.13 ゲスト:DJ SAWADA & シンガプーラ ライヴ:いおかゆうみ

***森山兄***

01 Gary Burton / I Want You
02 Rupert Holmes / Answering Machine
03 松任谷由実 / タワー・サイド・メモリー
04 Alcione / Acorda Que Eu Quero Ver
05 Guilherme Arantes / Meu Mundo e Nada Mais
06 Manna / I've Got a Name
07 Keith Carradine / Been Gone So Long
08 The Smiths / Heaven Knows I'm Miserable Now
09 Led Zeppelin / Ozone Baby
10 蓓蕾(Billie Tam) / 你好像一片蜜糖

☆コメント
♪01 ジャズ・ヴィブラフォン奏者がナッシュヴィルに行ってカントリー系のひとたちと録音した『テネシー・ファイアバード』より。ボブ・ディランのカヴァー。(YouTube)

♪02 この曲は2002年09月の、当イヴェントVol.32でもわたし自身がかけていたようですね。名曲。『パートナーズ・イン・クライム』より。(YouTube)

♪03 いい具合のアーバン感。1981年の『昨晩お会いしましょう』(ジャケはヒプノシス)より。この時期は1年にアルバム2枚出したりしてた。頭おかしい。(YouTube)

♪04 ブラジルのサンバ歌手。『A Voz do Samba』より。(YouTube)

♪05 ブラジルのSSW。ペルーのビートルズことウィ・オール・トゥギャザーに通じる、ソフト・サイケなポール・マッカートニー味。(YouTube)

♪06 ケンタッキーあたりの教会の活動から発展したらしきコーラス・グループ。SSW、フォーク系のカヴァーが多く、宗教色は薄め。この曲はジム・クロウチのカヴァー。高田馬場のディスクユニオンで100円で購入したアルバム『グロウイング』より。ソフトロック好きのひとにもややアピールしそうですが、検索してもほぼなにも情報出てこない。ここくらい。

♪07 俳優。ロバート・アルトマンの映画「ナッシュビル」のために書いたタイトル曲を含むアルバム『アイム・イージー』より。日本盤CDも出てたけど廃盤になって高くて買えない。(Amazon)

♪08 ベスト盤より。なんとなく選んでみて、あとから気付きましたが「就活してて就職したけどみじめな気分だぜ」みたいな歌詞だった。(YouTube)

♪09 『コーダ』より。ツェッペリンなんて70年代の恐竜バンドだろ、みたいな見方はかなりの程度正しくはあるのですが、いまとなっては意外とギター・ポップみたいなも聴けるんだぜといいたい。どこかの馬の骨がいい感じにカヴァーしてる動画。→(YouTube)

♪10 香港の歌手。『歡樂今宵』より。「マイ・ボーイ・ロリポップ」のカヴァー。このアルバム、ほかにもビートルズのカヴァーとかが入ってるのですがジャケを見てもそんなことは一切わからないので聴いているとびっくりするという趣向。(YouTube)

***森山弟***

01 D.A.N. / SSWB
02 Cocoon / Chupee
03 優河 / 空想夜歌
04 Rosie Brown / Strange Recolection
05 JUDE / サニーのチョコレート
06 Teddy Thompson & Krystle Warren / Pink Moon
07 Very Truly Yours / I'd Write a Song

***DJ SAWADA***

01 SAMURAI / DJAVAN
02 Bananeira / EMILIO SANTIAGO
03 Tudo Que Voce Podia Ser / AZIMUTH
04 Mambo Diablo / Tito Puente,Joe Loco & Machito
05 Enchantment / Sabu Martinez
06 Constelacao / Tutty Moreno & Joyce
07 EMPTY FACES / Andorea Pozza
08 Ponteio / Batida
09 See You Later / Joanna Grauer
10 Bala con bala / Martignon, Hector
11 Eu Te Devoro / DJAVAN

***シンガプーラ***

01 Julie London / Somebody Loves Me
02 Kenny Burrell / Greensleeves
03 少年隊 / まいったネ 今夜
04 中田裕二 / いっそセレナーデ
05 Maxwell / Sumthin' Sumthin'
06 久保田利伸 / Between The Sheets
07 Sade / Smooth Operator
08 Robert Glasper / Move Love
09 SOIL&”PIMP”SESSIONS / Connected feat. Nagaoka Ryosuke
10 冨田恵一 / 乳房の勾配feat. キリンジ
11 Pizzicato Five / 誘惑について

***ライヴ:いおかゆうみ***

01 おやすみなさい
02 ハイヒール
03 みーちゃん
04 エレベーターガール
05 口紅
06 鈴
07 風とゆく
08 わたしのうた
09 犬

***森山弟***

01 Bosq / Alode
02 Nikki Lane / Jackpot
03 ハナレグミ / プカプカ
04 中山うり / 生活の柄
05 GLIM SPANKY / 夜明けのフォーク

***森山兄***

01 Ros Seyer Sothea / Old Pot Still Cooks Good Rice
02 Sammy Davis, Jr. / For Once in My Life
03 The Ray Camacho Band / Nobody but You
04 ランプ / A都市の秋
05 シュガー / ウエディング・ベル
06 Ramsey Lewis / Skippin'
07 Erasmo Carlos / Mundo Cao
08 Frances Yip / Never Say Goodbye (Chotto Matte Kudasai)
09 黛敏郎 / 蛍の光(アラブの嵐 M-5)

☆コメント
♪01 カンボジアのロック。かっこいい演奏とちょいヘタなヴォーカルの合わせ技。東京国際映画祭で上映されるドキュメンタリー映画「カンボジアの失われたロックンロール」でも聴けます。(YouTube)

♪02 なぜかいまだにCDになっていない、モータウンからの彼のたぶん唯一のリリース『サムシング・フォー・エヴリワン』より。スティーヴィー・ワンダーなどでおなじみの曲。(YouTube)

♪03 チカーノAOR。『リーチ・アウト』より。この曲は聴けませんがほかの曲の試聴→(試聴)

♪04 たぶんいま日本でいちばん独自なバンドのひとつ。『ゆめ』より。(YouTube)

♪05 これも高田馬場のディスクユニオンで100円で購入したLP『シュガー・ドリーム』より。もちろんリアルタイムで聴いて、一度も忘れたことがない曲なわけですが、ふと、この曲、いおかゆうみさんが大阪弁のイントネーションで歌ったらいい感じになるんじゃないかと思い付いてプレイしてみました。そしたらシンガプーラさんが近づいてきて、「シュガーのひと、昔のわたしの上司でした」と衝撃の告白!(YouTube)

♪06 この手の音楽、以前だったらまったく聴く気がしなかった類のものですが、いまやめちゃくちゃ気持ちよい。『テキーラ・モッキンバード』より。(YouTube)

♪07 ブラジルのSSW。3年くらい前に買って、今年ようやくよさに気付いた『ソーニョス・イ・メモリアス1941.1972』より。(YouTube)

♪08 香港の歌手。もともとはハワイのサム・カプーによるローカル・ヒットで、アメリカ本土でもサンドパイパーズがヒットさせている曲。日本語と英語の関係のことはずっと考え続けているわけですが、答えはやっぱり過去にあったんだよ。ベスト盤より。(YouTube)

♪09 いつものクロージング・ナンバー。『日活ジャズ・セレクション』より。
# by soundofmusic | 2018-10-20 01:12 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.137

d0000025_22424024.jpg日時:2018年10月06日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥正面、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

ようやく夏が終わったと思ったら、これを書いている9/17現在で今年の残りは30%を切っている状態だそうです。みなさま、悔いのない日々をお過ごしください。10月は、いまのところゲストなしの予定です。「響」より「累」のほうが面白かったですよねとか、そのへんの話もしたいです。お気軽に遊びにいらしてください。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-09-17 22:46 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

Pure Pop For Now People Volume 119

d0000025_13575676.jpg
2018年10月13日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
地図。

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
DJ SAWADA(写真1段目)
シンガプーラ(写真2段目)
森山弟(弟)
森山兄(兄)

・DJ SAWADA
97年名古屋buddhaにてDJデビュー。上京後は中野の伝説的なラテンバーRINCONにてレジデントを務める傍らジャンルを問わず様々なイベントに参加。JAZZからブレイクビーツ、ファンク、ディスコ、昭和歌謡など縦横無尽にプレイする雑食DJ。

・シンガプーラ
和洋のJAZZ、FUNK、SOUL、POPSなど各種音楽を等しく愛し、Latin、Brasilianには抗えない性分。場に良い香が漂い、気持ちの温度が少し上がる選曲を。和装DJ。レギュラーイベント「モーニングムーン」偶数月第二木曜日/organbar、「Ladies Night」毎月末月曜/恵比寿BAR Sailin' Shoes

ライヴ:
いおかゆうみ(写真3段目)

1990年12月29日、大阪は寝屋川という都会でもなく田舎でもない中途半端な街で生まれる。中学生の頃はTSUTAYAへ行きまくり、高校生の頃は学校をサボり淀川でぼーーーっとして過ごし、夜になるとライブハウスに行くという生活を送る。2009年12月、弾き語りでの活動をはじめる。少しずつ色んな街で歌うようになる。生活の中にある見落としがちなあれやこれやを丁寧に歌にして、そして丸裸でうたう、そういう人でありたい。2018年4月に大阪から東京へ移住。

ようやく暑い夏が終わったと思ったら早くも今年最後のPPFNPのご案内です。ゲストDJはDJ SAWADAさんとシンガプーラさん。ゲストライヴには、今年満を持して東京にやってきた、いおかゆうみさんが登場です。お楽しみに。

なお、いままでの弊イヴェントのセットリストはこんな感じです。どうぞご参考になさってくださいませ。

(Visual by Hotwaxx)
# by soundofmusic | 2018-09-17 22:38 | PPFNPイヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.136

d0000025_2150294.jpg日時:2018年09月01日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥正面、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

長かった夏もさすがにそろそろ終わりって感じでしょうか。みなさま、もうひと踏ん張りでございます。9月は、いまのところゲストなしの予定です。1日は映画サーヴィス・デイであり、濱口竜介と三宅唱の新作の公開日でもあります。そのへんの話もしたいですね。お気軽に遊びにいらしてください。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-08-26 21:53 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

リストVol.118 2018.07.14 ゲスト:小松俊介&Nof ライヴ:ジョー長岡

***森山兄***

01 Kirsty MaCcoll / All I Ever Wanted
02 Boule Noire / Veux-Tu Danser?
03 Vicki Sue Robinson / Lack of Respect
04 りりィ / 時間よとまれ
05 Hal Bradbury / Call Me
06 岡林信康 / 夜はやっぱり長いまま
07 Ron Sexsmith / Crayon Angels
08 The Milk Carton Kids / Younger Years
09 ギロ / アバウ(Pt.1)

〈コメント〉
♪01 英国フォークの大物、イワン・マッコールの娘。『エレクトリック・ランドレディ』より。(YouTube)

♪02 フレンチ・カナディアンのブルー・アイド・ソウル。『Aimer d'Amour』より。(YouTube)

♪03 ハーレム出身。ディスコ40周年で1080円で再発された『ネヴァ・ゴナ・レット・ユー・ゴー』より。(YouTube)

♪04 最近、このひとの作品が1080円で何枚か再発されました。『りりシズム』より。渋い。(Amazon)

♪05 ハワイイのナイス・グルーヴを集めたオムニバス『アロハ・ガット・ソウル』より。(YouTube)

♪06 『金色のライオン』の次のアルバム『誰ぞこの子に愛の手を』より。演奏がかっこいいんですがメンバーが書いてない。(Amazon)

♪07 ジュディ・シルのトリビュート盤より。(YouTube)

♪08 現代のサイモン&ガーファンクル。初めてバンドと一緒に録音した新作『オール・ザ・シングス・ザット・アイ・ディド・アンド・オール・ザ・シングス・アイ・ディドゥント・ドゥ』より。(YouTube)

♪09 家でかけたときも、エッジエンドで流したときにも、「キリンジですか?」と質問をいただきましたが、違います、ギロです。名古屋のすごいバンド。名前を覚えておいてください。2016年頃に出た、いまのところの最新音源であるシングルの曲。(試聴)

***森山弟***

01 Bebel Gilberto / August Day Song
02 Clara Moreno / Mas Que Nada
03 Astrud Gilberto / Mas Que Nada
04 森田崇允 / 弔いのSamba
05 Polaris / 天と点
06 野宮真貴 / 皆笑った

***小松俊介***

01 RIDE ON TIME / 山下達郎
02 Unknown/ Unknown (SKAもの)
03 七人の侍のテーマ / MATT SOUNDS
04 WOULD YOU BELIEVE / JON LUCIEN
05 まわれまわれ / ATSUKO HIYAJO
06 都会 / 大貫妙子
07 浪花太鼓 / 水前寺清子
08 SUMMER TIME / ONE G PLUS THREE
09 LITTLE GREEN BAG / GEORGE BAKER
10 RIO DE JANEIRO-BRASIL / HYLDON
11 DANCE AND SHAKE YOUR TAMBOURINE / UNIVERSAL ROBOT BAND
12 銀河特急 / 松崎しげる
13 恋は流星 Part2 / 吉田美奈子
14 UPA, NEGRINHO / ELIS REGINA
15 BAILA CHIBIQUIBAN / NICO GOMEZ
16 BATTENED SHIP / ODYSSEY

***Nof***

01 Ray Barretto / Pastime Paradise
02 The Sunburst Band / We Will Turn U On (accapella)
03 GU (Glenn Underground) / Do
04 Pecen Everett / Special (Timmy Regisford remix)
05 K-Alexi Shelby and “Crew 69” / Dub Cross
06 DJ Jes / Genuine - Flo
07 Dr Packer / Everlasting
08 Mike Steva / Oro

***ライヴ:ジョー長岡***

☆お待ちください

***森山弟***

01 蠣崎未来 / 赤い汽笛
02 4hero / Morning Child
03 Herbie Mann / There is a Mountain
04 Mo' Horizons / quem nao tem ninguem
05 Trüby Trio Feat. Joseph Malik / High Jazz (Nicola Conte Remix)

***森山兄***

01 Shorty Rogers / Swinging Gold Chariots
02 Gary Crosby / This Little Girl of Mine
03 Andrae Crouch & The Disciples / You Can Depend on Me
04 Latimore / Jolie
05 Frances Yip / Enjoy Yourself
06 恬妞 / 我騎著一部單車
07 Jacqueline Taieb / Le Coeur au bout des Doigts
08 アップルズ / スクール・ガールズ・ブギ
09 Celly Campello / Melodie D'Amour
10 Caetano Moreno Zeca Tom Veloso / Forca Estranha
11 黛敏郎 / 蛍の光(アラブの嵐 M-5)

〈コメント〉
♪01 ジャズ・トランぺッターによるゴスペル・ジャズ名盤『ゴスペル・ミッション』(未CD化)より。(試聴)

♪02 ビング・クロスビーの息子さん。存在すら知らなかったのですが108円だったので買ってみたらなかなかよかった。『ザ・ハッピー・バチェラー』より。(Amazon)

♪03 現代ゴスペルの巨人。『テイク・ミー・バック』より。(YouTube)

♪04 マイアミ・ソウル。たぶん未CD化のホワスト『ラティモア』より。アル・クーパーのカヴァー。アレンジもアル・クーパーがやってる。(YouTube)

♪05 香港あたりで活躍した歌手。『ポピュラー・ヒッツ』より。スペシャルズなどでおなじみの曲。(YouTube)

♪06 台湾の女優、歌手。ベスト盤より。ピンク・レディー「キャッチ・リップ」のカヴァーだそうです。(YouTube)

♪07 ビートのきいたイェ・イェ。ベスト盤より。アレンジは他人がやってるのでしょうが、曲は自作。(YouTube)

♪08 後にEVEとして活躍する3姉妹コーラス・グループ。『ディス・イズ・アップルズ』より。(Amazon)

♪09 アメリカン・オールディーズ的作風のブラジルの歌手。『Estupido Cupido』より。(YouTube)

♪10 カエターノ・ヴェローゾが息子たちと一緒につくったライヴ盤『Ofertório』より。このアルバムは晩年の代表作、という位置づけになると思います。名盤です。オススメ。(YouTube)

♪11 毎回この曲でクロージングすることにしました。『黛敏郎 日活ジャズ・セレクション』より。(Amazon)
# by soundofmusic | 2018-08-06 11:04 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

理性と矜持とその他の心性

d0000025_18373317.jpgなんかプログレっぽいタイトルですが、わたしはプログレからは一切利益供与を受けていないのでプログレとは関係ありません。このあいだツイッターで、音楽関係の仕事をいろいろなされているらしい柴崎祐二‏さんが、こんなことを書いてらした。

聴いてしまうときっとハマってしまうだろうけどインディロック的理性がそれを抑えていた久石譲のディスコグラフィに遂に手をつけてしまった。

だいぶ前からなんとなく浮かんでいた考えが、これを読んで活性化したような気がするのでちょっとまとめてみよう。活性化というのはつまり、とっちらかるということでもあるので、ただ書き散らすだけになっちゃうかもだけど。

音楽を聴くことと理性って関係あるの? と思うひともいるかもですが、わたしのような物理的にディスクを集める派だと、なるべく多種多様な音楽を聴きたいと思ってはいても、買う金の問題、置き場所の問題、聴く時間の問題、となんやかんや制約があって、買うのをあきらめたり、いやそれでも欲しい、ってなって買ったりする。

柴崎さんの言う「インディロック的理性」は、それらのいわば物理的な制約とはまた違った、しかし若干は関係した階層に、位置している気がします。わたしなども、たとえば、「えー、長渕剛? 聴かないよ」などといったことはあります。学生時代バイトしていたレコ屋の先輩店員に、長渕はブルーグラスのギターがめちゃくちゃうまいんだよ、と教えられたことは印象深く、いまでもこうして覚えているわけですけど、それでも、聴かないものは、聴かない。

なんでかなと考えてみると、時間・場所・金以外の理由としては、いくらなんでも世の中には自分と関係ない音楽があり、いっぱしの趣味を持っている人間であればそれとこれとを自明的に判別できるはずである、という自負ないしは偏見ないしは矜持、があるからかもしれない。もっとも、実際聴いてみたら、思ってたのと違う(いいほうにだったり、悪いほうにだったり)ってことはときどきあって、さすがに、聴いてみた結果よかったとしたら、「いや、これは長渕だから、よくない! よく聞こえたとしたらそれは錯覚だ!」などとは思わず、少なくともこの曲についてはよかった、と認識を改めるのですけど。

理論的なつながりが上手に説明できないけど、趣味(taste)を持つためには、そうした自負ないしは偏見ないしは矜持が、いくらかは必要なのではないか、となんとなく思っています。なにを聴かないか、によってそのひとの音楽的総体が手っ取り早く浮き彫りになる。ちなみにわたしはレゲエとceroを聴かない人間です。

で、いまさら説明するまでもなく、いまや定額制サーヴィスを利用することによって、置き場所もレコード買う金も気にせず、ちょっとでも聴きたいなと思った音楽は、すぐに聴くことができたりする。もっとも、そうしたサーヴィスに入っていなくても、YouTubeなど使えば、どんなものなのか確かめてみることはできますが、なんだかんだ言っても自分の場合、最初からピンときそうなものしか試聴しません。中年ならではの経験から、自分が気に入る音楽の絶対数はそんなに多くないことはわかっているので少ない余生の時間を大切にしたいという気持ちが理由のひとつ。もうひとつは、若いころからいままでにおこなってきた、物理的制約と自負・偏見・矜持・理性のコンボによって自分の聴く音楽を選ぶやり方が、自分にとって、疑問すら抱くことができないような唯一絶対の方法として、身体にしみついてしまっているからなのではないか。

で、考えたのが、そうじゃないひとたちがこれから増えていくんだなあってこと。いっさいなんの制約もなく、自意識から解放されて、月1000円とかだけ払って、ひたすら、あらゆる種類の音楽を聴くひと。普通、というと語弊がありますが、多くのひとは、ある程度いろいろ聴いた結果、だいたいこのへんからこのへんまで、とか、あるいは、このへんとそのへんとあとはあそこらへんに少し、みたいな感じでゆるやかに自分の趣味の領域を広げていく、もしくは、絞り込んでいく。でもたぶん、ごく少数、ひたすら広がっていくだけのひとが出てくる。

わたしが期待しつつ、同時に恐れてもいるのが、そういうひとが音楽をつくりだしたとき、どんなものが出てくるのか、です。もちろん、昔から、フランク・ザッパとかトッド・ラングレンみたいなひとはいて、そのときどきで(あるひとにとって)わかりやすかったりわかりづらかったりする音楽を生み出してきました。それでも、20世紀においては、ひとりの人間のインプットとアウトプットの量にはおのずから限界があったので、まだしも彼らは、ちょっと風変わりな音楽をつくるひと、という扱いでいられた。

21世紀のいつごろか、ただひたすらに広がった自分の趣味の領域のすべてを1枚のアルバム、あるいは1曲に押し込めようとする人間が現れるのは間違いない。たとえばリズムは1拍ごとに違った楽器によって生み出され、同じ音色は一度使われたら二度と出てこない、というような。

書いていて、なんのことはない、これは、AIにハリー・ポッターを全部読ませて、その学習にもとづいて書かせた「新作」、「ハリー・ポッターと山盛りの灰に見える肖像」みたいな話だなと気付きました。ただ、人間であるミュージシャンの個性や手癖から解放され、趣味のよさのフィルターも通らない、そんな音楽のほうが気持ちいい、と感じるつくり手や聴き手は必ずや増えてくるはず。もちろん、BGMやニューエイジ特有の気持ちよさというものは昔からありましたが、そうした音楽ですら「個性的」と感じられてしまうような、余りにも多くの要素を含みすぎているがゆえに無個性で、趣味性に乏しい、ジェネリックな、わたしにはまったく意味がわからないであろう、音楽。具体的な姿がまったく想像もできないそんな音楽の登場が、とてつもなく、怖い。

---

直接関係はありませんが、ここまで読んだのだったら併読推奨。ジェネリックAORのことも書いてある中野さんの御ブログ

---

追記:
なんかちょっと違うなという気もしてきた。1973年生まれのわたしの世代なんかだと、ちょうど音楽聴き出したころからいわゆる昔の名盤がどんどん再発されたり、そのあと渋谷系なんかがあったりして、古いものも新しいものもフラットに聴いてそこから取捨選択できる環境になった、みたいなことが言われたりした。その当時は特別なことが起きてる感じがあったけど、90年代半ばまでにCDになったものなんて、いまから見ればほんのわずかだったし、牧歌的ですらある。そして2018年現在わたしが感じていることは、もうすでに20世紀の人類は、把握しきれないほどたくさんの音楽を録音してしまったし、そのほとんどはわたしたちがすぐに聴くことはできないものだ、ということ。

一方、旧譜のCD化ラッシュについて、それまでの世代が体感的に持っていたような、ロック史みたいなものを若いひとたちは知らない、みたいな言い方もされていた。それは事実だと思う。覚えることが一気に増えたわけだから。さらに言いがかり的な意見としては、昔は輸入盤も高かったしリリース数も少なかったから1枚のレコードの相対的な価値は高かったし、大切に聴いていた、情報はいまほど容易には得られなかったが昔のほうがよかった、みたいなのもあった。たしか、旧世代に属する萩原健太は、それに対してきっぱり反論していたと思う。

わたしとしては、LP1枚の値段が自分の給料半月分、なんて言われたら困っちゃうし、自分の生きてきた環境と享受した利益を、ありがたいと思いつつ、同時に、当然のものだとも思っている。それによって、前の世代とロック史の把握や歴史観が異なっていると言われたら、それは仕方ないですねというほかない。もっとも、わたしにしたところで、1964年と1968年と1972年のヒット曲の違いは、音のテクスチャーですぐにわかるけれども、2000年以降はぜんぜんわかんない。

で、結論としては、現代のひとは、現代の環境と享受した利益を当然のものだと思っているだろうし、歴史観が異なっていると言われても、それは仕方ないですよね、と返事するだけのことでしょう。長々と書いたわりには、たいした話にはならなかったな。
# by soundofmusic | 2018-07-28 18:38 | 日記 | Comments(0)

バンド感

d0000025_023743.jpg土曜日、渋谷2丁目、セヴン・イレヴンとすき家の間の地下、ラスト・ワルツあらためロフト・ヘヴンにて、ジョー長岡企画「辺境に轟く歌」。

オープニングは今年、大阪から東京に出てきたいおかゆうみの弾き語り。たしか2015年6月に心斎橋で一度聴いただけだと思うけど、なんか聴き覚えのある曲がある。声に力が入ったとき、ちょっとヴァレリー・ジューンに似てると思った。

ジョー長岡バンドのメンバーは、樋口裕志、松村拓海、うのしょうじ、U。この編成で見るのは昨年のクリスマス以来で、そのときも場所はここだった。7か月で店の名前も内装も変わり、舞台も客席も、天井から薄白い半透明のひらひらしたものが垂れ下がっている。誰かが海の底みたいと言ってた気がする。わたしは新東宝映画のセットのような不気味さを感じていた。

1曲目は「波止場」。なぜか突然ハウリングが起きて興を削がれたけど、それにしてもいきなり最初から最高地点に到達してくる。ジョーはビーチ・ボーイズ風のストライプのシャツ、松村は簡素な白無地のTシャツ。うのはキャバレーのボーイみたいな格好。全身黒っぽい服で黙々とスチール・ギターを弾く樋口、目まぐるしく表情を変えながら、にらみつけるようにジョーの様子を窺うU。薄白い半透明のひらひらの前で音を出している5人を見て、ああバンドだなと思う。こんなシティ・ポップ・バンド、いなかったっけ。いたらいいな。いや、いたような気がする。

ジョーの音楽にシティ・ポップ風味があると思ったことはいままでにはなかったはずなので、この日そう見えたとしたら、5人のたたずまいのバラバラなバランスによるところも大きかったかもしれない。バンドは見てくれが大事だから。エイティーズっぽい安っぽいシンセの音が入っていたら、さらによかった。

それにしても去年のクリスマスから半年ちょっとで、ひとつのバンドとして成長というか進化というか変化が起きているのには驚いた。メンバーは同じで、それぞれ去年と同じ手足で演奏しているのにもかかわらず。いろいろ新しい試みが採り入れられていて、メンバーがそれに応えているだけでなく、個々人の魅力がきちんと引き出されていた。「心配」での樋口のエレキ・ギター・ソロ、ここぞとばかりに音量があがってなめらかなフレーズが繰り出される。デヴィッド・T・ウォーカーみたいだった。Uは去年見たときもびっくりしたけど、とにかくキレのよさが気持ちいい。高性能のスーパーカーやターンテーブルみたいに、一瞬で最高速度に達する、気風のいい音。

いおかゆうみの結婚をお祝いするために書かれた新曲「ボート」、いいことなのか悪いことなのかわからないけど、いかにもジョーの書いた曲、という濃厚な手癖感があった。別に似てないけど、松田聖子の「哀しみのボート」を思い出す。それと、増村保造の大映時代最後の作品「遊び」のことも。15年くらい前に一度見たっきりだからもうよく覚えてないけど、ラストは少年と少女がボートでこぎ出していくシーンじゃなかったっけ。

アレンジが変わっていて、すぐには思い出せない曲もいくつか。「キャラメル」は導入部、少し早めのピアノで始まるようになっていたし、本篇ラストの「冬のオルゴール」は、スケール感のあるバンド・サウンドで、結局最後までジョーの曲だと気付かず、てっきりなにかの往年のアニメの主題歌だと思い込んでいた。

アンコールはステージ真ん中にいおかを迎え、ジョーはピアノを弾きながらの「素晴らしき日曜日」で、これもまた、こういうバンドいなかったっけ。いたらいいな。いや、すでに昔からいたような気がする。と思わせる、架空の実在のバンドみたいだった。最初から最後まで、バンドなるものの不思議さ、頼もしさ、奥深さを考えながら過ごした夜でした。ジョー長岡バンド、少なく見積もってもあとふた回りくらいは大きくなれるはずなので、次回以降の機会をぜひともお見逃しなきよう。

そして、いまこれを書いていて思い出したこと。グレイト3というバンドがおりますが、オリジナルのベーシストが抜けたこのバンドが2012年、新メンバーを迎えるにあたって、片寄明人が書いた文章があります。当時、いい文章であるとして少し話題になったので、覚えておられる方もいらっしゃるでしょう。で、証拠が見つけられないんだけど、ジョーさんこれ読んで、「バンドがやりたくなった」とたしかに言ってたよ!

---

ライヴが終わったあともダラダラと残っておしゃべり。この日のジョー長岡バンドにはやはりシティ・ポップ感があったのではないか、となんとなく意見の一致を見たあと、昨今の若手バンドのエイティーズ・サウンドへの憧憬の話題になりました。そうした音がもともとつくられたエイティーズにおいては、そういう音イコール、最新型の高い機材を使える、つまり金がある、という意味だったのが、しかしいま、同じ(ような)音がスホフォのアプリだけでつくれてしまったりすると。

わたしが2016年に発明してとくに流行しなかった言葉として、「貧者のAOR」というのがあるのですが、2018年7月21日の上記の会話をうけて、そうした音は今度、「ジェネリックAOR」と呼ばれることに決定しました。安いシンセ・ブギーでもシティ・ポップ的なものでもなんでもかんでも、それっぽいのを耳にしたら、「あー、ジェネリックAORだねー」と言ってください。流行らせましょう。そして、ジョー長岡バンドの次回の衣装は、ジェネリックAORっぽい刈り上げ+原色のシャツ、とかにしてほしいものです。

---

ついでに。当日もらったチラシの中に、「秘境にて 2018」の案内が入っていました。岐阜県恵那市の「桝本家」でおこなわれる、7組くらい出るイヴェントです。会場は最寄駅から12キロくらい離れている、たぶん民家で、駅からの送迎ありとのこと。去年の秋、山梨県の山中の古民家を改造したスペースで中村まりを見て、ライヴ中ずっと、家の周りから虫の声が聞こえてきて最高だったんですが、こっちも楽しそう。

来たことのあるひとはご存知でしょうが、栃木県宇都宮市の森山兄弟の実家の2階が、たぶん20人くらいは入れる謎スペースになっていて、そのうちそこでなにかのライヴをやりたいなあと思っています。1階の居間ではフードを提供して。最寄駅からは遠いですが、バス便なんかもないこともないので、割と気軽に来られる。日中の開催にすれば東京から日帰りもできます。具体的にはなんにも決まってないので、出場希望などもございましたら、ぜひご連絡ください。
# by soundofmusic | 2018-07-24 00:03 | 日記 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.135

d0000025_20392410.jpg日時:2018年08月04日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥正面、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄
ゲスト:でんちまにあ

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

みなさまそろそろ、気分としてはもうなんか残暑、みたいな感じだけどよく考えてみたらまだ7月半ばなんだなと気付いてうんざりし始めた時期でしょうか。8月は、ひさしぶりにでんちまにあさんをゲストにお迎えします。お気軽に遊びにいらしてくださいね。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-07-15 20:45 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.134

d0000025_22215944.jpg日時:2018年07月07日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄
ゲスト:DJコテコテ(a.k.a. 原田和典)

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

みなさまそろそろ、梅雨入りしたっていうけどまだそんなに降ってないな、と油断し始めた時期でしょうか。7月のゲストは、5月6月のゲストと完全に同一人物! ジャンル問わずあらゆるエンタテインメントを精力的に観覧し、さまざまな場所で健筆をふるう原田和典さん=DJコテコテが再々登場。永野芽郁のファン、とのこと。お気軽に遊びにいらしてくださいね。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-06-08 22:24 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

Pure Pop For Now People Volume 118

d0000025_22105062.jpg
2018年07月14日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
地図。

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
Nof (Lighting Soul Camp)(写真1段目)
小松俊介(Shunsuke Komatsu)(写真2段目)
森山弟(弟)
森山兄(兄)

・Nof (Lighting Soul Camp)
90年代中頃よりDJを始める。2009年開始のパーティ World Spinではオーガナイズに協力をする中、シカゴ・デトロイト・NY等より招いたアーティスト達との交流も深めた。近年は、外苑前のBAR C.O.Dにて毎月 第3火曜日のDJを担当する。またフルートの演奏も行っており、ジャムセッションへの参加や自身のDJに合わせての即興、2016年にはトラックメイカーの YASUO SATO氏との共作でコンピレーションCD ”HUB”へ参加。その後はDJとしても親交の深かったHOTATEX(Key.)が加わったユニット Lighting Soul Campを結成して、ライブ演奏を中心とした活動なども行っている。

・小松俊介(Shunsuke Komatsu)
学生時代は兄の影響により、AOR、ナイアガラ系、渋谷系を通過しつつレコード収集に勤しむ。2014年12月に宇都宮snokey music public house sixにてDJを始動。2015年に都内へ拠点を移し、渋谷Hot Buttered Club(閉店)のAll Genre Party『NO BORDER』のレギュラーDJとなる(今現在は渋谷Bar LSDにて開催)。その後、各所でguestとして呼ばれることもあり、2017年に渋谷OTOのJazz Party『Martinica』レギュラーDJとなる。今現在も渋谷、恵比寿、下北沢、新宿、柏(千葉県)などで活動している。

ライヴ:
ジョー長岡(写真3段目)

1970年神戸生まれ。シンガーソングライター、ナレーター、プランナー。演劇や舞踏の活動を経て2000年より独自の歌世界を構築し始める。世界中の音楽と日本語のゆるやかで心地よい融合、力強く可愛らしい音楽の製作を目指す。2017年には初のソロアルバム「猫背」をリリース。

梅雨入りしちゃいましたがみなさまお変わりないでしょうか。食中毒にはお気をつけください。さて、今年3度目のPPFNPのご案内です。ゲストDJはNof (Lighting Soul Camp)さんと、小松俊介(Shunsuke Komatsu)さん。ゲストライブには、毎年夏のおなじみのジョー長岡さんが登場。お楽しみに。

なお、いままでの弊イヴェントのセットリストはこんな感じです。どうぞご参考になさってくださいませ。

(Visual by Hotwaxx)
# by soundofmusic | 2018-06-08 22:15 | PPFNPイヴェント情報 | Comments(0)

課題

d0000025_10345075.jpgもうそういう身分でないのは重々承知でありながら、暇にまかせて来る日も来る日も転職サイトを見る生活に嫌気がさしてふとスカイスキャナーをちょいと覗いてみたところ、ミネアポリス乗り継ぎのデルタ航空ニューヨーク往復が諸税・手数料込み76000円くらいになっているのを発見し、銀行の残高は限りなくゼロに近付いているけれども非常用の500円玉貯金を吐き出せばあるいはもしや、ひょっとしてと、素焼きのぶうくんの貯金箱を池袋駅前のデルタの支店に持ち込んではカウンターでえいやっと叩き割り、プラスサイズの黒人のおねえさんにあきれられながら数え終えたらその額77700円、こいつぁ春から縁起がいい。現地の費用は去年の残りのタイガー・チャイルド300ドル、こいつでなんとかなるだろう。ヴェランダのオクラの水やりをくれぐれもよろしくと妻に言い残し、東京をあとにして一路、生涯2度目、そうなってほしくはないけれどももしかしたら生前最後の、ニューヨークへ。

前回の訪問は2008年の秋。直行便の飛行機代はたしか12万円以上したはずだったけど、いまや懐かしのリーマン・ショックのあれこれで、1ドルは80何円とかだった頃。ちょうどオバマ時代の始まる直前で、いまでも覚えているのは、55バーにたしかマーカス・ストリックランドを聴きに行ったときのこと。あるバラード(だったと思う)の演奏前に、「この曲を次期大統領のバラク・オバマに捧げます」と言ったときの観客の複雑な反応が忘れられない。おおむね賛意、それでもその場にいる全員がそう感じているわけでもなかった。そのとき、店の入口近くにいた女性が電話で「なんかオバマに捧ぐとか言ってるよー」と言いながら外に出ていった。たぶんかかってきた電話を受けたところだったのだろう。そしてわたしはこの記憶をこのように記憶しているけど、9年半は長い。おそらく反芻しているうちに少しずつ変形し、実際にそのときその場で起きたこととは微妙に、あるいは大幅に、異なっているとしても不思議じゃない。

前回滞在したのはセントラル・パークの北東、危険度マップを見たら真っ赤っ赤になっていたスパニッシュ・ハーレムのホテル。高架線から数百メートルは離れていたのに列車の走行音がうるさすぎて眠れず、耳栓を買ってそれをして寝たんだった。当時ハーレムに住んでいた村田さん(現在は滋賀県大津市在住)に案内してもらって、125丁目通りとレノックス・アヴェニューの交差点(ギル・スコット=ヘロンはまだ生きていた)にも立った。近所のひとが集まってくる、あったかい陽だまりのような場所だった。

で、前回はマンハッタンからほぼ出ずにレコード屋を回ったり(買うのはおもにCDだった)、毎日のように映画を見たり、美術館に行ったり、カーネギー・ホール(といっても地下の、小ホールみたいなほう)でニック・ロウを見たり、した。まだガラケーだったから、行く場所の地図も宿の予約票も、全部印刷して持っていったんだっけ。ガラケーには音楽を入れていた。ミッドタウン~ダウンタウンに向かう地下鉄で、騒音に負けないくらいの大音量で、当時買ったばかりの『コルティーホ&ヒズ・タイム・マシーン』を聴いていると、自分がかっこよくなったような錯覚に陥ることができた。ウソだと思ったら一度このアルバムを聴いてみてほしい。

今回はそれとは対照的で、泊まったのはブルックリンの奥のほう、リッジウッド。ブルックリンをあちこち回り、見た映画は1本だけ。前回はベタすぎて避けた自由の女神にも行ったし、一度は行かなくてはと思っていたニュージャージー州ホーボーケンも訪問し、フランク・シナトラの生家(これはどうでもよい)と、野球生誕地の碑と、フィーリーズがしばしばライヴをやっていたレストラン、マックスウェルズ・タヴァーンをこの目で見た。マックスウェルズは数年前に閉店したが外装はそのままになっている。そして、マックスウェルズと野球生誕地の碑は、なんたる偶然か、同じ交差点にあるのだった。

もちろんレコードはふんだんに買う。ブルックリン、マンハッタン、ニュージャージーで18軒回り、13軒でなにがしか買った。時間や場所の関係で行かなかった店も当然あるし、行った店では記念になにがしか買いたいとは思うけれども無理して買うことはしない。そして、店の雰囲気をつかめたらよいので、在庫を全部見なくてもよい(というかでかい店では物理的に無理)。CDはほぼ見ず、買ったのはアナログのみ。あえてそうしたというよりは、アナログの中古盤を売ったり買ったりする文化が、日本とはまた違った形で根づいている。この違いをどうやって形容したらいいか、大量のレコードに圧倒されながら考えたりもしたものの、レコード見てるとほかのことはどうでもよくなってくる。まあ、日本と違うのは大半の店で客が勝手に(これが重要)使える試聴用のターンテーブル(英語だとリスニング・ステーション。覚えておくと便利)があることですね。

印象に残った店のいくつか。
○ブラック・ゴールド・レコーズ(ブルックリン、キャロル・ガーデンズ)
朝7時からレコードが買えるのは世界的にも稀有ではないかな。カフェとレコード屋が半々になった店ならでは。といってもレコードは飾りではなくそこそこの量がある。

○レコード・シティ(ブルックリン、プロスペクト・パーク東側)
レコ屋の適性なサイズというのは難しい。大きいと全部見切れなくて疲れるし、小さすぎて欲しいものがないときの悲しさたるや。ここは興味のあるコーナーを全部見て30分弱くらいだったかな。値段と量が絶妙に優しい。

○アカデミー・レコーズ(ブルックリン、グリーン・ポイント)
マンハッタンにも店舗があるけど、ブルックリンのここは、今回行ったニューヨーク周辺の店ではいちばん大きかったかも。1軒の店ではなるべく2枚くらいを上限にしてたけど、ここでは5枚買った。

○ジェネレイション・レコーズ(マンハッタン、ワシントン・スクウェア・パーク南側)
いや待てよ、こっちのほうがでかかったな。

さすがに都会なので、昨年秋に訪れた南部~中西部の諸都市とは、レコード屋の密度も歩いているひとの数もまったく違う。違うといえば、9年前はほぼ初めてのアメリカ訪問で、安全面の不安もあって緊張しながら楽しんでいた覚えがあるけど、今回はとてもリラックスして過ごすことができた。ブルックリンもマンハッタンも、街全体がやわらかい雰囲気。きっと、ちょうどよい季節とさわやかな気候だったせいもあるだろう。ここ半年、いろんなところに出かけていって思ったのは、寒くて暗いと、テンション下がる。どっちかならばまあ、耐えられる。飛行機代が安いからって、冬にヨーロッパに行ったりするもんじゃない(ウィンタースポーツとかなにか目当てがあるなら別)。そして、初めて来たときに持った、「ニューヨークは東京よりも大阪に似てる」との印象は今回も変わらずでした。

ブルックリンに泊まったのは、日本のブギー、ソウル、ディスコのDJイヴェント「ニッポンリーグ」に行くため。仮眠してから24時半ころに会場入りすると、客はそのときで50人くらいだろうか、まったりした雰囲気を想像していたら少なからぬ数のひとがわりと本気で踊っている。日本人もいたけどほとんどが白人。ダイナミックに体を動かしてる東洋人はタイ出身だと言ってた。

かかっていたのは山下達郎、角松敏生、大江千里、ユーミンなどなど。全部アナログ。シカゴから来たゲストDJのヴァンと話していると、間宮貴子はグレイトだとか、自分にとっては山下達郎がトップですぐ下に角松がつけているとか、いろいろ面白い。中原めいこや菊池桃子のレコードを見せてくれる。どこで買うのかと訊くと、日本から通販するのだと言う。亜蘭知子『浮遊空間』は230ドルだかしたそう。アメリカのいまの音楽はテリブルだ、アメリカの音楽に影響されて作られた日本のこうした音楽のほうがよい、と言うので、じゃあこういう音楽をkeep spinningしてmake American music great againしなきゃね、と返すと、帰ったらみんなに、アメリカ人が全員排他的なわけでもトランプ支持者なわけでもないからね、そう言っといて、だそう。彼はシカゴでChibuya(=シカゴ+シブヤ)というイヴェントをやってるそうです。彼のYouTubeチャンネル

主催のニックはフィラデルフィア在住で 、もうすぐニューヨークに引っ越すと言ってました。杏里の「キャッツ・アイ」をかけてたので、これは自分が子供の頃のアニメの主題歌で、同世代なら全員知ってる、と教えてあげたら驚いてました。こうした音楽はcheesyだろと言われるし実際にそうだとも思う、でもぼくらが出そうとしてるのは1982年頃の東京をドライヴしてる雰囲気なんだ、とのこと。

それにしてもブルックリンで、山下達郎の音楽でこんなにもたくさんのひとが踊っているのを見るのは予想以上に不思議な体験。「メリー・ゴー・ラウンド」ではチョッパー・ベースのマネをしているひともいたし、ヴァンとは「スパークル」のイントロのギターを一緒に口マネしてみました。そういえばこの旅行では、就活の面接に着ていくものがないのでユニクロで買った、感動ジャケット(ウルトラライト・ストライプ)を着ていったんですが、これ、なんとなくヤマタツの「ライド・オン・タイム」感あったかも、とあとになって思いました(このジャケットの話はあとでもう一度出てきます)。

アメリカにおける日本のシティ・ポップ受容のことはほとんど知りませんので、いろんなところでいろんな種類のイヴェントがおこなわれている可能性もなきにしもあらずですが、「ニッポンリーグ」はダンス・オリエンテッドな音が中心で、そこが自分には若干物足りなさはありましたが、まあそれはそれで。上述のヴァンのチャンネルではもっとメロウ系のものも紹介されているし。たぶん今後も引き続き「ニッポンリーグ」は開催されていくはずなので、ぜひ彼らのインスタグラムをチェックして、タイミング合いそうだったら遊びに行ってみてください。ヴァンには取り急ぎ、ribbon「太陽の行方」と、エスペシア「ナンバーワン・スイーパー」のYouTubeを教えときました。

ところで海外に行くときはだいたいいつも、2か月くらい前に航空券とって、あれこれみっちり調べて出かけるのが常なんですが、今回は行くのを決めたのが3週間くらい前で、なにかとあわただしくてあまり下調べしないでいったもんで、それがゆえのびっくりもいくつかあって。上のほうに書いた55バー、今回もライヴを聴きに行ったら(アイリス・オーニッグというベーシストの、バカラック・トリビュート)、すぐ隣が伝説的ゲイ・バー、ストーンウォール・インだったのには驚いた。たぶん9年前も目にしてはいたんでしょうが、店自体のことを知らなかったからなんの感慨も持てるはずがない。

旅の後半は、ちょっとだけフィラデルフィアへ。ここの美術館へ通じる階段はロッキーがトレーニングしていたことで有名で、わたしが行ったときも駆け上ってるやつは何人もいたし、背中に「イタリアの種馬」と書いてある(自作っぽい)パーカーを着ている男もいた。階段の隅っこのほうでは、バッタモノと思われるロッキーTシャツが売られておりました。階段の下をちょっと横に行ったあたりにはロッキーの銅像があり、記念撮影するひとが列をなしている。ふむふむと思いながら街を歩いて南に向かうと、かなりの規模のリトル・イタリーがあって、カンノリが売られていたりする。なるほどロッキーはこういう地区の出身だったかと思うわけです。

「ニッポンリーグ」のニックは、街の真ん中は退屈だから、サウス・フィラデルフィアに行きたまえ、そこには人々の生活がある、もしくはフィッシュタウンだ、と教えてくれました。どこの街でもそうでしょうが、歩いてると、地区によってさまざまな表情があることがわかります。フィラデルフィアの場合、街の中心部は、アメリカ建国の時期の歴史を物語る史跡や博物館が目立つ。少し下ったサウス・ストリートのあたりは若向けの空気。その南がさきほど書いたリトル・イタリーです。中心部から見て北東にあたるフィッシュタウンは気さくな感じの店が並んでいる。

わたしが滞在したのはフィッシュタウンからもうちょっと先に行ったあたりの民泊で、予約の際にコメントを読んでいると、まわりがスラムで……みたいなコメントがありました。それに対して家主は、これについては反応しておく必要を感じる、と反論していて、いわく、このへんにはいろんな人種がいるが決してスラムではないし、隣人たちとわたしとがトラブルになったことはない、とのことでした。たしかに、最寄駅を出たとたんにかなりの数のホームレスがたむろしていて、荒れた印象を与えるのですが、それはおそらく、ホームレスのための支援施設があるからでもあって、それを除けば、地区そのものは住宅地ですし、路肩に止めた車からでかい音で音楽が流れていてまわりで何人かがそれを聴いているのも、1990年代末頃の蕨駅前でも週末になると車そのものがウーファーになったような状態のものをよく見かけていましたから、なんてことはない。

そういえば、アメリカではよくあるけど日本ではあまり見かけないもののひとつに、歩きながら音楽を流しているひと、がありますね。昔だったらでっかいラジカセをかつぐところですが、そこは現代なのでおもにスマートフォン。あれは、アメリカ人ならではの、他人ととにかくコミュニケーションを試みずにはいられない心性のあらわれなのかな、と思うわけですが。そういえば、雨上がり、歩きながら、しずくを落とすために傘を広げてバサバサやってたら、道の反対側、10メートルくらい離れたところから、黒人女性が「もう雨やんだよ!」と声をかけてきました。こっちもとっさに大げさな身ぶりで傘を振り上げて、「知ってるよ! 乾かしてるだけだよ!」と返しました。生きる上で、こうした言葉の使用法を常に強いられるのはしんどいなと感じると同時に、日本語ももう少しこっちに歩み寄ってもいいんじゃないかとも思います。そして、ニューヨークでは毎日、フィラデルフィアでも金曜と土曜は地下鉄が24時間運行してますが、東京でこれがおこなわれない理由がわからない。

フィラデルフィアでは、8軒のレコード屋を回り、5軒で買い物をしました。中心部から少し西のあたりのロング・イン・ザ・トゥースと、フィッシュタウンのフィラデルフィア・レコード・エクスチェンジ。時間がないひとは規模の大きなこの2軒をそれぞれ1~2時間かけて見れば、充実した時間が過ごせることをお約束します。市街地から離れたあたりにもまだまだ店があるらしく、そのへんは回りきれなかったので次回の課題とします。

課題といえば、フィラデルフィア訪問の理由は、我が人生で未達成だった課題のひとつ、ザ・フィーリーズのライヴを見るためでした。1976年に結成された彼らは、4枚のアルバムを残して92年に解散。2008年にライヴを再開してからは、割合にコンスタントに活動しており、アルバムも2枚出しています。

ときおりライヴ・スケジュールを見ながら、東海岸に行けばわりと簡単に見られるな、日本に来るのは無理でも、カリフォルニアあたりでやってくれないかな、と思っていました。結局、今回、多少無理をすることによって、20年以上の夢がようやくかないました。あと死ぬまでにどうしても行きたいところは、ボルネオのクチンと、小笠原くらいですかね(とはいえ、まあ、ほかにもいろいろ)。

ライヴの始まる前に、物販コーナーを覗きました。音源はもちろんのこと、Tシャツ、マグカップ、スティッカー、バッジ、など多種のグッズがあるのにまずじーんと来ます。トートバッグ(12ドル、リーズナブル価格)を買って、物販係の女性としばしおしゃべり。カリフォルニアにはいつ来るのか、との声はいつもあるし、フランスやスペインから見に来るひともいる。しかしいままでいちばん遠くに行ったのは西はシカゴ、南はノース・キャロライナ。理由はヴォーカル/ギターのグレン・マーサーの耳の問題で、飛行機に乗れないから。本人は乗って遠くでライヴをやりたい気持ちはあるが、乗ったらどうなるかわからない状態だと。よって、車で行ける範囲でしかライヴができない。だそうです。とはいえニューヨークからシカゴまでは1000キロくらい離れているので、日本とは規模が違いますが。

生のフィーリーズは、最初の一音から、完全に予想していたとおりの音だった。ファースト・セットはミドル・テンポの曲中心で、たぶんすべて再結成後の曲。後半になると徐々に激しさが加わってくる。サイド・ギタリストのビル・ミリオンは、数種類のギターを持ち替えていて、曲によってはマーサーとの、エレキ・ギター2本が中心になったアンサンブルになる。

自分の加齢とは関係ないと思いますが、この、エレキ・ギターを中心としたアンサンブルの音楽で気持ちよく聴けるものが、だんだん減ってきています(自分にとって)。フィーリーズの音楽はいかにもギター中心のインディ・ロックの雛型のような響きですが、自分にとってはほかのバンドでは決して得られない心地よさがあるなあとあらためて実感しました。それは、ドラムスとパーカッションのふたりによって作り出される、つんのめり気味のリズムの面白さによるのかもしれない。とにかく、彼らの曲はごくわずかの例外を除いてどれもこれも地味で、まったく覚えられないのですが、それでいてどれもこれも、聴いた瞬間に、あ、フィーリーズ、とわかる独自の質感を持っています。ロック・バンドにしては珍しく、whatではなくhowの音楽だと言えるでしょう。ついでながら、ベースのブレンダ・ソウターとミリオンは、家庭用電話機のコードのようなあのくるくるタイプのシールドを使っているという、見た目のかっこよさも重要なポイントです。

見ながら考えたこと。彼らのルーツは明らかにヴェルヴェット・アンダーグラウンドであり、同時代にはテレヴィジョンがおりました。しかし、彼らはこの両バンドよりもはるかに長い期間を現役として過ごし、合計6枚ものアルバムを世に問うている。笑われるかもしれませんが、もはや2018年現在、フィーリーズがロック史に残した足跡は、ヴェルヴェッツやテレヴィジョンより大きく……はないにしも、明らかに濃いのではないか。

とか思ってると、最初のアンコールで披露されたのは、2曲のカヴァー。あまりに意外性のないヴェルヴェッツ「ロックンロール」と、ありったけのエネルギーがこめられたかのようなニール・ヤング「ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド」。アンコールは合計4回、7曲。20時半に始まったライヴは、30分の休憩をはさんで正味2時間半を超え、終わったのは24時近くでした。

さすがに早く宿に戻りたくて地下鉄の駅に急ぎ、プラットフォームで待っていると、近くにいた男がなんの前触れもなく、ぼそっと「ナイス・ジャケット」と言ってきました。例の、ヤマタツ風のユニクロのやつのことです。自分はいままで、ナイス・ジャケットなんて言葉を発したことは、レコード屋の店頭以外では、ない。

ニューヨークとフィラデルフィアの間の移動はグレイハウンドを使用しました。詳細は省きますが、昨年秋の訪米時同様、今回も、往復とも軽度のトラブルに見舞われ、ほんと安かろう悪かろうだなと呆れ果てましたが、安いのはいいことなので今後も機会があったら利用するはず。ただし、定時運行する前提でタイトな(うまいことやったつもりの)スケジュールを組んだりするなよ、と将来の自分に警告しておきます。ともあれそのトラブルの結果、2時間のロスと5ドルの不要な出費、そして10分の余計な歩行を経て、最終日の宿に到着です。

ところで、みなさまご存知のとおりわたしは、単価1500円を超えると高いな、と感じてしまう安レコ買い(安レコGUY)です。安レコを海外から通販するのもやぶさかではないのですが、アメリカから送ってもらうと、送料が1枚2000円くらいかかります。以前は船便があったのですがいまは廃止されたので、送料を安くあげることは実質的に不可能になり、自動的に安レコが高レコになってしまいます。

そこで今回、アメリカのアマゾン・マーケットプレイスで中古レコードを買い、最終日のホテルの住所に送っておく、という裏技を思いつき、実行に移しました。これだと、送料が1枚4ドルくらいで済むのです。買ってきたチーズ・ステーキ・サンドウィッチ(部厚いパン+大量の肉+大量のチーズ+ごく少量の野菜)を部屋でむしゃむしゃ食べているところにドアがノックされ、宿のひとが持ってきたレコードの箱を受け取ったときの、生まれて初めてのことに成功した感覚。なかなか悪くなかったです。わたしの母と妻のご母堂、妻、そしてわたしの4人で、夏にハワイイに行こうという話が出ており、しかしわたしは就職のことなどあって行けるかわからないのですが、もしわたしが行けなかった場合は3人で勝手に行くらしいので、そのときも同じように、通販のレコードをハワイイのホテルに送りつけ、妻に持ち帰ってきてもらおうと画策しています。そしたらほかにおみやげはいらないので。どうぞよろしくお願いします。

〇写真(上から)
・ブルックリン、プロスペクト・パーク
・ジャージー・シティからホーボーケンに入る
・「ニッポンリーグ」でもらったカセット
・フィラデルフィア市内をセグウェイで移動する観光客
・フィラデルフィアのリトル・イタリー
・ザ・フィーリーズ@ワールド・カフェ
・フィラデルフィア・レコード・エクスチェンジの店内
# by soundofmusic | 2018-05-16 10:43 | 日記 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.133

d0000025_21235483.jpg日時:2018年06月02日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄
ゲスト:DJコテコテ(a.k.a. 原田和典)

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

みなさまそろそろ会社やクラスでうまいこと仲間と溶け込めず、5月病を発症された時期でしょうか。6月のゲストは、5月のゲストと完全に同一人物! ジャンル問わずあらゆるエンタテインメントを精力的に観覧し、さまざまな場所で健筆をふるう原田和典さん=DJコテコテが再登場。永野芽郁のファン、とのこと。お気軽に遊びにいらしてくださいね。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-05-15 21:27 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

リストVol.117 2018.04.14 ゲスト:川上亮&reikoyanagi ライヴ:あがさゆかりのととぅ

***森山兄***

01 Petra Haden / Carlotta's Galop
02 The Lebron Brothers / Eres Tu
03 Neil Sedaka / What Have They Done to the Moon
04 Julie London / The Mighty Quinn (Quinn, the Eskimo)
05 夏木マリ / 裏切り
06 Frances Yip / Bluebird
07 The Band / I'm Ready

☆コメント
♪01 チャーリー・ヘイデンの娘。映画に関する曲を、本人のヴォーカルの多重録音を中心に(数曲では楽器も使用)カヴァーしたアルバム『ペトラ・ゴーズ・トゥ・ザ・ムーヴィーズ』より。これは「8 1/2」の曲。(Amazon)

♪02 兄弟サルサ・グループ。AOR化した1978年度作『ザ・ニュー・ホライズン』より。メロウなエレピが気持ちいい。(YouTube)

♪03 1971年度作『エマージェンス』より。(YouTube)

♪04 1969年度作『ヤミー、ヤミー、ヤミー』より。ボブ・ディランのカヴァー。このひとらしく、けだるく歌っております。(YouTube)

♪05 1976年のシングルだそうです。海外編集の和モノ・コンピ『ラヴィン・マイティ・ファイア』に入ってて知りました。(YouTube)

♪06 フランシス・イップ=葉麗儀。香港の歌手。1975年度作『アンド・ザ・サン・ウィル・シャイン』より。レオン・ラッセルの名曲のカヴァー。(YouTube)

♪07 1973年度作『ムーンドッグ・マチネー』より。ファッツ・ドミノのカヴァー。(YouTube)

***森山弟***

01 Whiskey Priest / Get Well Card
02 Beth Orton / Stars All Seem to Weep
03 Nujabes / Horn in the middle
04 PE'Z / いい湯だな
05 The Wooden Glass featuring Billy Wooten / Monkey Hips and Rice
06 The Magic Theatre / It Was Glorious

***川上亮***

☆お待ちください

***reikoyanagi***

01 Heatwave / The Groove Line
02 米米CLUB / I'M SOUL MAN
03 原悦子 / ディスコ原悦子
04 Diana Ross & Marvin Gaye / Don't Knock My Love
05 ザ・ドリフターズ / ドリフの早口ことば
06 Kool & The Gang / Open Sesame
07 Spectrum / Motion
08 Kings Go Forth / Don't Take My Shadow
09 The Fatback Band / Spanish Hustle
10 クリスタルキング / カモン!ハッスル・ベイビー
11 シェリー / 恋のハッスル・ジェット
12 ピンク・レディー / ピンク・タイフーン
13 Billy Nichols / Give Your Body Up to the Music
14 The Originals / Down To Love Town
15 山下達郎 / FUNKY FLUSHIN'
16 吉田美奈子 / Town
17 A Taste Of Honey / Boogie Oogie Oogie
18 林海峰 / 的士夠格
19 VIDEOTAPEMUSIC / Kung-Fu Mambo

***Live:あがさゆかりのととぅ***

01 Strawberry Fields Forever (the Beatles)
02 ナダイ
03 猫
04 やんれ節 鈴木主水白糸くどき
05 ナイショノハナシ
06 今年の夏は暑すぎる
Enc. どんぱん節 実録版

***森山弟***

01 Quantic / You Will Return
02 Nicola Conte / Dossier Omega
03 RESPECT / Proud Mary
04 Penny Goodwin / What's Going On
05 Cake/ I Will Survive

***森山兄***

01 Sirani Avedis / A Witch's Call
02 Bud Shank & The Folkswingers / Quit Your Low Down Ways
03 Anamaria & Mauricio / Freio Aerodinamico
04 崔苔菁 / 夢摘星
05 大貫妙子 / 空をとべたら
06 斉藤由貴 / ストローハットの夏想い
07 粉紅派對 / 完全自我
08 黛敏郎 / アラブの嵐 M-5

☆コメント
♪01 インド系アメリカ人のAOR。1979年リリースの唯一作『タトゥーズ』より。(YouTube)

♪02 西海岸ジャズのサックス/フルート奏者のシャンクは、本格的なものからチャラい企画ものまでいろんなレコードを出してますが、この曲を含むアルバム『フォーク・ン・フルート』は未CD化の1枚。全曲フルートに専念して、フォークの曲をやっております。これはボブ・ディランの曲。試聴できそうなところは見つからなかったです。自分で探してみてください。

♪03 マルコス・ヴァーリのカヴァー。1970年度作『エスタモス・ナ・ノッサ』より。(YouTube)

♪04 台湾の歌手、女優。1978年ごろの曲みたいです。(YouTube)

♪05 1978年度作『ミニヨン』より。(Amazon)

♪06 1986年度作『チャイム』より。シティ・ポップ的に聴ける。(YouTube)

♪07 台湾の?80年代アイドル・デュオ。『半透明的心』より。英語のグループ名はPink Ladyですが、見かけはウィンクみたい。ちなみに名前を直訳すると、粉紅はピンク、派對はパーティだと思います。(YouTube)

♪08 『日活ジャズセレクション』より。「蛍の光」をアレンジしたもの。前回もかけましたが、これから毎回、クロージングはこの曲をかけることにしますのでよろしくお願いします。

***おまけCD『Take Me Out to the Game』曲目***

01 Doc & Merle Watson / Take Me Out to the Ball Game (Excerpt)
02 Bruce Springstone / Take Me Out to the Ball Game
03 The Monochrome Set / The Mating Game
04 鈴木祥子 / Circle Game
05 Rufus Wainwright / Out of the Game
06 The Intruders / (Love is Like a) Baseball Game
07 Sister Wynona Carr / The Ball Game
08 Amy Winehouse / Love is a Losing Game
09 The Spinners / They Just Can't Stop It the (Games People Play)
10 Dorothy Ashby / Games
11 Emilíana Torrini / Animal Games
12 Consequence / Childless Games (feat. Asher Roth)
13 トクマルシューゴ / Poker
14 Spiral Life / Game Over
15 State Cows / Lost in a Mind Game
16 Ivan "Boogaloo Joe" Jones / Games
17 Harry Nilsson / The Game
18 Whiskey Priest / Waiting Game
19 Fairground Attraction / The Game of Love
20 Lee Dorsey / Games People Play
21 山本精一 / Circle Game

☆テーマは中野さんからのリクエスト。
# by soundofmusic | 2018-05-15 21:08 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.132

d0000025_22465423.jpg日時:2018年05月05日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:きょういち/澤山恵次/チバ/森山兄
ゲスト:DJコテコテ(a.k.a. 原田和典)

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

みなさまそろそろ新学期にも慣れ、うまいことクラスに溶け込めた時期でしょうか。5月はひさびさにゲストをお迎えいたします。ジャンル問わずあらゆるエンタテインメントを精力的に観覧し、さまざまな場所で健筆をふるう原田和典さんが「DJコテコテ」として初登場。ビヨンセ、「ブラックパンサー」、カマシ・ワシントン、シャバカ・ハッチングスなど、世界中に吹き荒れているブラックの風を意識して、ディープ&アフロセントリックに行きます、とのこと。お気軽に遊びにいらしてくださいね。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-04-16 23:07 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

シティ・ポップ幻想

d0000025_16393158.jpgひさしぶりに聴いたレコードから、自分の記憶していたのとはまったく違う印象を受ける現象は以前からしばしばありましたが、最近、それが顕著になってきて、実際にそこに収録されている音そのものが変化したのではないかとすら思えることが増えてきました。

理由としては、加齢に伴う記憶力の減衰ももちろんあるのでしょうが、必ずしもそれだけではない。そのときよく聴いている音、さらには最後にそのレコードを聴いてから現在のあいだまでに聴いてきた音の蓄積。それらによって調整された耳と意識。そうしたもろもろと、今日まさにこの瞬間に聴く音楽との相互作用かな。

レコード・コレクターズの3月号が特集「シティ・ポップ 1973-1979」、4月号が「シティ・ポップ 1980-1989」で、もしかしたら生まれて初めて2か月連続でこの雑誌を買いました。もうさすがに中年ともなると、「なんでこれが載ってないの?」とか「これはシティ・ポップじゃないでしょ!」などとめんどくさいことは言わず、気になったものをひたすら試聴して脳内の購入リストに追加していきました。

で、読んだあとで大貫妙子の『サンシャワー』を聴き直してみると、なるほど以前聴いたときとはあきらかに違って聞こえる。そもそもこのアルバム、だいぶ昔に『グレイ・スカイズ』との2枚組で持っていたものの、人生の途中のどこかで売却してしまっており、その後、2008年に『サンシャワー』の1枚ものを買い直していました。その時点でもよく意味がわかってなかったと思う。今回ようやく、自分の中に有機的に位置づけることができました。

大貫妙子については、この10年間に寺尾紗穂をだいぶ集中して聴いたことが理解の手助けになったというのは、確実にあります。そして、「コシのある演奏+やや抑揚に乏しいヴォーカル」の組み合わせの魅力が、わたしによっても世間によっても(再)発見されたのも大きかったと思う。たいして多くもないサンプルにもとづいての適当な印象だけど、現行の若手のシティ・ポップ(広義の)のバンドの多くが、達者でニュアンス豊かな演奏をするのと比べて、うたの存在感が圧倒的に弱い、というのはある気がしています。ただし、もうそれでいいんだ、いやむしろ、それがいいんだ、という段階あるいは認識に、到達したのではないでしょうか。

その流れで名前を出すのも失礼な話ですが、年に1回ぐらい、音が変わったかどうかの確認がてら、ランプを試聴していまして、ここにきてついに、そろそろ買ってみるべし、という感じになれたので、『ゆめ』『八月の詩情』『東京ユウトピア通信』を立て続けに購入しました。

ほとんどプログレのようでもある凝った曲展開、スリリングな転調、ほとばしるミナス感覚、細く頼りなさげな女声ヴォーカル。ピチカート・ファイヴの『カップルズ』がアップデイトされたような錯覚に陥る瞬間もしばしば訪れました。こういう日本語のポップスがあったのか、と驚かされて、一度好きになってしまうと、どうしていままでこの魅力に気付かなかったのか、と不明を恥じるわけですが、まあそんなもんです。なんでもかんでもリアル・タイムでおいしく味わえるとは限らないので、気付いたときに方向修正すればいいだけの話。

あと、CDはやっぱりできるかぎり売らないほうがいいよね、ってすでに何度もたどり着いたはずの結論にまたあらためてたどり着いたところで、そうはいってもいよいよ万事どうしようもなくなってきたのでいい加減、大量処分する準備を始めるための気持ちを整える支度にとりかかっているところです。

余談。フィラデルフィアのインテリアや雑貨用品のお店のサイトの、シティ・ポップに関する記事。"The inspiration is clear, but the outcome is still undeniably Japanese."ね。なるほど。フィラデルフィアにはニッポン・リーグなる和モノ・ティームがあって、ミックスを発表したり、ブルックリンでイヴェントをやってたりするらしい。
# by soundofmusic | 2018-03-28 16:42 | 日記 | Comments(0)

Pure Pop For Now People Volume 117

d0000025_19484129.jpg
2018年04月14日(土)18時~22時

渋谷エッジエンド(Tel:03-5458-6385)
地図。

800円(1ドリンク&おみやげ付き)

DJ:
川上亮(Nite On The Planet/NATURA-RYHTHM/The 1982)(写真2段目)
reikoyanagi(写真3段目)
森山弟(弟)
森山兄(兄)

・川上亮
白人的リズム感に、黒人的グルーヴ感、そこにアジア人的アルコール分解能力を加えて、シェイク。
へたり込んでも、電池切れても、終電逃しても、気がついたら知らない場所にいても、私、パーティがやめられません。

・reikoyanagi
成り行きで主催する事になった和モノイベントをきっかけにDJを始める。和モノを中心に歌ったり踊れたり笑えたり、とにかく楽しい!がつまった音楽が好きです。

ライヴ:
あがさゆかりのととぅ(写真下段)

ガットギター&ヴォーカルの「あがさ」と、ブラジル音楽を中心に活動するパーカッショニスト「飯島ゆかり」による二人組(徒党)。ビートルズからトゥバ民謡まで、脈絡があるようなないような幅広いレパートリーを男前に演奏します。
https://agatha2222.exblog.jp

あけましておめでとうございます。早くも今年2度目のPPFNPのご案内です。ゲストDJはNite on the PlanetおよびThe1982主催の川上亮さんと、ワモノラウンジ等でご活躍のreikoyanagiさん。ゲストライブには普段はシンガーソングライター、パーカッショニストとしてそれぞれの活動を続けるあがさちゃんとゆかりさんが、デュオ「あがさゆかりのととぅ」として登場。お楽しみに。

なお、いままでの弊イヴェントのセットリストはこんな感じです。どうぞご参考になさってくださいませ。

(Visual by Hotwaxx)
# by soundofmusic | 2018-03-19 13:26 | PPFNPイヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.131

d0000025_23525946.jpg日時:2018年04月07日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:あずまきょういち/澤山恵次/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

みなさまそろそろ斉藤由貴の「卒業」を口ずさんでは切ない気持ちになっておられる時期でしょうか。4月のご案内です。新年度のはじまりを景気づけるような楽しい音楽を、たくさんお届けする予定です。お気軽にお立ち寄りください。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-03-10 23:55 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

黒の試走車<テストカー> Vol.130

d0000025_01171873.jpg日時:2018年03月03日(土)19時~23時
会場:渋谷メスカリート(渋谷区円山町28-8第18宮廷マンション1階奥つきあたり)
地図
*建物入ってすぐ左側の自動ドアのエントランスには入らず、店舗の並んでるほうをまっすぐ進んで、つきあたりを左に曲がったいちばん奥、行き止まり部分の扉です。
料金:1000円(1ドリンクつき)
DJ:あずまきょういち/澤山恵次/チバ/森山兄

☆「黒の試走車<テストカー>」は、毎月第1土曜日に開催される、踊る前から踊り疲れているひとのためのイヴェントです。ラウンジの名の下に、ロック、ジャズ、ソウル、ラテン、邦楽、フレンチ、サントラ、モンド、電子音楽などをデタラメ、かつ控えめ(音量が)にお届けしています。

会場のメスカリートは、渋谷、道玄坂をのぼりきった先、マンションの1階つきあたり奥にあるスペース。全身にぬるま湯のように浸透する絶妙な反響効果で、何を聴いても自宅の3割増しでいい印象を受けることができる不思議な音楽空間です。未知の音楽との出会いに、既知の音楽との再会に。軽い舞踏に。気のおけない会話に。酩酊に。密会に。ぜひ一度遊びにいらしてください。

みなさまそろそろ花粉に苛まれ始めておられる時期でしょうか。3月のご案内です。たぶんこの回で開始以来ちょうど11年になるはずですが、ずっといっしょにやっているチバさんのフルネームを知らないような気がすることにいま気付きました。あずさんのもあやしい。そんな絶妙のチームワークをぜひともご満喫ください。

過去分のセットリストその他は、「黒の試走車<テストカー>」のmixiコミュニティにて閲覧可能です。

d0000025_2234947.jpg

# by soundofmusic | 2018-02-20 01:30 | 黒の試走車イヴェント情報 | Comments(0)

リストVol.116 2018.01.13 ゲスト:Shintaro Kuriyama&ムスプス ライヴ:pipoo

***森山兄***

01 Jancis Harvey / The Night They Drove Old Dixie Down
02 Joan Shelley / Where I'll Find You
03 Honeytree / So Much Man
04 柴田聡子 / スプライト・フォー・ユー
05 Simone / Novo Tempo
06 Lo Borges / Equatorial
07 ウワノソラ / プールサイドにて
08 Pastiche / My Love So Sweet
09 L. A. Boppers / La La Means I Love You
10 Rita Pavone / Quando Sogno

☆コメント

♪01 意外と最近まで聴いたことなかった英国フォーク。『タイム・ワズ・ナウ』より。ザ・バンド様のカヴァー。

♪02 わたし内でここ数年評価の高い、現代アメリカのSSW。ウィルコのジェフ・トウィーディがプロデュースしたセルフ・タイトルド作より。(YouTube)

♪03 アメリカの宗教SSWのセルフ・タイトルド作(1973)より。たぶんCD化はされてませんがYouTubeでアルバムまるごと聴けたりするのでキャロル・キングとか好きなひとはぜひ。(YouTube)

♪04 昨年度作『愛の休日』より。

♪05 ブラジルの歌手。セルフ・タイトルド作より。イヴァン・リンスのカヴァー。イントロで「ペニー・レイン」のフレーズを使用。(YouTube)

♪06 ミナスっぽさつながりで。『ア・ヴィア・ラクテア』より。(YouTube)

♪07 ディスクユニオンの御店員様から教えてもらったバンド。『陽だまり』より。日本でミナス感をうまく取り入れているひとたちっていうとLampか、このウワノソラってことになると思います。ほかにもいたら教えてください。(バンドのサイト)

♪08 2017年最大の衝撃のひとつ。80年代のアメリカ人(たぶん)ジャズ・コーラス・グループで、ジャパン・マネーで制作されたホワスト・アルバム『ザッツ・R&B-バップ』ではサザン「いとしのエリー」(この曲)や松田聖子「スイート・メモリーズ」を英語で歌っています。(YouTube)

♪09 このアレンジにもびっくりしたなあ。デルフォニックスのスウィート・ソウル名曲を、チョッパー・ベースびしばしのモダン・ソウルに改作している。『バップ・タイム』より。(YouTube)

♪10 シチリアのレコード・フェアでたまたま知った昔の歌手。イタリアの雪村いづみみたいなひとだと思っています。これは「明るい表通りで」のイタリア語版。(YouTube)

***森山弟***

01 Kate Rusby / Awkward Annie
02 Idha / Ooh La La
03 Luluc / Small Window
04 La Lá / Primavera Del Amor-Odio
05 Julie & Khari / Moon Bossa
06 Rickie Lee Jones / Chuck E.'s in Love
07 Terry Hall / Forever J
08 小泉今日子 / 空洞です

***Shintaro Kuriyama***

01 The Unexpected Visitor / Michael Hedges
02 Suite Flamande Aux Pommes / Pierre Bensusan
03 Ewe / Fabiano Do Nascimento
04 Amphibious / Anat Cohen & Marcello Gonçalves
05 Consolação / Sebastião Tapajós
06 Dança do Pajé / Hermeto Pascoal & Grupo Vice Versa
07 Pensamento de água / Santiago Beis
08 Loro / Anat Cohen Tentet
09 Bicho Do Mato / Elis Regina
10 Mucuna / Renata Rosa
11 Jagd-Etűde(Paganini-Liszt)パガニーニによる超絶技巧練習曲第5番「狩り」/ Eugen Cicero(p), Peter Witte(b), Charly Antolini(ds)

***ムスプス***

☆お待ちください


***pipoo(Live)***

01 dont know why
02 風が生まれる街
03 blue fish
04 放課後の音楽室
05 海イグアナの夜明け
06 三日月と海
07 Southern Cross
08 カントリーロード

***森山弟***

01 never young beach / なんかさ
02 奥田民生 / 空にまいあがれ
03 Johnny Cash / I've Been Everywhere
04 Black Kat Boppers / Baby! My Lovin' Is True
05 Mo' Horizons / Remember Tomorrow
06 野宮真貴 / マジック・カーペット・ライド
07 EGO-WRAPPIN' / 異邦人

***森山兄***

01 レモンリーフ / 中和!
02 Janis Martin / Bang Bang
03 Herb Hardesty & His Band / Bouncing Ball
04 Dixie Cups / Two-Way-Poc-Away
05 Mahlathini / Kwa Mfazi Onge Mama
06 民謡クルセイダーズ / 炭坑節
07 Harold Alexander / Mama Soul
08 Eric Galloway & The Latin Beats / American Patrol
09 黛敏郎 / 豚と軍艦 M-12
10 黛敏郎 / アラブの嵐 M-5

☆コメント

♪01 ミニ・アルバム『アコースティックマインド』より。たまたま持って行ったら御メンバーの田中様も御来場しておられたためプレイ。(YouTube)

♪02 RCAが「女エルヴィス」として売り出した歌手。気持ちいいですね。(YouTube)

♪03 ファッツ・ドミノのバンドにいたサックス奏者。録音されていながらオクラになっていたアルバムの音源などをコンパイルした『ザ・ドミノ・エフェクト』より。(allmusic)

♪04 彼女たちがニューオーリンズ出身であることはふだんはとくに意識してませんでしたが、こういう曲を聴くとよくわかります。(YouTube)

♪05 アフロ浪曲の雄。『ザ・ライオン・オヴ・ソウェト』より。このひとと一緒にやってた(このアルバムのバック・コーラスもそうかもしれないけどクレジットないので不明)マホテラ・クウィーンズって、90年頃に日本のTV-CMにも出てましたよね。(allmusic)

♪06 福生の民謡バンド。『エコーズ・オブ・ジャパン』より。(YouTube)

♪07 「楽器を演奏すること」のイメージの刷新を迫られるフルート演奏。『サンシャイン・マン』より。(YouTube)

♪08 イギリスのバンド・リーダー。『ディキシー・ゴーズ・ラテン』より。タイトルどおりのナイス作。(レコ屋のサイト)

♪09&♪10 こういうコンピを待ってたんです。『黛敏郎 日活ジャズセレクション』より。(発売元のサイト)

***おまけCD『Walk the Dog and Light the Light』曲目***

01 Big Mama Thornton / Hound dog
02 曽我部恵一BAND / チワワちゃん
03 The New Mastersounds / Hot Dog
04 Eddie Bo / Every Dog Has Its Day
05 Charlie Rich / Double Dog Dare Me
06 Uncle Tupelo / I Wanna be Your Dog
07 Kitty, Daisy & Lewis / Bitchin' in the Kitchen
08 Marvin Phillips / Salty Dog
09 Nick Pride & The Pimptones / Hot Doggin'
10 Owen Pallett / Keep the Dog Quiet
11 原田知世 / 黒い犬
12 Prefab Sprout / Moon Dog
13 ツツジと犬と黄色いジャンパー / 山本耀司
14 Digable Planets / Dog It
15 Nellie McKay / Beneath the Underdog
16 GONTITI / Watchdog in the Afternoon
17 West/Rock/Woods / Black Dog
18 Eartha Kitt / Yellow Dog Blues
19 Stefan Grossman & Ton Van Bergeyk / A Salty Dog Rag
20 Dave Evans / Every Bad Dog
21 Adriana Maciel / Cão (Like a Dog)
22 Kenneth Pattengale & Joey Ryan / Memoirs of an Owned Dog
23 ムーンライダーズ / ドッグ・ソング

☆戌年なので、犬っぽい曲を集めてみました。ちなみに前回の戌年のときも同趣旨のコンピを作っておりまして、06はそちらにも収録されています(度忘れ問題)。
# by soundofmusic | 2018-02-02 17:27 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

ドーナツとマグカップ

d0000025_12482812.jpg海外に行くとほぼ四六時中、日本語を使って日本語のことを考えている。見ている景色、毎度毎度の食事、街を歩くひとの服装、そしてもちろんそこの言葉。そうしたものごとを、自分の日本語を拡張し、改善するのに役立てられないか。そんなことを続けていたら、場合によっては、元の形をとどめないほどにまで変型してしまうかもしれないと思って身震いしそうにもなる。身震いしながら、ドーナツとマグカップが理論的には同じ形だという話を思い出してみる。どう考えても同じじゃなさそうなふたつを並べて、比べて、つなげてみること。

7年前の4月。台北の桃園空港で、その当時の日本人の身体にだけ度を越して付着している可能性のあったある物質を検知するゲートをくぐって、初めてこの国?に入った。以下わずらわしいので「?」は省くけど、20代で「裏声で歌え君が代」を読んだときも、30代で「悲情城市」や「牯嶺街少年殺人事件」を見たときも、いま思い返してみれば、なるほどあそこに描かれていたのはそういうことだったかと、ようやく多少合点がいくけれど、ただひとつやふたつ小説を読んだり映画を見たりしただけでは、この国?がどういう国?なのかすぐにわかるはずもない。

そういう大きな話とは別に、知らない国を訪ねたらやはりその土地のレコード屋に行きたいし、行かない理由もないので行くわけなので、初めての訪台のときからレコード屋には毎回顔を出していて、西洋の人名がカタカナ書きされるように(これは比喩です)音から漢字に転写されるのを面白がったり、バンド名であれば意味を拾って直訳されるのを見て感心したりしていた(ソニック・ユース→音速青春樂團)。また、エイベックスのCDが半分くらいを占める日本人コーナーで、日本の定価の6割くらいの新品を買ったりもした。

四方田犬彦は、「映画はそれが作られた土地で見るべし」と言っていた。「名物料理じゃあるまいし、軽々と土地から飛び出していくのが映画でしょうに」と、常々この言葉には反発を感じつつ、それでもいつも心のどこかに残り続けていて、そして何年もかけて、少しずつわたしの考えは変わってきた。つまり、四方田先生の言葉を言い換えるならば、「その土地でいちばんうまいのはその土地ならではのものですよ」となるのだろう。それならば納得がいく。

ということで、ほぼ毎年行ってるせいで訪台も7回目になるので、少しは土地のうまい盤もかじってみようか、ってのが今回の目標。とはいっても、たまたま昨年は素晴らしいシティ・ポップ・バンド、雀斑との出会いがあったけど、その流れでいくつか現代台湾のバンドを試聴してみてもいまいちピンと来るものがなかった。現地で流れている音楽でも、いままでにおっ、と思ったのは、コンヴィニの店内で思わずシャザムってしまったMC HotDog feat. 關彥淳「輕熟女27」(→☆)くらいのもの。

出かける少し前のいつだったか、何の気なしにYouTubeで「taiwan aor」とかで検索してみたら、台湾、香港、シンガポールなんかの中華圏のいい感じのディスコ歌謡、ファンク歌謡(和モノならぬ「華モノ」ってところ)がぞろぞろ出てきて、こういうのは本当にありがたいですね。わたしの耳はこのへんの言葉にはまったく感度が鈍くて(ほかに対して鋭いとかでもないんだけど)、北京語も広東語も台湾語も、聞いてて音としての違いすらわからないし、漢字の人名を英語表記するときのルールの違いも理解してない。ともかく原産国も言語もごちゃまぜにした、10人くらいの名前を書いたおつかいメモを握りしめて台北に到着。

最初の何回かで、台北中心部のレコード屋はだいぶ行ったつもりでいたけど、新しい目標を得てまた店を検索しなおすと、移転していたり、もともと存在していたけどスルーしていたり、自分のレコード・マップのアップデートを迫られる状態。行ったことのある店でも、いままでは中華圏のコーナーは見てなかったし。

新品を扱うショップのコーナーでは、どこでもいちばん種類が多いのはやっぱりテレサ・テン。それ以外はほぼ未知の人名ばかりなので、適当に引っ張り出して、ジャケとか年代でピンと来たらその場で試聴。ただしこのやり方はそんなに打率は高くない。無限に時間があれば別だけど。それと、YouTubeだとそもそもアップされてないことも多かった。

中華圏のポップスの中古盤(アナログ)を大量に置いてある店はあいにく見つけられなかったんですが、それほど量が多くない店でも、新品のCDコーナーよりは音楽史が目に見える形で露出してて、圧倒的に多くの情報が得られる。70年代には青春っぽいフォーク・グループがいて、80年代にはアーバンっぽいジャケが目立ち、アイドルは無意味にテニス・ラケットを持たされ、みたいな。ちなみに中古は「二手」。英語のセカンドハンドの直訳なのか、関係ないのかは不明。

行ったなかでアナログ盤の総量が多かったのは、龍山寺とか萬華から1kmくらい南下したところの小宋唱片行(中華圏のものは少しだけ。なにも買わず)と、華山1914文創園區から道路をはさんで東側にある三創生活のなかの三創黑膠。三創生活はたぶんここ数年以内にできたと思われる、日本でいうとロフトとかああいう感じの建物。そのなかに、アナログ・オンリー(新品と中古)でやってるのが三創黑膠で、広さは新宿のアルタのHMVの半分くらいでしょうか。

ここでは、持っていったリストに挙げたものはなかったので、ジャケ見て→気になって→試聴、の流れで、80年代ポップスを2枚。金瑞瑤『望著你』(→☆)と、粉紅派對(Pink Lady)『半透明的心』(→☆)。かわいいでしょ。どちらも1200円くらいするのでとくに安くはないし、食事代の安さと比べたらなおさらだし、おまけに日本でいえば300円レコみたいな存在な雰囲気がぷんぷんするけど(怒ってるわけではない)、未知のものにとりかかるときはそれなりにケチケチせずに金を使うべきなんですよ。って、1000円かそこらでえらそうに言うことでもないですが。

CDは、西門町の5大唱片(台湾各地にある新品のチェーン店)で、鄒娟娟のベスト盤を。これは400円くらいなので安い。帰ってきてから聴きながら調べていたら、ここに入ってる「風兒答應我」は、桜田淳子の「ゆれてる私」のカヴァー、っていうか、オケもそのまま使い回してるっぽい(比較動画→☆)。

ここの店内で、中華圏のコーナーに長時間しゃがみこんでたら、ふと流れてきた曲に耳を惹かれる。スウィート・ジョン(甜約翰)のアルバム『Dear』でした。ちなみに台湾の若手バンドのCD、Kポップなんかと似て、特殊パッケージ率がけっこう高いようです。このアルバムも封筒型のケースに入ってた。土岐麻子あたりが好きなひとは気に入るかもなので聴いてみてください(→☆)。

台湾のいいところは看板が読めることで、漢字ってのは役に立つ。日本語がローマ字表記とかにならなくて本当によかった。台北で泊まってた西門町の近くには洛陽街という通りがあって、たぶん生まれて一度も実際に使ったことはない「洛陽の紙価を高める」とか不意に思い出すわけだし。戦後、漢字を廃止して全部ローマ字表記にしてたら韓国みたいになるのかな。韓国に対する批判的な意図はないけど、トイレ=化粧室がファジャンシルだと知ると、音読み、訓読みみたいなイメージで韓読みだとこうなるのかーとわかると同時に、だったら、北東アジアの文化交流として、漢語は漢字で書くのもありなのでは? とも思う。もちろん漢字に対する感情的反発は容易に想像できますけど。

話がズレた。今回の台北、看板や貼り紙を見てて、あれ、と思ったのが、料理屋に掲示されてた「人手不足」と書かれた求人広告。この書きかたは初めて見た。たいてい「人才招募」とか、あるいは大きく「徴」とあるのが普通だから。

台北から高速バスで4時間(1600円くらい)、台南に移動。台湾でいちばん古い都会で、そういう意味では台湾の京都だし、台北とは違った独自の食文化で知られてもいるから大阪かもしれない。台北よりはだいぶのんびりした空気が流れている街。食事と観光の話は省略しますが、古民家を改造したバー、キンクスで、少年ナイフが流れてるのを聴きながら台湾ビールを飲んだことと、帰りに宿のそばの酒屋の脇に、台湾ビールの空の段ボール箱が積んであって、これ持って帰ったらLP入れるのにちょうどいい大きさだな、と思ったことは書いておく(未遂)。

台南駅の東口の古本屋、珍古書坊に、ある程度の量の中古盤(LP、CD)が置いてある。地上3階、地下1階くらいのビルがたぶん丸ごと古本屋。LP売場は地下で、階段をおりていくと電気がついてない。スウィッチを触ってみたけど暗いまま。階段からの薄明かりでなんとなく手もとは見えるので、スマートフォンのあかりを頼りに探盤。クラシックや洋楽が中心で、中華ものコーナーは100枚かそこらだろうか、途中からめんどくさくなって、ひと抱えずつ階段のそばに持っていって、そこで見た(あとで戻しました)。

ここで買ったうちのひとつが鄒娟娟『池塘邊』。台北で買ったベスト盤とのダブりは4曲くらいかな。家に帰って聴いてみたら、全体的にいい感じの70年代歌謡曲なんだけど、途中で聴き覚えのある曲が出てくる。「ルージュの伝言」と、「年下の男の子」のカヴァーだった。ジャケットには原曲名の表記はなくて、漢字で書かれたタイトルも、もとの曲名とは関係ないみたい。作者のクレジットはどうなってるのかと見てみたら、これらの曲については、作詞家の名前だけが載っていて、作曲者名は書かれていなかった。なるほど。「ルージュの伝言」のカヴァー3ヴァージョンをまとめた動画がこちら→☆

翌朝の飛行機のために、普通列車で高雄に移動。台南駅のプラットフォームにはSide AとSide Bがありました。

高雄から飛行機でマカオへ。空港からのバスでアマラル広場に降り立つと、いきなり目の前に、金がそのまま建材になったような狂った色と形の建物が出現するものだから、若干テンションが上がる。調べておいた本屋には行けずじまいで、マカオでレコードが買えるのかどうかは確認できず。荷物を引きずりながらの観光もしんどいので、もともとの予定どおり、滞在数時間でマカオを出発、高速船で香港に向かいました。

初めての香港は想像していた以上に香港で、ひとはやたらと多くてビルはめちゃくちゃ高くて看板は道路の上の空中に所狭しと突き出しているし、ついでに外壁工事をしているビルの足場はいまだに竹でできている。旺角の安ホテルの6階の部屋に入ると、夜まで続いている路上カラオケの音が、どういう経路を通ってなのかわかりませんが、天井の通気孔から、聴診器をあててるみたいに臨場感たっぷりで聞こえてくる。着いた日は女人街のマーケットを流し、そこらで麺を食べて、レコード屋を2軒ほど覗いてから寝ました。ほぼ新品のセレクト・ショップであるホワイト・ノイズ・レコーズの店内には、2匹の猫が闊歩していました。日本のものもけっこう置いてあって、そしてつい数日前に細野晴臣のライヴがあったことをポスターで知りました。もちろん「香港ブルース」もやったんでしょうね。そういえば台北のレコード屋でも、11月に台湾盤が出たばかりの『ホソノ・ハウス』が面展されているのを見かけたっけな。

翌日、尖沙咀のHMVでじっくり時間をかけてどんなCDがあるのかを確認してから、スター・フェリーで香港島側、中環に渡ります。船で5分ほどの距離なのに、対岸のビルが霞んで見えるのは別に天気が悪いからではなくて空気が汚ないからか。国際金融中心のモールの中のディスク・プラス、ここは店内でWi-Fiが拾えたので、気になるものを検索しながらひとしきり過ごしました。

ちなみに、台湾滞在中は安いレンタル・ルーターを持ち歩いてましたが、香港ではホテルのWi-Fiと、たまにそのへんで拾えるWi-Fiが頼り。レコード屋で気になるものがあった場合、タイトルをメモっておいてあとで検索し、翌日に出直すとかもできるけど、なるべくその場で決断したい。普段、純粋にジャケ買いをすることはあまりなくて、気になったら検索しちゃうんですが、それができない環境だと、真剣さが違ってくる。ジャケ買いとは言っても、見るところは顔、服装、曲目と多岐に渡ります。顔自体はあんまり変えられないけど、トータルの見た目は、盤の内容と、売る側が想定している客層を(基本的には)反映していると推定するならば、どれが自分の求める音楽かはなんとなくわかるはず、と思いたい。おおげさだけどジャケ買いとはそういうこと。見た目以外にも、英語曲のカヴァーが多ければサウンド・プロダクションもそういった傾向だろうと想像できます。

ディスク・プラスでは、チェルシー・チャンとベティー・ジョンの英語曲集、そして3人の女性歌手のオムニバス『少女雑誌』を購入。無事、香港にも足跡を残せました。

中環にはクイーンズ・ロードにも大きなHMVがあるのでどんなものが出てるのかを知るのには役立ちましたし、アドミラリティのパシフィック・プレイスにあるホンコン・レコーズもけっこう広いです。ここには、懐かしや、90年代にちょっとだけ話題になった香港のギター・ポップ・バンド、パンケークスのコーナーがあったよ。

夜、本土側に戻り、廟街の精美唱片でチョップスティックス(チョップスティック・シスターズ、筷子姐妹)の2枚組ベスト盤を。シンガポールのザ・ピーナッツって感じのデュオです。ここは街のレコード屋って感じの店。廟街の夜市は、女人街に対して男人街と呼ばれているそうですが、売ってるものは大差なかったような。女人街にはなかった、CDを売っている屋台がありましたが、収穫はなし。

翌日、またスター・フェリーに乗って、今度は中環ではなく灣仔に渡りました。大有廣場のロック・ギャラリーで、フランシス・イップの2枚組など。1枚目が英語歌唱の洋楽カヴァー、2枚目がオリジナル曲集、と思いきや、2枚目に入っている「喝采」はちあきなおみのあの「喝采」だったりするし、1枚目のラスト曲「ネヴァー・セイ・グッドバイ」は英語に日本語が混じるこんな曲(→☆)。

もともとはハワイのローカル・ヒットで、アメリカ本土でもサンドパイパーズがヒットさせた、という経緯がこちらのブログ(→☆)に書いてありました。ハワイ→LA→香港と、ずいぶん長い距離を旅してわたしの耳まで届いたんだな。長旅お疲れ様。

レコード屋の場所は出かける前にそれなりに調べておいたつもりでしたが、その晩、そういえばいわゆる中古盤屋はどこにあるんだろうと思って再度検索したら、思ったよりもレコード屋の数は多いことがわかりました。ってことで最終日。ネイザン・ロードのおそろしく巨大な店で点心をつまんでから、午後のフライトまでのあいだ、あわただしくかつ意地汚なく、何軒か回ってみました。

深水埗駅近くのビルの地下、唱片鋪は、ネットで調べると13時開店とあって、ここでのんびりしてると飛行機に乗り遅れる可能性があるのでどうしようか悩みどころだったんですが、念のため12時過ぎに行ってみると、開いている。ありがたや。中華ものもたっぷり。店主に、持参した人名メモを見せると、フランシス・イップはここにあるけどほかのはわからん、とスマートフォンで翻訳した画面を見せてくれました。ざっと見て気になるものは何枚かありましたが、レコ掘りで深追いするとたいていロクなことがない、というのは経験上よく知っているので、フランシス・イップ『アンド・ザ・サン・ウィル・シャイン』のみ。レオン・ラッセルの大好きな曲「ブルーバード」のカヴァー入りの英語曲集。会計の際、無理だろうなと思いながらもダメ元で、カード使えるかと訊ねてみたところ、生まれて初めてそんなこと訊かれた、みたいな顔してましたね。

手持ちの現金が微妙に足りなさそうなので、両替屋(わりとどこにでもある)で1000円札1枚を両替し、そこらで昼飯を済ませ、空港に向かいます。あと1日、せめて半日あれば、と後ろ髪を引かれながらの離陸。レコ買いも散歩も食事も楽しくて、なるほど人気観光地なだけはあるなと納得。近いし、また(レコ掘りに)来るよ。再見香港。

○写真(上から)
・台北、三創黑膠
・台湾でよく見かける駐車禁止の看板
・台南、全美戯院の手描き看板
・台南のバー、キンクス
・台南駅の月台
・スター・フェリー乗場から見た香港島
・フットマッサージの看板
# by soundofmusic | 2018-01-31 12:54 | 日記 | Comments(0)