人気ブログランキング |

カテゴリ:PPFNPセットリスト( 88 )

リスト Vol.122 2019.07.13 ゲスト:harano & Katsuya Shibata ライヴ:ジョー長岡&松村拓海

***森山兄***

01 Michael Gately / Will You be Here
02 久保田麻琴 / 汽車
03 Lee Moses / She's a Bad Girl
04 The Ghetto Brothers / There is Something in My Heart
05 Cachao y Su Ritmo Caliente / Escucha, Dos Trompetas
06 姚蘇蓉 / 説不出的快活
07 Los Cheyenes / Eres Como un Sueno
08 Embalo R / Meus Amigos
09 Djalma Dias / O Caminhao do Simao
10 崔苔菁 / 愛情太神秘

☆コメント

01 「顔に似合わぬやさしい歌声」と形容されるSSWって、ロック史の中で1000人くらいいそうですが、そのうちにひとりに入るかも。ホワストはアル・クーパーのプロデュース。この曲はセカンド『ゲイトリー:スティル・ラウンド』より。(YouTube)

02 元・裸のラリーズ、その後、夕焼け楽団~サンディー&ザ・サンセッツ。この曲はホワスト・ソロ『まちぼうけ』より。『ホソノ・ハウス』や小坂忠『ほうろう』くらいいいぞ、と帯に書いてありますがまんざらウソでもない。(試聴)

03 アルバムはたぶん1枚しか出てない巨漢ソウル歌手。最近出たレア・トラックやシングル集『ハウ・マッチ・ロンガー・マスト・アイ・ウェイト?』より。(YouTube)

04 素性がよくわからないですが、たぶん若いラティーノたちによるガレージ・ソウル・バンド。『パワー』より。(YouTube)

05 たしかキューバのベーシスト。編集盤『フロム・ハバナ・トゥ・ニューヨーク』より。この曲は1961年の録音で、クラーク・テリーとジェローム・リチャードソンが加わっているとも。(YouTube)


06 ヤオ・スーロンは台湾の歌手。この曲は服部良一が作詞作曲し、笠置シズ子と旗照夫が歌った「ジャジャムボ」のカヴァー。歌詞を読むと、ジャジャムボとはじゃじゃ馬+マンボでしょうか? 中華圏だと香港の葛蘭(グレース・チャン)のやつがよく知られているみたいです。(YouTube)
ついでに→(笠置シズ子のやつ)(グレース・チャンのやつ)

07 60年代スペインのガレージ・バンド。名前はたぶん、アメリカ先住民のシャイアン族からとったのだと思います。この時期のバンドのご多分に漏れず、ビートルズの動向に振り回されたような作風ですがなかなか悪くないと思います。(YouTube)

08 ブラジルのバンド。ビートルズ「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」のカヴァー。(YouTube)

09 ブラジルのサンバ歌手。『Não Faça Drama』より。(YouTube)

10 こちらも台湾の方です。1972年度作『路邊小花』より。シンバルっていうか、金属の皿をぶつけてるようなヤケクソな音がいいですね。ガレージ歌謡。町あかりの「もぐらたたきのような人」を思い出したけど聴き比べたら別に似てなかった。(YouTube)

***森山弟***

01 Mariee Sioux / Buried in Teeth
02 The Long Lost / The Art of Kissing
03 Tim Ries / Honky Tonk Women (Keith's version)
04 Grace Potter & The Nocturnals / Medicine
05 Alice Russell / Turn and Run
06 Lord Newborn & The Magic Skulls / L.I.V.E.
07 Mountain Mocha Kilimanjaro / ありがとうございました。

***harano***

01 Betty boo / Wish You Were Here
02 The Monkees / Daddy's Song
03 Fulton Burley,The Melomen,Thurl Ravenscroft&Wally Boag / The Tiki, Tiki, Tiki Room
04 Usha Uthup / One Two Cha Cha Cha
05 Peter Thomas / Vergiss Mich, Wenn Du Kannst
06 Sniff’N’The Tears / Driver’s Seat
07 Elvis Costello&The Attractions / Pump It Up
08 Squeeze / Picadilly
09 The Go-Go's / Our Lips Are Seald
10 The Bootles / I'll Let You Hold My Hand
11 Frankfurt Schoolgirls / Talk Talk Talk
12 sonic surf city / Sun Day
13 Tullycraft / belinda
14 Blur / Oliver's Army

***Katsuya Shibata***

01 It Ain't 1918 / Sparks
02 Out of Touch / Bill Nelson's Red Noise
03 Little Green Men / Steve Vai
04 I Lost My Dodi / Haysi Fantayzee
05 Big Bag / PIGBAG
06 Wings Over the Sea / Roy Wood
07 We Did It Again / Soft Machine
08 We're Not Adult Orientated / Stereo Lab
09 Grass Onion / The Beatles
10 King's Lead Hat / Brian Eno
11 I Don't Think I'm Ever Gonna Figure It Out / Elliott Smith

***ジョー長岡と松村拓海(伯父様と王子様)***

01 キャラメル
02 紫陽花
03 わたしは海女
04 心配
05 波止場
06 冬のオルゴール
(アンコール)
07 闇の雲

***森山弟***

01 never young beach / 自転車にのって
02 mo' horizons / do the boogaloo
03 Crue-L Grand Orchestra / Family
04 Trio Valore / Rehab
05 Status Quo with The Beach Boys / Fun Fun Fun

***森山兄***

01 Miss Abrams and The Strawberry Point 4th Grade Class / Building a Heaven on Earth
02 錢幽蘭 / 平平仄仄仄平平
03 陳瓊美 / 友情的歡唱
04 キャンディーズ / 内気なあいつ
05 江玲 / 你什麼意思
06 大野方栄 / Eccentric Person, Come Back to Me
07 Alan Sorrenti / Un Incontro in Ascensore
08 優河 / 思い出
09 鈴木慶一 / ラム亭のテーマ~ホタルの光

☆コメント

01 ヒッピーあがりの小学校の先生が生徒たちと一緒に作った音楽。これはたぶんノーマン・グリーンバウムのカヴァー。(YouTube)

02 ナイスなキッズ・コーラスつながりで。80年代の台湾の人です。同時代の日本のアイドルのようなプロダクションですが、曲は半分くらい自作だったりする。この曲もそう。(YouTube)

03 これも台湾もの。いつごろかわかりませんが1970年代でしょう。ほとんど日本の歌謡曲。(YouTube)

04 遅ればせながらキャンディーズのベスト盤を買って聴いています。この曲はなんとなくトニー・オーランド&ドーンっていうか、70年代前半に流行した1930年代ムードっていうか、そういう感じがありますね。(YouTube)

05 素性の紹介ができませんで、いい感じの台湾の歌謡曲としか言えなくてすみません。(YouTube)

06 数百曲のCMソングを歌って「CMソングの女王」と言われたそうです。ホワスト『マサエ・ア・ラ・モード』より。原曲は「恋人よ我に帰れ」ですが、このタイトルは「変人よ我に帰れ」という駄洒落でしょうね。(YouTube)

07 イタリアのAOR。ジェイ・グレイドン、デイヴィッド・フォスターなんかが参加した『Figli Delle Stelle』より。最高です。(YouTube)

08 石橋凌と原田美枝子の娘。『Tabiji』より。この曲の試聴が見つかりませんでしたがほかの曲ならいろいろあります。いい声なので聴いてみてください。

09 ここ1年くらいはいつも黛敏郎の「蛍の光」でクロージングしてますが、たまには違うのにしようと思ってかけてみましたが、これなんだかわからないな。次回からは黛敏郎に戻します。(Amazon)

***おまけCD『From the New World』曲目***

01 カーネーション / ニュー・モーニング
02 Kirsty MacColl / A New England
03 鈴木祥子 / あたらしい愛の詩
04 Elbow Bones & The Racketeers / A Night in New York
05 Donald Fagen / The New Breed
06 Speedometer / La Nueva Manera
07 Nuyorican Soul / Gotta New Life
08 サノトモミ / 街の新色
09 Quantic / Brand New Watusi
10 Fats Domino / Mardi Gras in New Orleans
11 Traveling Wilburys / New Blue Moon
12 Camera Obscura / Shine Like a New Pin
13 王舟 / New Song
14 The Gentle Waves / Renew & Restore
15 Psapp / New Rubbers
16 ギロ / 新世界より
17 高橋徹也 / 新しい世界
18 Lou Reed / New York Telephone Conversation

☆23年目に突入する弊イヴェントの新しい意気込みを見せるべく「新」「New」をテーマに選曲してみました。
by soundofmusic | 2019-07-17 00:34 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リスト Vol.121 2019.04.13 ゲスト:K&No'n ライヴ:たけとんぼ

***森山兄***

01 Paul Simon / Everything Put Together Falls Apart
02 桑田佳祐 / 鏡
03 萩原健一 / 雨のしおり
04 秘密のミーニーズ / 名まえの無い鳥
05 Aura / Can't Waste No Time

☆コメント

♪01 S&G解散後の初ソロ作『ポール・サイモン』より。(YouTube)

♪02 『孤独の太陽』より。おまけCDのために森山弟くんがこのアルバムの曲を選んでくれたのでひさびさに思い出して聴いてみましたが、リリース時に感じたのと同じくらいいいと感じた。曲の後半は「ブラックバード」っぽくなりますが、誰だか知らないひとがピアノでカヴァーしてるこれを聴くと、別の方向性でビートルズっぽい。→(YouTube)

♪03 『ナジャ 愛の世界』より。70年代くさい日本の役者で好きなひとなんてひとりもいないわけですが、ショーケンのこともよくわかってない。たぶん持ってるアルバムはこれだけ。すげえオフな歌の録音と、ヨ~ロピア~ンなオケのブレンドがよいですね。(YouTube)

♪04 日本語ロックの新星。さわやかなウェスト・コースト風コーラス。『イッツ・ノー・シークレット』より。(YouTube)

♪05 ハワイのファンク・バンド。陳腐な言い方ですがまさにいま聴いて気持ちのいい音。(試聴)

***森山弟***

01 Natalie Renoir & DJ Leao / Rockaway Beach
02 Rita Lee / She Loves You
03 Mo Horizona / bosshannover
04 Alex Tait / Avery
05 Sergio Mendes & Brasil 77 / Superstition

***K***

01 Sound Your Funky Horn / K.C. & the Sunshine Band
02 Clean Up Woman(Jim Sharp edit) / Betty Wright
03 Feel the Fire / Oscar Brown Jr
04 Holdin' Out For Love / Pointer Sisters
05 the Devil Made Me Do It / Robert Upchurch
06 Sweet Lil Lady / the Ohio Players
07 Can You Feel It / S.O.U.L.
08 Dig a Little Deeper / the Brecker Brothers
09 My Kind Of Woman / Bloodstone
10 Happy People / R.Kelly
11 That's How I Feel / the Crusaders
12 the 37th Chamber / Courtney Pine
13 Love Somebody / Cat Boys
14 American Wedding / Frank Ocean

***No'n***

01 Diesler/ Cotton Wool
02 Middle field / Incoming(Moonrtarr Remix Circa 2004)
03 Gerardo Frisina / Saeta(Part One)
04 Mo'Horizons / Ay Y N'ama(DJ Day Remix)
05 Hajime Yoshizawa / Time
06 Quantic & his Combo Barbaro / New Morning
07 Gerardo Frisina / Intenso

***ライヴ:たけとんぼ***
01 今夜町をでよう
02 都会
03 ぼくはトマトくん
04 タイムス
05 アメリカン
06 紙飛行機
en こころにテレフォン

***森山弟***

01 MY LITTLE LOVER / 風をあつめて
02 サニーデイ・サービス / 夜のメロディ
03 The Jeevas / Have You Ever Seen The Rain
04 The Band / When I Paint My Masterpiece
05 Lee Ann Womack / The Weight
06 スピッツ / さすらい

***森山兄***

01 真心ブラザーズ / 高い空
02 東京佼成ウインドオーケストラ / フライングゲット
03 Cornelius Brothers & Sister Rose / Too Late to Turn Back Now
04 サトア / 私たちの窓
05 斉藤由貴 / 卒業
06 Prachis / La Cancion de...Parchis
07 TnT Boys / Jala Jala
08 黛敏郎 / アラブの嵐 M-5(蛍の光)

☆コメント

♪01 『キング・オブ・ロック』より。火葬場の歌。(YouTube)

♪02 ディスクユニオンに行ったときにたまたま見かけて買った、AKBの曲を吹奏楽でやった『ブラバンAKB!』より。曲、タイトルくらいは知ってるけど別に耳なじなわけでもないし、しょーもないものを買ってしまった。(YouTube)

♪03 映画「ブラック・クランズマン」でかかってて知った曲。(YouTube)

♪04 現代日本のスリーピース女子バンド。『スクランブルエッグ』より。(Amazon)

♪05 最初にいいなあと思ってから30年以上たってますが、途中25年くらいのブランクを経てまた好きになって、ついに買ったホワスト・アルバム『アクシア』より。(YouTube)

♪06 スペインのキッズ・グループ。買ってからDJのたびに持ち歩いてたけどなんとなく使いそびれてようやくかけられた。(YouTube)

♪07 ヒップなブガルー・デュオ。『セックス・シンボル』より。(YouTube)

♪08 毎度おなじみのクロージング・ナンバーです。『日活ジャズセレクション』より。

***おまけCD『Papa's Got a Brand New Coffin』曲目***

01 Manfred Mann / So Long Dad
02 Billie Joe Armstrong & Norah Jones / Silver Haired Daddy of Mine
03 Jacqui Naylor / Father Christmas
04 Paul Simon / Papa Hobo
05 加川良 / 子守唄をうたえない親父達のために
06 Emmylou Harris / To Daddy
07 Steve Lucky & The Rhumba Bums / Daddy-O
08 Louis Jordan & His Tympany Five / Dad Gum Ya Hide, Boy
09 XTC / Hold Me My Daddy
10 Los Junior Star / No Se Lo Diga a Papa
11 Erroll Garner / El Papa Grande
12 The Quantic Soul Orchestra / Father
13 Ella Fitzgerald / Beat Me, Daddy, Eight to the Bar
14 Clarence Reid / If It was Good Enough for Daddy
15 桑田佳祐 / 僕のお父さん
16 Ralph McTell / Father Forgive Them
17 Harry Nilsson / Daddy's Song
18 The Humblebums / Her Father Didn't Like Me Anyway
19 Os Vips / Papa Rua
20 Gorky's Zygotic Mynci / Sometimes the Father is the Son
21 Gillian Welch / I Had a Real Good Mother & Father
22 Last Days / The Fields Remember My Father
23 THE YELLOW MONKEY / Father

☆今年1月か2月に亡くなった森山父(1946-2019)に捧げられました。
by soundofmusic | 2019-04-17 22:08 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リスト Vol.120 2019.01.12 ゲスト:Momo Ogaki&加賀琢磨 ライヴ:音璃

***森山兄***

01 Queen / Crazy Little Thing Called Love
02 The Cadillacs / No Chance
03 Megas & Spilverk þjóðanna / Jón Sívertsen og sjálfstæðisbarningur ísfirskra
04 Jorge Drexler / Telefonia
05 Marissa Nadler / You're Only Harmless When You Sleep
06 Larry Carlton / I Cry Mercy
07 Karen Dalton / In a Station
08 Roscoe Robinson / Sell Out to the Master
09 The Milk Carton Kids / Just Look at Us Now
10 サトア / ライト

☆コメント

♪01 クウィーンについてはとくになにか言いたい気持ちはないです。映画も見てないですけど唯一持ってるベスト盤を聴いたら意外によかったですね。ってことでプレイ。(YouTube)

♪02 ドゥワップ。シンプルな音楽ですがなかなかあなどれないですし聴き飽きない。ベスト盤より。(YouTube)

♪03 なんでもこのメガスというひと、アイスランドではビョークやシガー・ロスを知らないひとはいてもメガスを知らないひとはいない、というくらいの有名人だそうで、歌詞がとくにいいのだそうです。1977年のアルバム『Á Bleikum Náttkjólum (Sérútgáfa) 』より。(YouTube)

♪04 ウルグアイ出身の歌手。映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」の主題歌で注目されました。その後もコンストントに活動。2017年度作『Salvavidas De Hielo』より。(YouTube)

♪05 一貫して一貫した世界観を貫き続けているSSW。2018年度作『フォー・マイ・クライムズ』より。いつもと同じですけどいいです。(Amazon)

♪06 後年、フュージョンで名を成すギタリストの初期作『シンギング/プレイング』より。スミス・パーキンス・スミスというひとたちのカヴァーなのでしょうか?(YouTube)

♪07 ザ・バンドのカヴァー。オリジナルは思い出せませんがこのヴァージョンは異様に好きです。『イン・マイ・オウン・タイム』より。(YouTube)

♪08 ゴスペル。『ヒー・スティル・リヴズ・イン・ミー』より。別ヴァージョンですが→(YouTube)

♪09 現代のサイモン&ガーファンクル。初めてバンドと録音した、2018年度作『All the Things That I Did and All the Things That I Didn't Do』より。(YouTube)

♪10 現代日本のギターポップ。ふだん聴かない類の音楽ですがこれはいいですね。女子だからかな。『スリーショット』より。(YouTube)

***森山弟***

01 Eva Cassidy / Kathy's Song
02 Françoise Hardy / Till the Morning Comes
03 The Decemberists / Don't Carry It All
04 King Curtis / The Weight
05 吾妻光良 & The Swinging Boppers / おもて寒いよね
06 BENI / 接吻
07 Travis / Idlewind
08 Eilen Jewell / Queens of the Minor Key
09 Nick Pride & The Pimptones / Waitin' So Long feat. Jess Roberts

***Momo Ogaki***

01 Feeling You / Omar Feat. Stevie Wonder
02 Them Changes / Tundercats
03 Crazy In Love / Aimer
04 8/4 Beat / Bobby Hutcherson
05 Afro Luso Brasileiro / Jazzinho
06 Pimenteira / Hermeto Pascoal
07 Breezy / Wouter Hemel
08 Palos / Willie Bobo
09 Don't You Worry 'Bout A Thing / Jacob Collier

***加賀琢磨***

01 Paulinho Da Viola / Mu Movo Sapato
02 The Latin Souls / The Latin Souls Theme
03 Rene Touzet / Poinciana
04 The Quartette Trés Bien / Shangri-La
05 Mongo Santamaria / Labmba
06 Joe Loco / Oh Yeah
07 The Latin Brothers / Baila Ines
08 Bobby Valentin / Use It Before You Lose It
09 Ray Terrace / You've Been Talking 'bout Me Baby

***ライヴ:音璃***

01 ない、あなた
02 aiaia
03 かまけている
04 満員電車
05 新曲
06 ごはん
07 Chuck E's In Love(カバー)
08 めざめ
09 I say

***森山弟***

01 山崎まさよし / さらば恋人
02 NOKKO / 恋はあせらず
03 Nicola Conte / Free Souls
04 Elizabeth Shepherd Trio / Reversed
05 Bacao Rhythm & Steel Band / 1 Thing
06 COOL WISE MAN / 狼煙 -Dub-
07 井乃頭蓄音団 / 昔はよかった
08 椿屋四重奏 / BURN

***森山兄***

01 Greta Van Fleet / The New Day
02 Celia Cruz / Etc., Etc., Etc.
03 Trio Ternura / Uma Sombra Na Estrada
04 鄒娟娟 / 小小禮物
05 David Clayton-Thomas / Magnificent Sanctuary Band
06 Paul Simon / Pigs, Sheep and Wolves
07 ハイ・ファイ・セット / 真夜中のバイ・バイ・ショー
08 比屋定篤子 / じんじん
09 Ofra Haza / Yachilvi Veyachali
10 黛敏郎 / 蛍の光(アラブの嵐 M-5)

☆コメント

♪01 ツェッペリンのバッタモンみたいなバンド。若いのになかなかいい感じです。『アンセム・オヴ・ザ・ピースフル・アーミー』より。(YouTube)

♪02 サルサの女王。『エトセトラ、エトセトラ、エトセトラ』のタイトル曲。(YouTube)

♪03 ブラジルのコーラス・グループ。『トリオ・テルヌーラ』より。車のエンジン音で始まるかっこいい曲。(YouTube)

♪04 たぶん台湾の歌謡曲。クセになるよね?(YouTube)

♪05 ブラッド、スウェット&ティアーズのひとのソロ。ダニー・ハサウェイのカヴァーのほうが知られていると思いますが、オリジナルはダニーでもこのひとでもない。(YouTube)

♪06 昨年出た、あまり有名でない自作曲をリ・アレンジして再録したアルバム『イン・ザ・ブルー・ライト』より。オリジナル・ヴァージョン→(YouTube)

♪07 ヴォーカリーズっぽいアルバム『1&2』より。(YouTube)

♪08 『風と鱗』より。試聴できるところ見つからず。あいすません。

♪09 このあいだ生まれて初めて聴いたオフラ・ハザ。予定が狂って時間つぶしのために入ったブックオフの280円コーナーで買った『イエメン・ソングス』より。(YouTube)

♪10 毎度おなじみのクロージング・ナンバーです。『日活ジャズ・セレクション』より。(Amazon)

***おまけCD『Hogs, Pigs and Battleships』曲目***

01 ソギー・チェリオス / ぼくはイノシシ
02 The Rutles / Piggy in the Middle
03 Pink Floyd / Pigs On The Wing (Part One)
04 Pink Floyd / Pigs On The Wing (Part Two)
05 John Renbourn / The Wildest Pig in Captivity
06 Nicky Hopkins / Pig's Boogie
07 Grease Band / Willie and the Pig
08 山本耀司 / 豚がすべて
09 Dr. Feelgood / I'm a Hog for You
10 Elvin Bishop / Ground Hog
11 Mountain Mocha Kilimanjaro / Big Pig Affair
12 Kettel / Quickpig
13 Rachael Dadd / Hedgehog
14 コトリンゴ / hedgehog
15 Nellie Lutcher / The Pig Latin Song
16 黛敏郎 / 豚と軍艦
17 Telephone Bill & The Smooth Operators / Boogie Woogie Piggie
18 The Dillards / Groundhog
19 Bonzo Dog Doo-Dah Band / Piggy Bank Love
20 J.S.D. Band / Groundhog
21 The Beatles / Piggies
22 中村八大 / 豚と金魚
23 Ry Cooder / Pigmeat
24 Nina Simone / Gimme a Pigfoot
by soundofmusic | 2019-01-22 23:49 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リストVol.119 2018.10.13 ゲスト:DJ SAWADA & シンガプーラ ライヴ:いおかゆうみ

***森山兄***

01 Gary Burton / I Want You
02 Rupert Holmes / Answering Machine
03 松任谷由実 / タワー・サイド・メモリー
04 Alcione / Acorda Que Eu Quero Ver
05 Guilherme Arantes / Meu Mundo e Nada Mais
06 Manna / I've Got a Name
07 Keith Carradine / Been Gone So Long
08 The Smiths / Heaven Knows I'm Miserable Now
09 Led Zeppelin / Ozone Baby
10 蓓蕾(Billie Tam) / 你好像一片蜜糖

☆コメント
♪01 ジャズ・ヴィブラフォン奏者がナッシュヴィルに行ってカントリー系のひとたちと録音した『テネシー・ファイアバード』より。ボブ・ディランのカヴァー。(YouTube)

♪02 この曲は2002年09月の、当イヴェントVol.32でもわたし自身がかけていたようですね。名曲。『パートナーズ・イン・クライム』より。(YouTube)

♪03 いい具合のアーバン感。1981年の『昨晩お会いしましょう』(ジャケはヒプノシス)より。この時期は1年にアルバム2枚出したりしてた。頭おかしい。(YouTube)

♪04 ブラジルのサンバ歌手。『A Voz do Samba』より。(YouTube)

♪05 ブラジルのSSW。ペルーのビートルズことウィ・オール・トゥギャザーに通じる、ソフト・サイケなポール・マッカートニー味。(YouTube)

♪06 ケンタッキーあたりの教会の活動から発展したらしきコーラス・グループ。SSW、フォーク系のカヴァーが多く、宗教色は薄め。この曲はジム・クロウチのカヴァー。高田馬場のディスクユニオンで100円で購入したアルバム『グロウイング』より。ソフトロック好きのひとにもややアピールしそうですが、検索してもほぼなにも情報出てこない。ここくらい。

♪07 俳優。ロバート・アルトマンの映画「ナッシュビル」のために書いたタイトル曲を含むアルバム『アイム・イージー』より。日本盤CDも出てたけど廃盤になって高くて買えない。(Amazon)

♪08 ベスト盤より。なんとなく選んでみて、あとから気付きましたが「就活してて就職したけどみじめな気分だぜ」みたいな歌詞だった。(YouTube)

♪09 『コーダ』より。ツェッペリンなんて70年代の恐竜バンドだろ、みたいな見方はかなりの程度正しくはあるのですが、いまとなっては意外とギター・ポップみたいなも聴けるんだぜといいたい。どこかの馬の骨がいい感じにカヴァーしてる動画。→(YouTube)

♪10 香港の歌手。『歡樂今宵』より。「マイ・ボーイ・ロリポップ」のカヴァー。このアルバム、ほかにもビートルズのカヴァーとかが入ってるのですがジャケを見てもそんなことは一切わからないので聴いているとびっくりするという趣向。(YouTube)

***森山弟***

01 D.A.N. / SSWB
02 Cocoon / Chupee
03 優河 / 空想夜歌
04 Rosie Brown / Strange Recolection
05 JUDE / サニーのチョコレート
06 Teddy Thompson & Krystle Warren / Pink Moon
07 Very Truly Yours / I'd Write a Song

***DJ SAWADA***

01 SAMURAI / DJAVAN
02 Bananeira / EMILIO SANTIAGO
03 Tudo Que Voce Podia Ser / AZIMUTH
04 Mambo Diablo / Tito Puente,Joe Loco & Machito
05 Enchantment / Sabu Martinez
06 Constelacao / Tutty Moreno & Joyce
07 EMPTY FACES / Andorea Pozza
08 Ponteio / Batida
09 See You Later / Joanna Grauer
10 Bala con bala / Martignon, Hector
11 Eu Te Devoro / DJAVAN

***シンガプーラ***

01 Julie London / Somebody Loves Me
02 Kenny Burrell / Greensleeves
03 少年隊 / まいったネ 今夜
04 中田裕二 / いっそセレナーデ
05 Maxwell / Sumthin' Sumthin'
06 久保田利伸 / Between The Sheets
07 Sade / Smooth Operator
08 Robert Glasper / Move Love
09 SOIL&”PIMP”SESSIONS / Connected feat. Nagaoka Ryosuke
10 冨田恵一 / 乳房の勾配feat. キリンジ
11 Pizzicato Five / 誘惑について

***ライヴ:いおかゆうみ***

01 おやすみなさい
02 ハイヒール
03 みーちゃん
04 エレベーターガール
05 口紅
06 鈴
07 風とゆく
08 わたしのうた
09 犬

***森山弟***

01 Bosq / Alode
02 Nikki Lane / Jackpot
03 ハナレグミ / プカプカ
04 中山うり / 生活の柄
05 GLIM SPANKY / 夜明けのフォーク

***森山兄***

01 Ros Seyer Sothea / Old Pot Still Cooks Good Rice
02 Sammy Davis, Jr. / For Once in My Life
03 The Ray Camacho Band / Nobody but You
04 ランプ / A都市の秋
05 シュガー / ウエディング・ベル
06 Ramsey Lewis / Skippin'
07 Erasmo Carlos / Mundo Cao
08 Frances Yip / Never Say Goodbye (Chotto Matte Kudasai)
09 黛敏郎 / 蛍の光(アラブの嵐 M-5)

☆コメント
♪01 カンボジアのロック。かっこいい演奏とちょいヘタなヴォーカルの合わせ技。東京国際映画祭で上映されるドキュメンタリー映画「カンボジアの失われたロックンロール」でも聴けます。(YouTube)

♪02 なぜかいまだにCDになっていない、モータウンからの彼のたぶん唯一のリリース『サムシング・フォー・エヴリワン』より。スティーヴィー・ワンダーなどでおなじみの曲。(YouTube)

♪03 チカーノAOR。『リーチ・アウト』より。この曲は聴けませんがほかの曲の試聴→(試聴)

♪04 たぶんいま日本でいちばん独自なバンドのひとつ。『ゆめ』より。(YouTube)

♪05 これも高田馬場のディスクユニオンで100円で購入したLP『シュガー・ドリーム』より。もちろんリアルタイムで聴いて、一度も忘れたことがない曲なわけですが、ふと、この曲、いおかゆうみさんが大阪弁のイントネーションで歌ったらいい感じになるんじゃないかと思い付いてプレイしてみました。そしたらシンガプーラさんが近づいてきて、「シュガーのひと、昔のわたしの上司でした」と衝撃の告白!(YouTube)

♪06 この手の音楽、以前だったらまったく聴く気がしなかった類のものですが、いまやめちゃくちゃ気持ちよい。『テキーラ・モッキンバード』より。(YouTube)

♪07 ブラジルのSSW。3年くらい前に買って、今年ようやくよさに気付いた『ソーニョス・イ・メモリアス1941.1972』より。(YouTube)

♪08 香港の歌手。もともとはハワイのサム・カプーによるローカル・ヒットで、アメリカ本土でもサンドパイパーズがヒットさせている曲。日本語と英語の関係のことはずっと考え続けているわけですが、答えはやっぱり過去にあったんだよ。ベスト盤より。(YouTube)

♪09 いつものクロージング・ナンバー。『日活ジャズ・セレクション』より。
by soundofmusic | 2018-10-20 01:12 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リストVol.118 2018.07.14 ゲスト:小松俊介&Nof ライヴ:ジョー長岡

***森山兄***

01 Kirsty MaCcoll / All I Ever Wanted
02 Boule Noire / Veux-Tu Danser?
03 Vicki Sue Robinson / Lack of Respect
04 りりィ / 時間よとまれ
05 Hal Bradbury / Call Me
06 岡林信康 / 夜はやっぱり長いまま
07 Ron Sexsmith / Crayon Angels
08 The Milk Carton Kids / Younger Years
09 ギロ / アバウ(Pt.1)

〈コメント〉
♪01 英国フォークの大物、イワン・マッコールの娘。『エレクトリック・ランドレディ』より。(YouTube)

♪02 フレンチ・カナディアンのブルー・アイド・ソウル。『Aimer d'Amour』より。(YouTube)

♪03 ハーレム出身。ディスコ40周年で1080円で再発された『ネヴァ・ゴナ・レット・ユー・ゴー』より。(YouTube)

♪04 最近、このひとの作品が1080円で何枚か再発されました。『りりシズム』より。渋い。(Amazon)

♪05 ハワイイのナイス・グルーヴを集めたオムニバス『アロハ・ガット・ソウル』より。(YouTube)

♪06 『金色のライオン』の次のアルバム『誰ぞこの子に愛の手を』より。演奏がかっこいいんですがメンバーが書いてない。(Amazon)

♪07 ジュディ・シルのトリビュート盤より。(YouTube)

♪08 現代のサイモン&ガーファンクル。初めてバンドと一緒に録音した新作『オール・ザ・シングス・ザット・アイ・ディド・アンド・オール・ザ・シングス・アイ・ディドゥント・ドゥ』より。(YouTube)

♪09 家でかけたときも、エッジエンドで流したときにも、「キリンジですか?」と質問をいただきましたが、違います、ギロです。名古屋のすごいバンド。名前を覚えておいてください。2016年頃に出た、いまのところの最新音源であるシングルの曲。(試聴)

***森山弟***

01 Bebel Gilberto / August Day Song
02 Clara Moreno / Mas Que Nada
03 Astrud Gilberto / Mas Que Nada
04 森田崇允 / 弔いのSamba
05 Polaris / 天と点
06 野宮真貴 / 皆笑った

***小松俊介***

01 RIDE ON TIME / 山下達郎
02 Unknown/ Unknown (SKAもの)
03 七人の侍のテーマ / MATT SOUNDS
04 WOULD YOU BELIEVE / JON LUCIEN
05 まわれまわれ / ATSUKO HIYAJO
06 都会 / 大貫妙子
07 浪花太鼓 / 水前寺清子
08 SUMMER TIME / ONE G PLUS THREE
09 LITTLE GREEN BAG / GEORGE BAKER
10 RIO DE JANEIRO-BRASIL / HYLDON
11 DANCE AND SHAKE YOUR TAMBOURINE / UNIVERSAL ROBOT BAND
12 銀河特急 / 松崎しげる
13 恋は流星 Part2 / 吉田美奈子
14 UPA, NEGRINHO / ELIS REGINA
15 BAILA CHIBIQUIBAN / NICO GOMEZ
16 BATTENED SHIP / ODYSSEY

***Nof***

01 Ray Barretto / Pastime Paradise
02 The Sunburst Band / We Will Turn U On (accapella)
03 GU (Glenn Underground) / Do
04 Pecen Everett / Special (Timmy Regisford remix)
05 K-Alexi Shelby and “Crew 69” / Dub Cross
06 DJ Jes / Genuine - Flo
07 Dr Packer / Everlasting
08 Mike Steva / Oro

***ライヴ:ジョー長岡***

☆お待ちください

***森山弟***

01 蠣崎未来 / 赤い汽笛
02 4hero / Morning Child
03 Herbie Mann / There is a Mountain
04 Mo' Horizons / quem nao tem ninguem
05 Trüby Trio Feat. Joseph Malik / High Jazz (Nicola Conte Remix)

***森山兄***

01 Shorty Rogers / Swinging Gold Chariots
02 Gary Crosby / This Little Girl of Mine
03 Andrae Crouch & The Disciples / You Can Depend on Me
04 Latimore / Jolie
05 Frances Yip / Enjoy Yourself
06 恬妞 / 我騎著一部單車
07 Jacqueline Taieb / Le Coeur au bout des Doigts
08 アップルズ / スクール・ガールズ・ブギ
09 Celly Campello / Melodie D'Amour
10 Caetano Moreno Zeca Tom Veloso / Forca Estranha
11 黛敏郎 / 蛍の光(アラブの嵐 M-5)

〈コメント〉
♪01 ジャズ・トランぺッターによるゴスペル・ジャズ名盤『ゴスペル・ミッション』(未CD化)より。(試聴)

♪02 ビング・クロスビーの息子さん。存在すら知らなかったのですが108円だったので買ってみたらなかなかよかった。『ザ・ハッピー・バチェラー』より。(Amazon)

♪03 現代ゴスペルの巨人。『テイク・ミー・バック』より。(YouTube)

♪04 マイアミ・ソウル。たぶん未CD化のホワスト『ラティモア』より。アル・クーパーのカヴァー。アレンジもアル・クーパーがやってる。(YouTube)

♪05 香港あたりで活躍した歌手。『ポピュラー・ヒッツ』より。スペシャルズなどでおなじみの曲。(YouTube)

♪06 台湾の女優、歌手。ベスト盤より。ピンク・レディー「キャッチ・リップ」のカヴァーだそうです。(YouTube)

♪07 ビートのきいたイェ・イェ。ベスト盤より。アレンジは他人がやってるのでしょうが、曲は自作。(YouTube)

♪08 後にEVEとして活躍する3姉妹コーラス・グループ。『ディス・イズ・アップルズ』より。(Amazon)

♪09 アメリカン・オールディーズ的作風のブラジルの歌手。『Estupido Cupido』より。(YouTube)

♪10 カエターノ・ヴェローゾが息子たちと一緒につくったライヴ盤『Ofertório』より。このアルバムは晩年の代表作、という位置づけになると思います。名盤です。オススメ。(YouTube)

♪11 毎回この曲でクロージングすることにしました。『黛敏郎 日活ジャズ・セレクション』より。(Amazon)
by soundofmusic | 2018-08-06 11:04 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リストVol.117 2018.04.14 ゲスト:川上亮&reikoyanagi ライヴ:あがさゆかりのととぅ

***森山兄***

01 Petra Haden / Carlotta's Galop
02 The Lebron Brothers / Eres Tu
03 Neil Sedaka / What Have They Done to the Moon
04 Julie London / The Mighty Quinn (Quinn, the Eskimo)
05 夏木マリ / 裏切り
06 Frances Yip / Bluebird
07 The Band / I'm Ready

☆コメント
♪01 チャーリー・ヘイデンの娘。映画に関する曲を、本人のヴォーカルの多重録音を中心に(数曲では楽器も使用)カヴァーしたアルバム『ペトラ・ゴーズ・トゥ・ザ・ムーヴィーズ』より。これは「8 1/2」の曲。(Amazon)

♪02 兄弟サルサ・グループ。AOR化した1978年度作『ザ・ニュー・ホライズン』より。メロウなエレピが気持ちいい。(YouTube)

♪03 1971年度作『エマージェンス』より。(YouTube)

♪04 1969年度作『ヤミー、ヤミー、ヤミー』より。ボブ・ディランのカヴァー。このひとらしく、けだるく歌っております。(YouTube)

♪05 1976年のシングルだそうです。海外編集の和モノ・コンピ『ラヴィン・マイティ・ファイア』に入ってて知りました。(YouTube)

♪06 フランシス・イップ=葉麗儀。香港の歌手。1975年度作『アンド・ザ・サン・ウィル・シャイン』より。レオン・ラッセルの名曲のカヴァー。(YouTube)

♪07 1973年度作『ムーンドッグ・マチネー』より。ファッツ・ドミノのカヴァー。(YouTube)

***森山弟***

01 Whiskey Priest / Get Well Card
02 Beth Orton / Stars All Seem to Weep
03 Nujabes / Horn in the middle
04 PE'Z / いい湯だな
05 The Wooden Glass featuring Billy Wooten / Monkey Hips and Rice
06 The Magic Theatre / It Was Glorious

***川上亮***

☆お待ちください

***reikoyanagi***

01 Heatwave / The Groove Line
02 米米CLUB / I'M SOUL MAN
03 原悦子 / ディスコ原悦子
04 Diana Ross & Marvin Gaye / Don't Knock My Love
05 ザ・ドリフターズ / ドリフの早口ことば
06 Kool & The Gang / Open Sesame
07 Spectrum / Motion
08 Kings Go Forth / Don't Take My Shadow
09 The Fatback Band / Spanish Hustle
10 クリスタルキング / カモン!ハッスル・ベイビー
11 シェリー / 恋のハッスル・ジェット
12 ピンク・レディー / ピンク・タイフーン
13 Billy Nichols / Give Your Body Up to the Music
14 The Originals / Down To Love Town
15 山下達郎 / FUNKY FLUSHIN'
16 吉田美奈子 / Town
17 A Taste Of Honey / Boogie Oogie Oogie
18 林海峰 / 的士夠格
19 VIDEOTAPEMUSIC / Kung-Fu Mambo

***Live:あがさゆかりのととぅ***

01 Strawberry Fields Forever (the Beatles)
02 ナダイ
03 猫
04 やんれ節 鈴木主水白糸くどき
05 ナイショノハナシ
06 今年の夏は暑すぎる
Enc. どんぱん節 実録版

***森山弟***

01 Quantic / You Will Return
02 Nicola Conte / Dossier Omega
03 RESPECT / Proud Mary
04 Penny Goodwin / What's Going On
05 Cake/ I Will Survive

***森山兄***

01 Sirani Avedis / A Witch's Call
02 Bud Shank & The Folkswingers / Quit Your Low Down Ways
03 Anamaria & Mauricio / Freio Aerodinamico
04 崔苔菁 / 夢摘星
05 大貫妙子 / 空をとべたら
06 斉藤由貴 / ストローハットの夏想い
07 粉紅派對 / 完全自我
08 黛敏郎 / アラブの嵐 M-5

☆コメント
♪01 インド系アメリカ人のAOR。1979年リリースの唯一作『タトゥーズ』より。(YouTube)

♪02 西海岸ジャズのサックス/フルート奏者のシャンクは、本格的なものからチャラい企画ものまでいろんなレコードを出してますが、この曲を含むアルバム『フォーク・ン・フルート』は未CD化の1枚。全曲フルートに専念して、フォークの曲をやっております。これはボブ・ディランの曲。試聴できそうなところは見つからなかったです。自分で探してみてください。

♪03 マルコス・ヴァーリのカヴァー。1970年度作『エスタモス・ナ・ノッサ』より。(YouTube)

♪04 台湾の歌手、女優。1978年ごろの曲みたいです。(YouTube)

♪05 1978年度作『ミニヨン』より。(Amazon)

♪06 1986年度作『チャイム』より。シティ・ポップ的に聴ける。(YouTube)

♪07 台湾の?80年代アイドル・デュオ。『半透明的心』より。英語のグループ名はPink Ladyですが、見かけはウィンクみたい。ちなみに名前を直訳すると、粉紅はピンク、派對はパーティだと思います。(YouTube)

♪08 『日活ジャズセレクション』より。「蛍の光」をアレンジしたもの。前回もかけましたが、これから毎回、クロージングはこの曲をかけることにしますのでよろしくお願いします。

***おまけCD『Take Me Out to the Game』曲目***

01 Doc & Merle Watson / Take Me Out to the Ball Game (Excerpt)
02 Bruce Springstone / Take Me Out to the Ball Game
03 The Monochrome Set / The Mating Game
04 鈴木祥子 / Circle Game
05 Rufus Wainwright / Out of the Game
06 The Intruders / (Love is Like a) Baseball Game
07 Sister Wynona Carr / The Ball Game
08 Amy Winehouse / Love is a Losing Game
09 The Spinners / They Just Can't Stop It the (Games People Play)
10 Dorothy Ashby / Games
11 Emilíana Torrini / Animal Games
12 Consequence / Childless Games (feat. Asher Roth)
13 トクマルシューゴ / Poker
14 Spiral Life / Game Over
15 State Cows / Lost in a Mind Game
16 Ivan "Boogaloo Joe" Jones / Games
17 Harry Nilsson / The Game
18 Whiskey Priest / Waiting Game
19 Fairground Attraction / The Game of Love
20 Lee Dorsey / Games People Play
21 山本精一 / Circle Game

☆テーマは中野さんからのリクエスト。
by soundofmusic | 2018-05-15 21:08 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リストVol.116 2018.01.13 ゲスト:Shintaro Kuriyama&ムスプス ライヴ:pipoo

***森山兄***

01 Jancis Harvey / The Night They Drove Old Dixie Down
02 Joan Shelley / Where I'll Find You
03 Honeytree / So Much Man
04 柴田聡子 / スプライト・フォー・ユー
05 Simone / Novo Tempo
06 Lo Borges / Equatorial
07 ウワノソラ / プールサイドにて
08 Pastiche / My Love So Sweet
09 L. A. Boppers / La La Means I Love You
10 Rita Pavone / Quando Sogno

☆コメント

♪01 意外と最近まで聴いたことなかった英国フォーク。『タイム・ワズ・ナウ』より。ザ・バンド様のカヴァー。

♪02 わたし内でここ数年評価の高い、現代アメリカのSSW。ウィルコのジェフ・トウィーディがプロデュースしたセルフ・タイトルド作より。(YouTube)

♪03 アメリカの宗教SSWのセルフ・タイトルド作(1973)より。たぶんCD化はされてませんがYouTubeでアルバムまるごと聴けたりするのでキャロル・キングとか好きなひとはぜひ。(YouTube)

♪04 昨年度作『愛の休日』より。

♪05 ブラジルの歌手。セルフ・タイトルド作より。イヴァン・リンスのカヴァー。イントロで「ペニー・レイン」のフレーズを使用。(YouTube)

♪06 ミナスっぽさつながりで。『ア・ヴィア・ラクテア』より。(YouTube)

♪07 ディスクユニオンの御店員様から教えてもらったバンド。『陽だまり』より。日本でミナス感をうまく取り入れているひとたちっていうとLampか、このウワノソラってことになると思います。ほかにもいたら教えてください。(バンドのサイト)

♪08 2017年最大の衝撃のひとつ。80年代のアメリカ人(たぶん)ジャズ・コーラス・グループで、ジャパン・マネーで制作されたホワスト・アルバム『ザッツ・R&B-バップ』ではサザン「いとしのエリー」(この曲)や松田聖子「スイート・メモリーズ」を英語で歌っています。(YouTube)

♪09 このアレンジにもびっくりしたなあ。デルフォニックスのスウィート・ソウル名曲を、チョッパー・ベースびしばしのモダン・ソウルに改作している。『バップ・タイム』より。(YouTube)

♪10 シチリアのレコード・フェアでたまたま知った昔の歌手。イタリアの雪村いづみみたいなひとだと思っています。これは「明るい表通りで」のイタリア語版。(YouTube)

***森山弟***

01 Kate Rusby / Awkward Annie
02 Idha / Ooh La La
03 Luluc / Small Window
04 La Lá / Primavera Del Amor-Odio
05 Julie & Khari / Moon Bossa
06 Rickie Lee Jones / Chuck E.'s in Love
07 Terry Hall / Forever J
08 小泉今日子 / 空洞です

***Shintaro Kuriyama***

01 The Unexpected Visitor / Michael Hedges
02 Suite Flamande Aux Pommes / Pierre Bensusan
03 Ewe / Fabiano Do Nascimento
04 Amphibious / Anat Cohen & Marcello Gonçalves
05 Consolação / Sebastião Tapajós
06 Dança do Pajé / Hermeto Pascoal & Grupo Vice Versa
07 Pensamento de água / Santiago Beis
08 Loro / Anat Cohen Tentet
09 Bicho Do Mato / Elis Regina
10 Mucuna / Renata Rosa
11 Jagd-Etűde(Paganini-Liszt)パガニーニによる超絶技巧練習曲第5番「狩り」/ Eugen Cicero(p), Peter Witte(b), Charly Antolini(ds)

***ムスプス***

☆お待ちください


***pipoo(Live)***

01 dont know why
02 風が生まれる街
03 blue fish
04 放課後の音楽室
05 海イグアナの夜明け
06 三日月と海
07 Southern Cross
08 カントリーロード

***森山弟***

01 never young beach / なんかさ
02 奥田民生 / 空にまいあがれ
03 Johnny Cash / I've Been Everywhere
04 Black Kat Boppers / Baby! My Lovin' Is True
05 Mo' Horizons / Remember Tomorrow
06 野宮真貴 / マジック・カーペット・ライド
07 EGO-WRAPPIN' / 異邦人

***森山兄***

01 レモンリーフ / 中和!
02 Janis Martin / Bang Bang
03 Herb Hardesty & His Band / Bouncing Ball
04 Dixie Cups / Two-Way-Poc-Away
05 Mahlathini / Kwa Mfazi Onge Mama
06 民謡クルセイダーズ / 炭坑節
07 Harold Alexander / Mama Soul
08 Eric Galloway & The Latin Beats / American Patrol
09 黛敏郎 / 豚と軍艦 M-12
10 黛敏郎 / アラブの嵐 M-5

☆コメント

♪01 ミニ・アルバム『アコースティックマインド』より。たまたま持って行ったら御メンバーの田中様も御来場しておられたためプレイ。(YouTube)

♪02 RCAが「女エルヴィス」として売り出した歌手。気持ちいいですね。(YouTube)

♪03 ファッツ・ドミノのバンドにいたサックス奏者。録音されていながらオクラになっていたアルバムの音源などをコンパイルした『ザ・ドミノ・エフェクト』より。(allmusic)

♪04 彼女たちがニューオーリンズ出身であることはふだんはとくに意識してませんでしたが、こういう曲を聴くとよくわかります。(YouTube)

♪05 アフロ浪曲の雄。『ザ・ライオン・オヴ・ソウェト』より。このひとと一緒にやってた(このアルバムのバック・コーラスもそうかもしれないけどクレジットないので不明)マホテラ・クウィーンズって、90年頃に日本のTV-CMにも出てましたよね。(allmusic)

♪06 福生の民謡バンド。『エコーズ・オブ・ジャパン』より。(YouTube)

♪07 「楽器を演奏すること」のイメージの刷新を迫られるフルート演奏。『サンシャイン・マン』より。(YouTube)

♪08 イギリスのバンド・リーダー。『ディキシー・ゴーズ・ラテン』より。タイトルどおりのナイス作。(レコ屋のサイト)

♪09&♪10 こういうコンピを待ってたんです。『黛敏郎 日活ジャズセレクション』より。(発売元のサイト)

***おまけCD『Walk the Dog and Light the Light』曲目***

01 Big Mama Thornton / Hound dog
02 曽我部恵一BAND / チワワちゃん
03 The New Mastersounds / Hot Dog
04 Eddie Bo / Every Dog Has Its Day
05 Charlie Rich / Double Dog Dare Me
06 Uncle Tupelo / I Wanna be Your Dog
07 Kitty, Daisy & Lewis / Bitchin' in the Kitchen
08 Marvin Phillips / Salty Dog
09 Nick Pride & The Pimptones / Hot Doggin'
10 Owen Pallett / Keep the Dog Quiet
11 原田知世 / 黒い犬
12 Prefab Sprout / Moon Dog
13 ツツジと犬と黄色いジャンパー / 山本耀司
14 Digable Planets / Dog It
15 Nellie McKay / Beneath the Underdog
16 GONTITI / Watchdog in the Afternoon
17 West/Rock/Woods / Black Dog
18 Eartha Kitt / Yellow Dog Blues
19 Stefan Grossman & Ton Van Bergeyk / A Salty Dog Rag
20 Dave Evans / Every Bad Dog
21 Adriana Maciel / Cão (Like a Dog)
22 Kenneth Pattengale & Joey Ryan / Memoirs of an Owned Dog
23 ムーンライダーズ / ドッグ・ソング

☆戌年なので、犬っぽい曲を集めてみました。ちなみに前回の戌年のときも同趣旨のコンピを作っておりまして、06はそちらにも収録されています(度忘れ問題)。
by soundofmusic | 2018-02-02 17:27 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リストVol.115 2017.10.14 ゲスト:かいまさし&ODAMARI ライヴ:ジョー長岡+うのしょうじ

***森山兄***

01 The Sweetback Sisters / Gotta Get A-Goin'
02 The Pilgrim Travelers / Troubled in Mind
03 The Five Keys / My Pigeon's Gone
04 B. Bumble & The Stingers / Boogie Woogie (Pinetop's Boogie Woogie)
05 Valerie June / Shakedown
06 Jack Jones / I'll Never Fall in Love Again
07 The World's Greatest Jazzband of Yank Lawson and Bob Haggart / What the World Needs Now is Love
08 Danny Davis & The Nashville Brass / Caribbean
09 Herb Alpert and The T.J.B / Alone Again (Naturally)
10 Iron & Wine / The Truest Stars We Know

〈コメント〉
♪01 現代のウェスタン・スウィング。バンドの公式サイトを見ると「A modern take on the golden age of country music」というキャッチフレーズがついてます。最新作『キング・オヴ・キリング・タイム』より。(Amazon)

♪02 ゴスペル。ジャイヴっぽさもありますね。(YouTube)

♪03 こちらはだいぶ世俗的なコーラス。ロックンロールにも近い。(YouTube)

♪04 とりあえず有名な曲をいろいろワンパターンなブギウギで演奏して1960年頃に一瞬話題になったひとたちのようです。この曲のオリジナルは1920年代に活躍したピアニスト、パイントップ・スミス。(YouTube)

♪05 バラク・オバマをも魅了したってどこかに書かれてた気がするネオ・ヴィンテージ・ソウル歌手。最新作『ジ・オーダー・オヴ・タイム』より。(YouTube)

♪06 1963年にサミー・デイヴィス・ジュニアが来日したとき、最近いちばん将来性のある歌手は誰だと思うかと問われてこのひとの名前を挙げたそうです。『ア・タイム・フォー・アス』より。バカラックのカヴァー。(YouTube)

♪07 1960年代末から10年間くらい活動してそれなりの枚数のアルバムを出してるはずですがすべて未復刻? 『エクストラ!』より、バカラックのカヴァー。試聴は見つかりませんでした、すみません。(discogs)

♪08 カントリー版のハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラスみたいなひとたち。『カリビアン・クルーズ』より。(YouTube)

♪09 ギルバート・オサリバンのカヴァー。『ユー・スマイル-ザ・ソング・ビギンズ』より。(YouTube)

♪10 最新作『ビースト・エピック』より。(YouTube)

***森山弟***

01 Beirut / Perth
02 Black Heat / Zimba Ku
03 Quantic presents The Western Transient / Nordeste
04 The Jive Turkeys / B.A.
05 Lucinda Williams / Metal Firecracker
06 Calexico / Splitter
07 Gregory & The Hawk / Leaves
08 Guru / Loungin'

***かいまさし***

01 GRAPEVINE / SPF
02 OCEANLANE / Everlasting scene
03 真心ブラザーズ / 拝啓、ジョン・レノン
04 ともこ一角 / アンダースロー
05 Spangle call Lilli line / nano - TK kaleidoscope Remix
06 きのこ帝国 / クロノスタシス
07 Last Days Of April / If You
08 Autor de Lucie / Noyes Dans La Masse
09 INORAN / FAITH
10 中谷美紀 / いばらの冠

〈コメント〉
01 世界で一番のバンドだと思っているGRAPEVINEの前作BABEL, BABELに収録されている曲です。
GRAPEVINEは歌詞が良いことで有名ですが、この曲は歌いだしが「迂闊なぼくらは紫外線集めた」となっており、タイトルのSPFっていうのはおそらく日焼け止めの指標となるSPF(Sun Protection Factor)のことを指している、もしくは何らかのたとえとして使っているのかな、と思ったのですがそれを踏まえて読んでもほとんど意味がわからないですがとにかくいい曲です。

02 以前所属していたバンドで全国ツアーを回っている時によく聞いていたのがこのOCEANLNAE。
エモなひとたちに人気の_HOWLING BULLというレーベルから鳴り物入り、と言っていいと思うくらいには華々しくデビューした方々です。
実家にサインいりCDがあったのですが紛失してしまっており今回iTunesで買い直したのですがどうもITunesStore上では曲名が「Evarlasting Scence」となっており、スペルが間違っているように思えます。

03 1曲目ですでに逸脱してしまっているのですが、今回の選曲は「音楽をあんまり聴かないわたくしに友達が教えてくれたこと」という感じのテーマがありました。真心ブラザーズはもともとボーカルの声やうたい方が非常に苦手で、敬遠していたのですが、お友達が、ちゃんと聴いてみ?と諭してくれたので聴いていたらむしろこのボーカルだからいいんだなぁっていうことに気が付きました。

04 4年前にも当イベントに出させていただいたときにかけた大好きなトルネード竜巻のリーダー、曽我さんが今現在リーダーとしてやっているバンドです。
パッと聞いた感じまんまトルネード竜巻じゃん、という方もいるのでしょうが今のほうが少しストレートになったな、という感じがします。ボーカルは違う人ですがまっすぐなうたい方はトルネード竜巻を踏襲していてだいぶ好きな感じです。
トルネード竜巻は真心ブラザーズを教えてくれた友達が教えてくれました。

05 こちらも実は前回もかけたSpangle~なのですが、今回はどっちかというとTK from凛として時雨という意味合いで選曲しました。
もともといい曲なのですがTK氏のアレンジでより私のような大げさなアレンジを好むバンドマンの心に刺さる感じになっているように思えます。凛として時雨はボーカルの声が高すぎて敬遠していたのですが飲んだらすぐオチるギタリストで広告マンの友達がライブに誘ってくれて、それにあたって音源聴いたりライブみてむしろこのボーカルだからいいんだろうなっていうことに気が付きました。Spangle~はトルネード竜巻と真心ブラザーズを教えてくれた友達が教えてくれました。

06 アニメ好きを集めてアニメ部っていう活動を昔していたのですがそのアニメ部員から教えてもらったのがきのこ帝国です。
アニメの主題歌に使われている曲があるのかどうかはわかりません。
わたくし、切ない感じのストレートな声の女性ボーカルだともうすぐ好きになります。
バンドマンとして学ばなければいけないのはこの音数の少ないアレンジですね。

07 このバンドは以前一緒にバンドをやっていたエモ好きな先輩が教えてくれたのですが、とにかくこの音数の少ないアレンジがすごい。
ギターほとんど単音しか弾いていないのです。バンドマンとして学ばなければいけないのはこの音数の少ないその。

08 フランス語っていうこと以外一切なにもしらないのですがあんまりいいのでよく聴いています。ほんとに何もしりません。
誰なんでしょうね。Autor de LucieはSpangle~とトルネード竜巻と真心ブラザーズを教えてくれた友達が教えてくれました。

09 LUNA SEAのギタリスト、INORANのソロ曲です。
学生時代にLUNA SEAは好きだったのですがINORANはソロデビュー曲の彼の歌があまりぐっと来なかったので聴かなかったのですが
友人に1stアルバムはほとんどINORANはうたってないよ、ちゃんと聴いてみ?と言われて買ってみたところこれがものすごく良いアルバムでした。確か10曲中1曲しかINORANはうたっていません。アルバム2枚目以降はほとんど自分でうたっているようなのでやっぱりちゃんと聴いていませんが教えてくれた彼はバンドマンなのですが、INORANのファン過ぎて、作曲をするたびにINORAONの新曲か?と人に勘違いさせるほどの力があります。

10 INORANを教えてくれた友人が教えてくれました。
中谷美紀の曲がいいのは知っていたのですがいばらの冠は地味だなぁって思っていたのですがちゃんと聴いてみ?って言われて聴いて見たところなんと良いメロディと展開なのか。ここまで文章を書いて気が付きましたが友達が4人くらいしかいかなったような気がするのですが友達がいるのはいいことですね。あと音楽はちゃんと聴くべきですね。

***ODAMARI***

☆お待ちください

***ライヴ:ジョー長岡+うのしょうじ***

01 波止場
02 わたしは海女
03 夏が終わる(オリジナル:小室等)
04 心配
05 ジャム
06 闇の雲
(アンコール)
07 キャラメル


***森山弟***

01 サニーデイ・サービス / セツナ
02 Myron & E / Do It Do It Disco
03 Ananda Shankar / Jumpin' Jack Flash
04 Bibio / À tout à l'heure
05 Beck / Lost Cause
06 サニーデイ・サービス / One Day

***森山兄***

01 風 / ふっと気がつきゃ
02 デュークエイセス / ホッファイホー(北海道)
03 The Milk Carton Kids / High Hopes
04 吉澤嘉代子 / ねえ中学生 feat.私立恵比寿中学
05 Los Mensajeros de la Alegria / Santa Claus Muy Pronto Llegara (Santa Claus is Coming to Town)
06 Sounds Orchestral / Downtown

〈コメント〉
♪01 かぐや姫の伊勢正三と、猫の大久保一久が1975年に結成したフォークデュオ。スティーリー・ダンあたりの影響でメロウ化し始めたサード・アルバム『ウィンドレス・ブルー』より。イントロのドラム・パターンはポール・サイモン「恋人と別れる50の方法」からヒントを得てますか? あとすみません、ターンテーブルのピッチがだいぶマイナスになっていたのに気づかずプレイしてしまい、ちょっと寝ぼけた感じに聞こえてたかもしれません。(Amazon)

♪02 作詞:永六輔、作曲:いずみたくによるご当地ソング集シリーズ「にほんのうた」の1曲。この日の出演者が1名を除いて北海道にゆかりのあるひとたちであったことを記念してプレイ。森山兄弟は北海道関係ないんじゃねーの、と思うかもしれませんが、父方の祖父(父の父)が旭川出身なのでクウォーター道民なんです。(Amazon)

♪03 現代のサイモン&ガーファンクルものとしては最良のデュオ。日本ではなかなか話題になりませんね。『モントレー』より。(YouTube)

♪04 カーネーションの新譜に参加してると聞いて、どんなひとなんだろうと思って買ってみたコラボミニアルバム『吉澤嘉代子とうつくしい人たち』より。エビ中のコーラスかわいいですね。(YouTube)

♪05 スペイン語でクリスマスソングを歌う子供たち。演奏もしてると書いてある。グループ名からは企画ものグループなのかどうか判断できませんが、ほかのアルバムが出てるかどうかは確認できなかった。LPには東方の三賢人の切り抜き紙人形つき。(discogs)

♪06 1960年代のイギリスのイージーリスニング集団? めっちゃおしゃれなカラオケという感じ。この曲は試聴発見できず。

***おまけCD『The Cat's Hideout』曲目***

01 Elvis Costello / Leave My Kitten Alone
02 Squirrel Nut Zippers / Fat Cat Keeps Getting Fatter
03 Zoot Money's Big Roll Band / The Cat
04 スランキーサイド / 大きいけど ちいさな猫
05 カーネーション / 車の上のホーリー・キャット
06 Isobel Campbell / The Cat's Pyjamas
07 Cab Calloway / Hep Cat's Love Song
08 Mountain Mocha Kilimanjaro / Black Dog, Black Cat, Black Bird
09 ORIGINAL LOVE / 黒猫
10 小島麻由美 / 黒猫のチャチャチャ
12 Pixinguinha / O Gato e O Canario
12 寺尾紗穂 / 猫まちがい
13 Ametsub / 2 Cats
14 Tunng / Woodcat
15 The Ghost of a Saber Tooth Tiger / Shroedinger's Cat
16 二階堂和美 / ネコとアタシの門出のブルース
17 浅川マキ / ふしあわせという名の猫
18 山下毅雄 / 黒猫
19 加藤和彦 / 猫を抱いてるマドモアゼル
20 Squeeze / Cool for Cats

☆猫好きのジョー長岡さんに敬意を表して、猫っぽい曲を集めました。やってそうで意外とやってなかったテーマ。
by soundofmusic | 2017-11-28 02:17 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リストVol.114 2017.07.08 ゲスト:多数 ライヴ:檸檬葉with萩原信義、鈴木わみ&音璃、阪本正義withまじ

***森山兄***

01 ピチカート・ワン feat. 甲田益也子 / 美しい星
02 Joan Shelley / The Push and Pull
03 James Elkington & Nathan Salsburg / Reel Around the Fountain
04 山本精一 / キャンディ・セッズ
05 A.S.A.P. / Chuo Freeway
06 Pastiche / My Love so Sweet
07 Rocky Sharpe & The Replays / Heart

<コメント>
♪01 小西康陽のソロ・ユニット。『わたくしの二十世紀』より。

♪02 ケンタッキー州のSSW。ウィルコのジェフ・トウィーディのプロデュースしたセルフ・タイトルドな新作より。ライヴの様子→(YouTube)

♪03 そのシェリーさんの作品によく参加しているギタリストふたりのインスト・デュオ。スミスのカヴァー。『Ambsace』より。(YouTube)

♪04 VUのカヴァー。『プレイグラウンド・アコースティック』より。(YouTube)

♪05 90年代にちょっとだけ活動した、ユーミンの曲を主にカヴァーする女ブラコン・トリオ。動画が見つからなかったので(ちゃんと探せばあると思う)、スウィング・アウト・シスターがやってるやつでも聴いてみて。→(YouTube)

♪06.はジャパン・マネーで作られたAORコーラス・グループ。サザン「いとしのエリー」の英語カヴァー。『That's R & B-Bop』より。CDはなかなか見かけないので、売ってたら買ったほうがいいです。(YouTube)

♪07 80年代英国のドゥワップ・グループ。ロックパイルのカヴァー。ベスト盤より。(YouTube)

***森山弟***

01 [re:jazz] / Quiet Night "Out of the Cool Version"
02 United Future Organization / Cosmic Gypsy
03 Ida / Don't Worry Baby
04 小島麻由美 / SWEET MEOMRIES
05 Marlena Shaw / So Far Away
06 Zaz / J'ai deux amours
07 Kocani Orkestar / Rainy Day Woman #12&35

***THE HIGH BRIDGES***

01 MGMT/Kids
02 Linkin Park /Session
03 Limp Bizkit /Take Look Around (The From M:I-2)
04 Wezzer /Pork and Beans
05 Green day/When I Come Around
06 Primal Scream/Country girl
07 Plus/Common People
08 The Smith/Bigmouth strikes again
09 The Strokes/12:51
10 Blankey Jet City/ディズニーランドへ
11 Maroon5/This Love

***ライヴ:檸檬葉 with 萩原信義***

01 あの娘がくれたブルース(浅川マキカバー)
02 誕生日(加川良カバー)
03 あたしの正体
04 ちゃんとブルース
05 ハスリンダン(浅川マキカバー)
06 中和!
07 にぎわい(浅川マキカバー)

***Akira Furusawa***

01 Chic/Le Freak
02 Stevie Wonder/SUPERSTITION
03 Kool&The Gang/Jungle Boogie
04 Bee Gees/Staying Alive
05 KC & The Sunshine Band/That's The Way
06 Earth Wind & Fire/Boogie wonderland
07 Blondie/Call Me
08 The Clash/Rock the Casbah

***TAKASHI FURUSAWA***

01 positive force / we got the funk
02 roy ayers / running away
03 begninng of the end / funky nassau
04 sylvia striplin / give me your love
05 cymande / bra
06 loleatta halloway / runaway
07 talking heads / once in a lifetime
08 the rolling stones / miss you

***ライヴ:鈴木わみ&音璃***

01 星占い(わみ作・音璃歌唱)
02 家出(わみ作・音璃チャチャ入れ)
03 I say(音璃作・わみ歌唱)
04 よあけ(音璃作・わみピアノ)
05 恋のバカンス(オケ流して2人歌唱・途中ダンスソロあり)
06 ぶらくりブルース(音璃作・2人で演奏)

***Shinchang***

01 Tamil Rogeon / De manha (feat. Heidi Vogel)-capoeira
02 Tanika Charles / Sweet memories
03 江利チエミ / おてもやん
04 Cindy Lauper / iko iko
05 B. Bravo / Stay the night Mr. Carmack Remix
06 Willie Hutch / Ain't that (Mellow, Mellow)

***Andy Zakiewicz***

01 Seu Jorge and Almaz / Everybody loves the sunshine
02 Jorge Ben / Taj Mahal
03 Karl Hector + the Malcouns / Mellow (version)
04 Genesis Gospel Singers / Momma mo akoma ntutu
05 Gnonnas Pedro / Yiri yiri boum
06 Jorge Santana / Darling I love you
07 Letta Mbulu / What's wrong with groovin'

***ライヴ:阪本正義 with まじ***
01 地平線(加川良)
02 雲の上、雲の下
03 夕焼け
04 晩秋
05 歩こう、口笛吹いて
06 私の青空

***森山弟***

01 Lauryn Hill / Can't Take My Eyes Off of You
02 D.A.N / Ghana
03 ボノボ / THANK YOU FOR THE MUSIC

***森山兄***

01 荒井由実 / 生まれた街で
02 ジョー長岡 / 波止場
03 民謡クルセイダーズ / 会津磐梯山

<コメント>
♪01 独身時代の4枚だといまの気分はやはり『ミスリム』かな。その冒頭を飾っていた曲。ライヴの様子→(YouTube)

♪02 この日の司会をしてくれたジョーさんの、もうじき出るホワスト・アルバムより。ライヴの様子→(YouTube)

♪03.は福生の現代民謡バンド。エリントン「キャラヴァン」を織り込んだ不良っぽいラテン風アレンジ。ライヴの様子→(YouTube)

***おまけCD『One Plus One』曲目***

01 The Isley Brothers / Brother, Brother
02 Ben L'Oncle Soul / Little Sister
03 Lucky Millinder & His Orchestra with Sister Rosetta Tharpe / Shout, Sister, Shout
04 The Puppini Sisters / Sisters
05 Ben Sidran / Big Brother
06 I am Robot and Proud / Save Your Neck, Save Your Brother
07 Iron & Wine / Godless Brother in Love
08 Paul Simon / He was My Brother
09 ハンバートハンバート / ブラザー軒
10 Ry Cooder / Brothers
11 Agnes Obel / Brother Sparrow
12 Innocence Mission / Brotherhood of Man
13 Stefan Grossman & Ton Van Bergeyk / Sister Kate's Syncopated Dance
14 Guy Van Duser & Billy Novick / I Wish I were Twins
15 Astrud Gilberto / Take it Easy My Brother Charlie
16 Eddie Roberts / Giorgio's Brother (Chillo e Nu Buono Guaglione)
17 カーネーション / ラヴァーズ&シスターズ
18 Walter Hawkins / Sister
19 Curtis Mayfield / Beautiful Brother of Mine
20 Carole King / Brother, Brother

☆今回のイヴェントのテーマである二人組(兄弟、姉妹など)にちなんだ曲を集めました。
by soundofmusic | 2017-07-23 00:49 | PPFNPセットリスト | Comments(0)

リスト Volume 113 2017.04.08 ゲスト:sumi&ヘポタイヤ ライヴ:ビューティフルBeverly

***森山兄***

01 The Dells / Wear it on Our Face
02 The Pale Fountains / Thank You
03 Joan Shelley / Easy Now
04 Meg Baird / Back to You
05 シュガー・ミー / Anyone Else But You(feat. 王舟)
06 山下達郎 / ピンク・シャドウ
07 Greenwood / Sparkle

<コメント>
♪01 シカゴ・ソウルのヴェテラン・グループ。『ゼア・イズ』より・フィンガー5のなんかの曲でこれを下敷きにしてるのがあった気がするんだけどどの曲か調べきれなかった。(YouTube)

♪02 250円だったので買ってみた『パシフィック・ストリート』より。弟が所有していた盤でなんどかは聴いていたはずですが、こんなオーケストレイションの曲があったのは覚えてなかった。(YouTube)

♪03 現代アメリカでもっとも信頼しているSSWのひとり。『オーヴァー・アンド・イーヴン』より。もうすぐ、ウィルコのひとのプロデュースによるアルバムが出るので日本でも多少は注目されるでしょうか。ライヴの様子→(YouTube)

♪04 エスパーズのひと。アメリカ人でここまで英国フォークの神髄に迫っている人はそうそういないでしょう。ペンタングルで歌ってても違和感ない。『ドント・ウェイ・ダウン・ザ・ライト』より・ユーゲニズム。(YouTube)

♪05 現代日本のSSW。ほぼカヴァーなミニ・アルバム『6 Femmes』より。顔は存じ上げませんが歌はかわいい。(YouTube)

♪06 ライヴ盤『イッツ・ア・ポッピン・タイム』より。ブレッド&バターのカヴァー。本人による解説に、オリジナルはレイド・バックしすぎているからしゃきっとさせましたみたいに書いてあって、たしかにビシっと決まってる。別の年のライヴ→(YouTube)

♪07 日系、中華系のひとたちによるハワイのバンド。ヤマタツの曲の英語カヴァーですがアレンジがそのまんまでなんのひねりもないところがミソ。『ロスト・イン・パラダイス』より。(YouTube)

***森山弟***

01 Nathaniel Rateliff & the Night Sweats / I Need Never Get Old
02 Moonstarr / Crazy Jayz
03 Kafka / Baboon Slap
04 マウンテン・モカ・キリマンジャロ / 乱暴
05 The Five Corners Quintet / Hot Rod
06 Nicola Conte / Kind of Sunshine
07 D.A.N. / Ghana

***sumi***

01 Louis Armstrong / When It's Sleepy Time Down South
02 Gerry Mulligan / Night Lights
03 David Bowie / Lady Stardust
04 Grace Jones / La Vie En Rose
05 Grease O.S.T. / Love is a Many Splendored Thing
06 Frankie Valli / Grease (Reprise)
07 De La Soul / A Roller Skating Jam Named "SATURDAYS"
08 The Rascals / Groovin' (From PLATOON O.S.T.)
09 竹内まりや / タイム ストレンジャー ~テコのテーマ~
10 松原みき / 真夜中のドア ~stay with me
11 吉田美奈子 / 恋は流星 PartⅡ
12 かもめ児童合唱団 / 幸せにさよなら
13 荒木一郎 / Midnight Blues

***ライヴ:ビューティフルBeverly***

01 ホワイトナイト
02 準備はできてる
03 MORIS
04 ゆめのつづき
05 オール・ナイト・ロング
06 夕方のコラム

***ヘポタイヤ***

01 Thank You for the Music / bonobos
02 接吻 / ハナレグミ
03 What You Won't Do For Love (Back To Life Mix) / Bobby Caldwell
04 Get Over Yourself (Original Mix) [feat. Meggy]/ Till Von Sein
05 Purple Night / Cézaire
06 Never Stop / The Brand New Heavies
07 あの娘が眠ってる(P.W.M.ver)/ フィッシュマンズ
08 Sky Lady f.Jinmenusagi itto kiki vivi lily /Sweet William
09 Steppin' Out (All Night Mix) [feat. Yaron Goldman & Gerey Johnson] /Hdp
10 愛のスーパー・マジック/ 稲垣潤一
11 今夜はブギーバック/あの大きな心/ 小沢健二
12 Sensitivity /ラルフ・トレスヴァント
13 Somebody Else's Guy/SAK.

***森山弟***

01 サニーデイ・サービス / 東京
02 Wanda Jackson / You Know I'm No Good
03 The Last Shadow Puppets / Aviation
04 オルケスタ・デ・ラ・ルス / 青春の輝き
05 エレファントカシマシ / 桜の花、舞い上がる道を

***森山兄***

01 郷ひろみ / 毎日僕を愛して
02 Joni Mitchell / Why Do Fools Fall in Love
03 Herb Hardesty & His Band / Rumba Rockin' with Coleman
04 Dave 'Baby' Cortez / Hurricane
05 Lina Romay with Xavier Cugat and His Orchestra / Rumba Rumba
06 Quincy Jones and His Orchestra / Hot Sake
07 Bob Rosengarden & Phil Kraus / Johnny One Note
08 公衆道徳 / 地震波
09 井の頭レンジャーズ / 砂の女

<コメント>
♪01 『比呂魅卿の犯罪』より。YMOあたりが全面的にバックアップしているアルバム。この曲は矢野顕子の作。矢野本人もちょっとだけデュエットしてる。(Amazon)

♪02 ジャコパス、メスィーニら豪華メンバーを従えてのライヴ盤『シャドウズ&ライト』より。ハードなドゥワップ。(YouTube)

♪03 ファッツ・ドミノのところでサックス吹いてたひとだそうです。録音したもののオクラになっていたアルバムなどをまとめたCD『ザ・ドミノ・エフェクト』より。(allmusic)

♪04 ジミー・スミスによるオルガン革命以前の奏者としては最大の大物ってことになるのかな、と思ったけどビル・ドゲットもいるか。ベスト盤より。(YouTube)

♪05 MGM映画のラテンっぽい曲を集めた名コンピ『マラカス、マリンバズ&マンボズ』より。(allmusic)

♪06 『アラウンド・ザ・ワールド』より。個人的にはカル・ジェイダーのヴァージョンでなじんでいた曲ですが、クインシーが作曲したものなんですね。(YouTube)

♪07 パーカッション・ラウンジ・コンビ。何枚か出しているようですが詳細なディスコグラフィは存じ上げません。『パーカッション・プレイフル・アンド・プリティ』より。たぶん未CD化。(試聴)

♪08 韓国の宅録ものですが、『スマイリー・スマイル』~『フレンズ』あたりのビーチ・ボーイズだとか、イギリスのTunngだとかに通じる爆発的な才能。(試聴)

♪09 なんでもかんでもオルガン・ロック・ステディのスタイルでカヴァーしまくるバンド。『コンプリート・コレクション 2013-2015』より。オリジナルは鈴木茂。(試聴)

***おまけCD『An Eye for an Eye』曲目***
01 Harold McNair / The Night Has a Thousand Eyes
02 Willie Colon & Ruben Blades / Ojos
03 Eric Delaney & His Band / Cockeyed Optimist/Wonderful Guy/I'm Gonna Wash That Man Right Outa My Hair
04 France Gall / Les Yeux Bleus
05 テイ・トウワ / Private Eyes
06 Azure Ray / Rest Your Eyes
07 The Velvet Underground / Pale Blue Eyes
08 Larry Jon Wilson / Goodbye Eyes
09 The Milk Carton Kids / Snake Eyes
10 Carolina Chocolate Drops / Black Eye Blues
11 Uncle Tupelo / Black Eye
12 Mose Allison / Eyesight to the Blind
13 Nick Lowe / Ragin' Eyes
14 忌野清志郎 / 僕の目は猫の目
15 Wynonie Harris / Bloodshot Eyes
16 ザ・コレクターズ / My Mind's Eye
17 Tamas Wells / Her Eyes were Only Scars
18 Travis / My Eyes
19 Grateful Dead / Brown-Eyed Woman
20 Lauryn Hill / Can't Take My Eyes Off of You
21 The Templeton Twins / Can't Take My Eyes Off of You
22 荒井由実 / 瞳を閉じて

☆森山兄が網膜剥離になったのを記念して、お目々にちなんだ曲を集めました。
by soundofmusic | 2017-04-19 17:49 | PPFNPセットリスト | Comments(0)